ゴースト血管とは何か?簡単な解説と改善に期待できる食べ物も紹介

ゴースト血管とは「体中に張り巡らされている毛細血管がゴースト化すること」、わかりやすい言葉で説明すると「今まであった毛細血管が何らかの原因で幽霊のようにいきなり消えてしまう症状」です。

 

このゴースト血管は、シミやしわ、冷え性などの原因になるだけでなく、免疫力の低下や命に関わる病気に繋がると言われています。

 

今回は、ゴースト血管とは何なのか?を詳しく紹介し、なってしまう原因や予防方法の紹介をご紹介します。

 

 


 

ゴースト血管とは何か?

参照元URL https://www.photo-ac.com/

 

ゴースト血管とは「毛細血管のゴースト化という症状」を名称しています。

 

毛細血管が消えるという症状に名前をつけたものです。

 

ゴースト血管は毛細血管のお話になるので、まずは毛細血管が私達の体内でどうゆう働きをしているのかご説明していきます。

 

体の隅々にまで張り巡らされている毛細血管は、人間の体内に100億本以上あるとされています。

 

毛細血管は動脈と静脈の間に張り巡らされており、その役割は体内の細胞に栄養や酸素を届ける・使わなくなった二酸化炭素や老廃物を回収し体外に排出するといった働きをします。

 

栄養や酸素が周囲の細胞に届き生命活動が維持されるので、私達の命を守ってくれている大切な組織です。

 

しかし、毛細血管から何らかの原因で栄養や酸素が必要以上に漏れてしまうことがあります。

 

このような漏れをそのままにしていると毛細血管の先まで血液が行かなくなって、やがては毛細血管が消えてしまうのです。

 

この現象を「ゴースト血管」といい、テレビや雑誌などで取り上げられ話題となっています。

 

Sponsored Link

 


 

ゴースト血管の原因とは?

 

このように毛細血管に血液が流れなくなり消えてしまうのにはいくつかの原因があります。

 

一つは「加齢」、血管自体が老化し血液が漏れやすくなってしまうのです。

 

40歳を超えると、毛細血管が徐々に減り始めるとされているので注意が必要です。

 

もう一つは私達の生活習慣「睡眠不足・ストレス・乱れた食生活」などの不摂生により毛細血管が弱くなってしまいやがて消えてしまうのです。

 

加齢と生活習慣の乱れがゴースト血管を引き起こしますが、一番怖いのはこの2つが同時に原因となり毛細血管のゴースト化を加速させることです。

 

年を取ることは仕方がないことですが、睡眠や食生活には一層気をつけなければならないのです。

 

Sponsored Link

 


 

ゴースト血管が進行するとどうなるか?

 

毛細血管のゴースト化が進むと、その先にある細胞に栄養や酸素が届きません。

 

その結果、細胞も弱ることでシミやしわなどの症状や、血液の循環(血流)が滞ることから冷え性・心臓にも負荷をかけ高血圧を助長します。

 

これにより、動脈硬化や心筋梗塞・脳卒中などの命に係わるリスクも高まってきます。

 

同時に白血球も行きわたらなくなることで免疫力の低下の恐れもあり、風邪をひきやすくなったりもします。

 

ゴースト血管自体が命に影響を与えることはすぐにはありませんが、様々な病気の要因となるので決して油断してはいけないものです。

 

Sponsored Link

 


 

ゴースト血管を予防するには?

 

ゴースト血管を防ぐポイントは2つあります。

 

1つは「血流をアップさせる」ことです。

 

血流が強くなると、血液の細胞自体も活性化し、毛細血管の先まで血液が流れます。

 

こうなると、毛細血管が少しづつですが増えてくるのです。

 

生活習慣の見直しと、適度な運動を行うことで、自分自身の努力で毛細血管を増やすことができます。

 

特に血流アップのための運動については難しいものではないので、少しずつでも毎日実践することをおすすめします。

 

特に効果的と言われているのが「スキップ」です。

 

ふくらはぎは第2の心臓と言われるよう、この筋肉を活発に動かすとポンプのように簡単に全身の血流を上げることができます。

 

朝晩にスキップを30回程度行うだけでも、ゴースト血管には効果があるのです。

 

2つ目は「血管を強くする」ことです。

 

毛細血管から栄養や酸素が過剰に漏れださないような、丈夫な血管を作ることが大切です。

 

毛細血管に密着している細胞が剥がれてくると血管は不安定な状態となり、栄養などが漏れ出てくることとなります。

 

このことから、毛細血管と細胞を剥がれにくくすることがポイントなのです。

 

その密着を助ける接着剤のような働きをするのが、Tie2(タイツー)と言われる分子です。

 

このTie2(タイツー)を活性化させることができる食材があることを、みなさんはご存じでしょうか?

 

Tie2(タイツー)を活性化させる効果がものとして、ルイボスやシナモンなどが良く知られています。

 

ただし、注意として毎日摂ることは身体がなれてしまうので良くないとされています。

 

週に2回~3回を目安にこれらを摂ることが適切とされています。

 

ふくらはぎを刺激するスキップ運動やTie2(タイツー)を活性化させる食材を上手に摂ることで、健康な毛細血管を作ってみませんか?

 

 

 

シナモンバーク

香りづけに使われる香辛料として有名なシナモンは、Tie2(タイツー)を活性化させる食材です。

 

そんなシナモンをタブレットにして、いつでも手軽に取りやすくしたものです。

 

シナモンは、身体の糖の流れや利用に関わるホルモンをサポートする働きもあるので、毛細血管の健康とダイエットにも期待が出来るものです。

 

1日1~4粒が目安なので、これなら誰もが無理なく取れるはず。

 

日々の健康習慣を考えている人にはおすすめのシナモンタブレットです。

 

 

ルイボスティー

ルイボスは南アフリカの一部の地域にのみ自生する植物で、「奇跡のお茶」として有名です。

 

Tie2(タイツー)の活性化にも優れていると話題の植物でもあります。

 

ルイボスティーは日本でも良く知られており、抗酸化作用の効果があるとされていますが、毛細血管の健康にも効果が期待できます。

 

お茶として飲むので、誰でも抵抗なく続けることができるはずです。

 

ミルクやハチミツとの相性もいいので、気軽に始められるのが嬉しいことです。

 

 

植物由来原料配合サプリ「めぐり」漢方 ヒハツ配合

Tie2(タイツー)の活性化に非常に高い効果を持つと言われているのが「ヒハツ」です。

 

馴染みのない植物ですが、昔からインドや中国で冷え性の改善薬として使われてきた香辛料です。

 

血行促進効果のあるヒハツはを配合した漢方は、毛細血管の健康だけでなく全身の血のめぐりを良くします。

 

はじめに挙げたシナモン(桂皮)も配合されており、毛細血管のゴースト化を予防するには、頼もしい漢方です。

 

普段から漢方を利用している人には、ぜひ加えていただきたいおすすめのものです。

 


 

加齢と生活習慣の乱れから起こるゴースト血管は、さまざまな症状に起因するものです。

 

誰もがゴースト血管になる可能性があるので、気になる人はなるべく早めに対策をしたいものです。

 

適度な運動で血流をアップしTie2(タイツー)の活性化が期待できる食材を摂ることで健康的な生活を維持していきましょう。

 

以上がシェアインフォメーションが紹介する「ゴースト血管とは何か?簡単な解説と改善に期待できる食べ物も紹介」でした。

Sponsored Link

関連記事

エアコンの掃除で業者に依頼する際のクリーニングポイント!

段々暖かくなってきましたね!   夏になるまでに、エアコンの掃除は済んでいます

記事を読む

あさりとしじみなら肝臓に良いのはどっち?栄養効果の違い

しじみとあさりは同じ貝類ですが、栄養成分にも違いがあります。    

記事を読む

二日酔いを治す飲み物!コンビニなどで即効性のあるおすすめ飲料

誰もが経験した事がある「二日酔い」     典型的な症状は「吐

記事を読む

追いかけられる夢を見る心理や意味!あなたはどれに追われていた?

夢の中はファンタジーなので、懐かしい友人が登場したり、見知らぬ光景が広がっていたりと、思いもよらない

記事を読む

頬の毛穴の黒ずみの取り方!男の根本的な解決策で改善

頬の毛穴の黒ずみに困っている・・・男性の方にも多い悩み事ではないでしょうか?  

記事を読む

尿が泡立つ主な原因!なかなか泡が消えない場合で考えられる病気は?

人間は、一日に平均して6~7回近くトイレに行くと言われています。   &nbs

記事を読む

髭剃り後のケアは入念に!肌を回復させるおすすめクリーム

外の空気も乾燥してくると、肌もカサカサしてきて毎日のスキンケアが大切になってきます。 &nbs

記事を読む

奥二重と二重の違いを芸能人で分かりやすく解説!

二重と奥二重って何が違うのか?きちんと知っていますか?    

記事を読む

耳鳴りの原因は耳以外でどこが異常?聞こえる音による違いは?

キーン!と響く耳鳴り。     自然と収まるものとはいえ気持ち

記事を読む

クロスバイクとロードバイクはどっちがいい?初心者が知りたい違い!

最近では休日に颯爽と道路を走るスポーツタイプの自転車を見かける事が珍しくなくなりましたね。 &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑