大阪の梅雨入り/明けは毎年いつ頃?2018年は?

6月に入ると、しばらく雨の日が続く嫌~な「梅雨」の季節がやってきます。

 

 

全国で梅雨入り明けの時期は異なりますが、梅雨入り/明けはいつ頃なのか?っと気になる人に、毎年の傾向を踏まえ2018年はいつ頃になるかをご紹介していきます。

 

 

梅雨入りはだいたいいつ頃なのかわかれば、傘やレインスーツなど梅雨の備えもしっかりとできるので参考にしてみてください。

 

 

Sponsored Link

 


 

大阪で毎年梅雨入りする時期は?

参照元:https://www.photo-ac.com/

 

気象庁には、1951年(昭和26年)からの梅雨入りのデータがストックされています。

 

 

2010年までの過去30年間のデータをもとに気象庁は、大阪エリア(近畿圏)の梅雨入りは平年で6月7日頃としています。

 

 

ただし、梅雨入りのバラツキも大きく、もっとも早い年で5月22日頃、もっとも遅い年で6月25日頃と一か月以上の差も見られます。

 

 

なかには、梅雨入りにいつ入ったのか、はっきりと特定していない年もあるのです。

 

 

ちなみに、昨年(2017年)は6月20日頃と非常に梅雨入りの遅い年でした。

 

 

一方で大阪が梅雨明けをするのはいつ頃とされているのかといいますと、同じように気象庁のデータを調べると、大阪エリア(近畿圏)の梅雨明けは平年で7月21日頃としています。

 

 

同じように大阪の梅雨明けもバラツキも大きく、最も早い梅雨明けは7月3日頃、最も遅い梅雨明けは8月3日頃と一か月の差があるのです。

 

 

昨年(2017年)の梅雨明けは7月13日頃と平均よりも早い梅雨明けとなりました。

 

 

梅雨入りと梅雨明けの平均からすると、梅雨の期間は約45日間程と考えますが、昨年(2017年)は24日間と非常に短い梅雨となりました。

 

Sponsored Link

 


 

2018年に大阪が梅雨入り/梅雨明けする時期は?

参照元URL https://pixabay.com/

 

それでは、大阪が2018年の梅雨入り・梅雨明けはいつ頃となるのでしょうか?

 

 

2018年の梅雨入りは平年並みの6月7日前後、梅雨明けは7月15日~7月21日頃を予想できます。

 

 

そもそも梅雨とは、春から夏に季節が移行する過程で、雨が多くなり日照が少なくなる季節現象です。

 

 

夏の高気圧が旺盛になると、高気圧の北の縁にある梅雨前線が北上し、日本列島に雨を降らします。

 

 

そのままの勢いで夏の高気圧が日本列島を覆ってしまうと、梅雨明けとなり季節は夏となるのです。

 

 

一方で夏の高気圧に元気がなかったり、春の高気圧が強かったりすると、梅雨前線はなかなか北上が出来ずに梅雨入りとなりません。

 

 

つまり、春と夏の高気圧の押し合いが梅雨の期間を決めるわけです。

 

 

Sponsored Link

 

 

気象庁では、暖候期予報という大阪の夏(6月~8月)の長期の予報を出しています。

 

 

2018年2月23日の暖候期予報では、次のコメントと予想確率が発表されました。

 

 

・6月~7月は平年と同様に曇りや雨の日が多い。

 

・その後は平年に比べて晴れの日が多い

 

・夏の期間の気温は高いが50%の確率

 

・夏の期間の降水量は少ないが40%の確率

 

・梅雨の時期の降水量は平年並みが40%の確率

 

 

これらから予想すると、大阪の梅雨入りは平年並みとなるが、その後太平洋高気圧の勢力が活発になり、夏が平年よりも少し早めに訪れることが考えられます。

 

 

これらから、2018年の梅雨入りは6月7日前後、梅雨明けは7月15日~7月21日頃と予想しました。

 

 

今年の梅雨入りは早くなるのかどうか、今後の行方に注目です。

 

Sponsored Link

 


 

梅雨時期に重宝できるおすすめアイテム

 

うっとしい梅雨の時期を快適に過ごすために、重宝できるおすすめのアイテムもいくつかご紹介していきます。

 

 

レインシューズ スリッポン(防水タイプ)

雨の日でもカジュアルにお洒落をしたいと考えている人にぴったりのレディース用スニーカーです。

 

こちらのスリッポンは防水設計となっており、雨の日でも普段通りの感覚で履いて街に遊びに出ていけるようになっています。

 

スリッポンの特徴である「履きやすさ・脱ぎやすさ」はこれまで通りに簡単に行うことができながら、地面との接地面から3㎝の防水設計なので、雨の日に嫌~な靴の中のびしょ濡れを防げます。

 

そして、合成皮革のため雨の日の使用後のお手入れが簡単にできるのも嬉しいところ。

 

デザインがシンプルなのでどんなパンツにも合わせやすく、ブラック・ホワイト・ネイビー・グレーの4色用意されています。

 

雨の日のお出かけが楽しくなる、そんなカジュアルシューズをぜひチェックしてみてください。

 

 

 

濡れない傘 CARRY saKASA(キャリーサカサ)

雨の日は、傘の始末に困っている人も多いのではないでしょうか。

 

他人に傘が触れて濡らしてしまうのは申し訳ないし、かといって自分が濡れてしまっても困ります。

 

そんな時に重宝するのが、こちらの濡れない傘です。

 

新しい発想で、傘の閉じ方が濡れた面を内側に折りたたむような構造になっています。

 

濡れた面が自分や他人に触れることがないので、電車の中でも街歩きでも濡れることがありません。

 

また、折りたたんだ状態で傘自体が自立するので、傘の置き場に困ることもありません。

 

カラーは12色ある華やかさと、見た目のインパクトから、注目されることが間違いない新発想の傘をおすすめします。

 

 

 

モッズ レインコート レディース(モッズスタイル)

レインスーツもお洒落なものを着たいと考えている方に、お洒落なモッズスタイルが可愛いレインコートをご紹介します。

 

雨の日のお出かけが楽しくなるような、人気のメンズライクなモッズスタイルのレインコートは、実用性はもちろん普段着感覚で着られる手軽さです。

 

大きさはフリーサイズですが、参考としては9号~11号にマッチします。

 

ウエストと袖にはドローコードが入っており、調節することでウエストを絞りスリムなシルエットにしたり、袖を絞りバルーンシルエットにできたりとカジュアルなお洒落を楽しめます。

 

色は「オリーブグリーン」と「ネイビー」の2色で、あなたのスタイルに合わせてコーディネートして、梅雨でもお洒落を楽しみましょう!

 

Sponsored Link


 

大阪の梅雨は、平年だと梅雨入りが6月7日頃、梅雨明けが7月21日頃となっています。

 

 

ただ、長期の予報によると大阪の夏は暑くなるとの予想から、少し早めに梅雨が明け夏が来るかもしれません。

 

 

梅雨は雨が降り続きうっとしい季節となりますが、早めに備えて今年は快適に過ごしましょう。

 

 

以上がシェアインフォメーションが紹介する「大阪の梅雨入り/明けは毎年いつ頃?2018年は?」でした。

Sponsored Link

関連記事

飛行機にお菓子の持ち込みはOK?国内線と国際線のケース

飛行機って機内に持ち込める物に規制が多すぎて、少し窮屈なイメージがありますよね。  

記事を読む

難波の高島屋で駐車場代をケチれるお得情報!マルイ・パークス版も紹介

難波の南海難波付近には「高島屋・なんばマルイ・なんばCITY・なんばパークス」など買い物にピッタリの

記事を読む

usj近くで安い駐車場!混雑を避けられる駐車台数が多いスポット

春夏秋冬の長期休みになると、USJの混雑は必須です。    

記事を読む

京セラドーム周辺の駐車場!安いし予約もできる穴場スポット

京セラドーム大阪は、1997年に開場したプロ野球オリックスバッファローズの本拠地。  

記事を読む

交通違反による反則金や罰金の支払い方法は?払わないとどうなる?

車の運転は交通ルールを守って安全運転というのが一般常識です。    

記事を読む

自転車の飲酒運転で罰則・罰金!車の免許への影響は?

お酒を飲んで車を運転する人はさすがにいなくなりましたが、自転車を運転する人はまだまだ見かけます。

記事を読む

当て逃げしたかも・・!罪の重さは?自首すれば減刑される?

物損事故を起こしてその場から立ち去る・・・『当て逃げ』 人身事故を起こしてその場から立ち去る・

記事を読む

東京ドーム周辺の予約駐車場で安い(1日2000円以下)のスポット

東京ドームと言えば、プロ野球ですが、今ではアイドルや歌手のコンサート、その他、様々なイベントが開催さ

記事を読む

傘差し運転の罰金や罰則!検挙されると面倒な事が待っている

傘を差しながら片手で運転する行為を「傘差し運転」と言い、2015年から本格的に全都道府県で禁止されて

記事を読む

ドライブレコーダーでスマホ連動(対応)が可能な売れ筋機種5選

ドライブレコーダーは、「事故やトラブルの証拠を残す」ということが大事な目的だったのですが、今はその使

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑