自転車の飲酒運転で罰則・罰金!車の免許への影響は?

お酒を飲んで車を運転する人はさすがにいなくなりましたが、自転車を運転する人はまだまだ見かけます。

 

 

自転車での飲酒運転の意識の低さから運転して帰宅してしまいがちですが、お酒を飲んで自転車を運転すると、警察に捕まってしまうのをみなさんはご存知でしょうか?

 

 

まず、自転車は軽車両なので道路交通法が適用され、道路交通法第65条を根拠に禁止されています。

 

 

自転車の飲酒運転は、明確な交通違反となりますので、やってはいけない行為なのです。

 

 

それでは実際、自転車で飲酒運転を検挙されてしまった場合に、どのような取締りを受けるのでしょうか?

 

Sponsored Link

 

 

結論から言うと、酒気帯び運転では警察に検挙されることはありません。

 

 

しかし、酒酔い運転では警察の検挙対象」になります。

 

 

酒気帯び運転と酒酔い運転は、同じ飲酒運転でも何が違うのか説明していきます。

 

 

「酒気帯び運転」

吐く息に含まれるアルコール濃度が0.15mg以上の状態で、車両等を運転する行為を指します。

 

 

 

「酒酔い運転」

アルコール濃度に関わらず、フラフラとまっすぐ歩くことができないような酩酊状態、つまり正常な運転ができない状態です。

 

 

かといって、酒気帯び運転は検挙されないから良いという話しではなく、道路交通法違反であることには間違いないので、警察からは厳重注意をされるだけですが、万が一その状態で人身事故を起こして相手に怪我をさせてしまった場合は罪が重くなります。

 

 

今回は、お酒を飲んで自転車を運転して警察に捕まるとどのような罰則・罰金はいくらになるのかについてご紹介します。

 

Sponsored Link

 


 

【自転車の飲酒運転(酒酔い運転)で捕まった時の罰則・罰金は?】

参照元:https://www.photo-ac.com/

 

自転車は免許がないため、車のように点数や反則金などの反則制度はありません。

 

 

そのため、酒酔い運転で検挙されるとより重い刑事罰の対象となります。

 

 

罰則として、懲役なら5年以下・罰金なら100万円以下という処分となります。

 

 

もう一点の懸念事項として、悪質な違反行為として赤切符が公布される可能性が高いということです。

 

 

赤切符が公布されると警察や検察から被疑者という立場で取り調べを受けることとなります。

 

 

この取締りの後に、起訴か不起訴の判断をくだされます。

 

 

万が一起訴となると、交通裁判所で被告人として略式裁判を受けることとなり、罰金刑や懲役といった判決を下され「前科」が付きます。

 

 

仮に起訴猶予となっても、前歴は付いてしまいます。

 

 

前科が付くと、勤務先の懲罰対象や海外渡航、就職への影響もありますので、これは重く受け取らなければなりません。

 

 

また、2015年の改正道路交通法改正により、飲酒運転を含む14項目の違反で3年以内に2回危険な行為として検挙されると、運転講習を受けることが義務付けられました。

 

 

酒気帯び運転も、警察で危険行為とされ警告を受ける事がありますので注意してください。

 

Sponsored Link

 


 

【自動車免許への影響は?】

 

結論を先に言うと、自転車の罰則と制度が違うので、車の運転免許に点数が加算されることはありません。

 

 

先ほども触れたように、車の反則制度(点数や反則金)に、自転車は免許がないので含まれていないということです。

 

 

ただし、愛知県では2015年より自転車の酒酔い運転に最高180日間の免停処分とすることを決定しました。

 

 

また、重大な過失や悪質なものについては、点数制度とは別に公安委員会の判断で免停になる可能性があることを指摘する識者もいます。

 

 

飲酒運転の厳罰化が叫ばれる中、各都道府県の関係機関で、このような動きが進むことも想定されるので今後も注意は必要です。

 

Sponsored Link

 


 

【自転車事故の危険性も忘れずに】

 

一番大事なのは自転車の飲酒運転でも、人の命を奪うことがあるという事です。

 

 

自転車の飲酒運転は立派な狂気にもなることを肝に銘じてください。

 

 

自転車の飲酒運転で悪質なものは、より重い判決も下されます。

 

 

刑事罰としては、重過失致死傷罪となる可能性が高く、5年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金、これに加え、民事責任として被害者への賠償責任も発生しますので、あなたや家族の暮らしが一変してしまいます。

 

Sponsored Link


 

つい飲酒後に自転車を運転してしまうこともありますが、これは立派な道路交通法違反です。

 

 

万が一検挙されると、自転車はより重い刑事罰の対象となり、前科がつくこととなります。

 

 

そして、もっとも大切なこととして、人の命を奪うこともあることは忘れないでください。

 

 

「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな!」これは乗り物全部に言える事ですので、全ての乗り物への意識を高めていきましょう。

 

 

以上、シェア-インフォメーションよ「自転車の飲酒運転で罰則・罰金!車の免許への影響は?」でした。

 

Sponsored Link

関連記事

天王寺で安い駐車場をマップで紹介!

「あべのハルカス・Qs MALL」ができ、天王寺もより一層発展してきたので人が増えましたね。

記事を読む

東京ドーム周辺の予約駐車場で安い(1日2000円以下)のスポット

東京ドームと言えば、プロ野球ですが、今ではアイドルや歌手のコンサート、その他、様々なイベントが開催さ

記事を読む

日本武道館周辺の予約駐車場で安い(1日2000円以下)のスポット

これから年末年始に向けて、東京ではたくさんのイベントが開催されます。   &n

記事を読む

フロントガラスの霜取り・霜除けに便利なアイテム

「車のフロントガラスに霜が降りていてなかなか発進出来ない」、冬場の車あるあるですよね。 &nb

記事を読む

車のエアコンの臭い、どうしたら消える?徹底掃除でクリーンな空調に

夏の季節は、車の窓を全開にして走るドライブが最高ですが、だんだん暑さが厳しくなっていくと窓から熱風が

記事を読む

渋谷で安い駐車場を厳選!30分250~300円で立地のいい場所

渋谷は、新宿・池袋に次ぐ三大副都心の一つで、若者の街として常に人でいっぱいですよね。 &nbs

記事を読む

ユピテルのドライブレコーダーでおすすめの売れ筋機種2018

万が一運転中に事故を起こしてしまった時に、あなたにとって頼もしい味方になってくれるものが「ドライブレ

記事を読む

京セラドーム周辺の駐車場!安いし予約もできる穴場スポット

京セラドーム大阪は、1997年に開場したプロ野球オリックスバッファローズの本拠地。  

記事を読む

傘差し運転の罰金や罰則!検挙されると面倒な事が待っている

傘を差しながら片手で運転する行為を「傘差し運転」と言い、2015年から本格的に全都道府県で禁止されて

記事を読む

usj近くで安い駐車場!混雑を避けられる駐車台数が多いスポット

春夏秋冬の長期休みになると、USJの混雑は必須です。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑