カッパの臭いの消し方!根本的に解決する洗濯方法

梅雨の時期に、カッパを着ようとしたら嫌な臭いがした経験は誰もがあるはず。

 

あの雑巾の生乾きのような嫌な臭い・・・なんとかしたいですよね。

 

これからの梅雨の季節、カッパを着る機会が増えるのでのお手入れ方法を学んで嫌な臭いとお別れしましょう。

 

今回は、カッパの嫌な臭いの原因と、臭いの消し方をご紹介します。

 

Sponsored Link

 


 

カッパの嫌な臭いの原因

参照元:https://www.photo-ac.com/

 

カッパの嫌な臭いの原因は、ズバリ言ってしまうと繊維に染みついた細菌やカビが原因です。

 

カッパを着ていると、意外と蒸れたり汗をかいたり、襟元や袖口など肌が直接触れるところには垢が付きます。

 

これを、雨に濡れたままにして十分に乾かさずにしまうと、高温多湿の条件下で細菌やカビはどんどん増殖していきます。

 

また雨にも空気中のチリや埃を含んでいるので、思っている以上に汚れているのです。

 

これらがあの嫌な臭いの原因であり、私達を困らせています。

 

また、カッパは頻繁に洗濯したりお手入れをするものでもないので、一度臭いが染みついてしまうと簡単に取れるものではありません。

 

Sponsored Link

 


 

カッパの臭いの消し方

 

カッパの臭いは、繊維に染みついた細菌やカビとお伝えしましたが、要はこの細菌やカビを根本から落とさなくては臭いは消えません。

 

ファブリーズなどの消臭スプレーを使っても臭いは消えますが、一時しのぎにしかすぎないので根本的に解決するには洗濯するしかありません。

 

そこで、臭いを消すための方法をご紹介します。

 

 

「翌日には洗濯機で洗う」

参照元:https://www.photo-ac.com/

 

カッパを洗うと素材を傷めてしまうのでやってはいけないと思っている人もいるはず。

 

洗濯することで素材が痛むことよりも、洗濯をせずに汚れたままにしておくといつまでたっても嫌な臭いを消す事ができません。

 

カッパを使用した翌日には洗濯するようにし、嫌な臭いを染みつかせないようにしましょう。

 

だいたいのカッパが「洗濯機マーク」か「手洗いマーク」が表示されていて洗濯ができるのですが、一応洗濯する前に取扱の絵表示を確認して洗えるものかどうかをチェックしてください。

 

洗剤でおすすめは、おしゃれ着用洗剤と呼ばれる中性タイプのものを使ったほうが安全です。

 

一般の洗濯洗剤は弱アルカリ性で、洗浄力は高いのですが衣類へのダメージも与えてしまいます。

 

カッパのような撥水素材が施されたものには、ダメージの少ない中性タイプのおしゃれ着用洗剤を使うのがベターです。

 

なお、高級なレインコート(ゴアテックスなどの防水透湿素材)などには専用の洗剤がありますので、そちらで洗濯するのがより効果的です。

 

カッパのファスナーはしっかりと締め、ポケットのボタンなども必ずはめたうえで、洗濯用ネットに入れて洗います。

 

洗濯機のコースは、「手洗いコース」や「ドライコース」など優しく洗い上げるコースを選択してください。

 

脱水はしわの原因にもなるので、なるべく短い時間か、脱水自体行わず手絞りで終わりにしてしまうのがポイントです。

 

Sponsored Link

 

 

「臭いが強い時は、つけおき洗いを!」

だいたいのカッパ臭いは洗濯で落とすことが可能ですが、それでも臭いを落とすことが出来ない強烈なものもあります。

 

そんな時は、つけおき洗いがおすすめでなかなか落ちない臭いにも効果的です。

 

かっぱのつけおき洗いの方法をご紹介します。

 

用意する物は「つけおきする洗面器・酸素系の漂白剤・大きめのタオル」を用意します。

 

注意点として、効果が高いからと白物ようの塩素系漂白剤は絶対に使ってはいけないので、どの種類の漂白剤かはラベルを確認してください。

 

洗面器に40度前後のお湯を入れ、酸素系漂白剤をよく溶かし、そこにカッパをつけ放置します。

 

つけおき時間の目安は長くても1時間までとし、それ以上長くはならないように気をつけてください。

 

漂白が終わったらよくすすぎ、タオルでかっぱを包み上からぎゅっと押して脱水し水気を拭き取り、形を整えて干してください。(カッパの素材は紫外線に弱いので、陰干しがおすすめです)

 

漂白剤を使うと細菌やカビも落ち嫌な臭いも取れます。少し面倒ですが、臭いがきつい時に効果的なつけおき洗いの方法をぜひ試してみてください。

 

Sponsored Link

 

 

「洗濯後のケアの仕方」

洗濯機からカッパを出したら、乾いたタオルなどで水気を拭き取ります。

 

その後は形を整えて干すですが、陰干しで干すのもポイントです。

 

カッパで多く使われるナイロンやポリウレタンなどの素材は、紫外線には意外と弱いのです。

 

乾いたら、その後はあて布をしながらアイロンをかけると撥水力が復活します。

 

さらに撥水スプレーを全体に満遍なく吹きつけると、さらに撥水力が高まります。

 

 

「乾燥後のもうひと手間(撥水力の回復のために)」

臭いも取れ、かっぱも綺麗になったところで、最後のひと手間です。

 

洗濯機やつけおき洗いを行うと、徐々に水を弾く撥水力は落ちてきます。

 

最後にもうひと手間をかけて、撥水力を回復させる方法をご紹介します。

 

洗濯後にカッパをしっかりと乾かした後に、アイロンをかけると驚くことに撥水力が戻るのです。

 

必ずあて布をしながら低温~中温でかけるのがポイント。

 

最後に撥水スプレーをかけると、新品と同じように水が弾くようになります。

 

Sponsored Link


 

カッパはなかなかお手入れをしないもの。

 

しかし、面倒ですが定期的に洗濯をしないと消せる臭いも消せないようになってしまいます。

 

正しくお手入れをすることで、カッパを清潔に保ちあの嫌な臭いからもお別れすることができるのです。

 

使用した直後、もしくは翌日にはカッパを洗うようにし、清潔なカッパを維持していきましょう。

 

以上がシェアインフォメーションが紹介する「 カッパ(レインコート)が臭い!原因やおすすめの消し方」でした。

 

Sponsored Link

関連記事

おじいちゃんに贈る帽子のブランドや形で人気は?

おじいちゃんの誕生日、敬老の日、古希祝いなど、おじいちゃんの祝い事で「帽子」のプレゼントは定番であり

記事を読む

お腹が隠れる水着で体型カバー!可愛いデザインのタンキニ特集

夏の海やプールは、可愛い水着で楽しみたいもの。     ただ、

記事を読む

顔専用の日焼け止めランキング2018!顔だけは絶対守りたいあなたへ!

これからやってくる夏。気温も上がり、肌の露出も増えてきます。    

記事を読む

結婚式のネクタイは赤が人気!おすすめブランドの赤ネクタイを紹介

友人や親族あるいは会社の同僚の結婚式に招待された時に、服装の事が頭をよぎります。  

記事を読む

香水で女子ウケがいいのは?女性が振り向くモテる香り

男性からさりげなくふわっと漂うフレグランスの香り。     そ

記事を読む

ビスチェの着こなし!夏コーデ特集2017!

昨年に続き、今年も流行中の『ビスチェ』。   しかし、人によってはワンパターン

記事を読む

クラッチバックのブランドで20代レディースに人気は?

クラッチバッグというと披露宴などのフォーマルな場面で良く見かけるイメージですが、カジュアルファッショ

記事を読む

サマーニット帽でメンズのおすすめ・人気2017!

夏時期に街中でニット帽をかぶっている人を見かけては、この暑いのに・・・なんて思ったことはありませんか

記事を読む

登山の帽子の中でも、おすすめメンズキャップは?登山キャップ特集

現在では若年層にもブームが訪れている登山は、今や老若男女愛される、アウトドアスポーツとなっています。

記事を読む

パートの面接ってどんな服装がベスト?他に注意する事は?

面接といえばスーツ、というイメージはいまだに根強く残っているもの。   &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑