内臓脂肪の落とし方!適度な運動・食事の改善・サプリ摂取で即解決

健康にも見た目にも、ちょっと痩せなければ・・・っと、ダイエットを始めようと考えている方も多いのではないでしょうか?

 

 

特にお腹まわりが気になる方がシェイプアップで最初に意識しなくてはならないのは「内臓脂肪を落とすこと」です。

 

 

内臓脂肪は食べ過ぎなどで簡単に付きやすい反面、食生活の改善や適度な運動で比較的落としやすい脂肪です。

 

 

まずは、内臓脂肪をターゲットにダイエットを始めるのが、効率のいいやり方です。

 

 

今回は、ダイエットの効率を高める内臓脂肪の落とし方を紹介します。

 

 


 

【内臓脂肪の特長)

参照元:https://www.photo-ac.com/

内臓脂肪とは、名前の通り「内臓まわりに付く脂肪」です。

 

 

内臓脂肪が付くとお腹がポッコリと出て、中年太りと言われる見た目だらしない体形になります。

 

 

若かった頃はスリムだったけど、お腹が出てきたようでしたら内臓脂肪が付いてきたことが疑われます。

 

 

内臓脂肪の怖いところは、生活習慣病と密接な関係があるからです。

 

 

内臓脂肪が過剰に蓄積されると、この脂肪から生活習慣病を進行させる原因物質の分泌が増加されます。

 

 

自覚症状がないにも関わらず、ある日突然、狭心症や心筋梗塞、脳卒中など、命に関わる恐ろしい疾患を引き起こす可能性も秘めています。

 

Sponsored Link

 


 

【あなたの内臓脂肪の判定方法】

参照元:https://www.photo-ac.com/

あなたのお腹に内臓脂肪が蓄えられているかどうか?気になる方は簡単に調べられますので是非試してみてください。

 

 

まず、メジャーを用意してお腹まわりを計測してください。

 

 

自然な体勢で測ってみて、男性は85㎝以上・女性は90㎝以上の方は、内臓脂肪型肥満と判定され注意が必要です。

 

 

これに高血糖・高血圧・脂質、以上のうちの1つでもあてはまるとメタボ予備軍。

 

 

2つ以上があてはまると、メタボリックシンドロームに該当すると診断されますので、明日からでも内臓脂肪対策に取り掛かってください!

 

Sponsored Link

 


 

【内臓脂肪の落とし方】

 

昔は魚や野菜などが中心に食生活を送っていた日本人が、肉類やファストフードといった欧米人が好むようなものを食べるようになりました。

 

 

また、社会が便利になることで、現代人は運動不足から基礎代謝力が落ちてしまい、摂取したエネルギーを消費できていない状態です。

 

 

この生活しやすい環境こそが「内臓脂肪蓄積」を後押ししている要因です。

 

 

こういった状況を打破する為には、自身で食生活を見直し、毎日コツコツと運動を行い基礎代謝をアップすることで、本当に内臓脂肪を落とすことができます。

 

 

まず、運動というのはウォーキング・ジョギングといった有酸素運動が効果的で、逆にダッシュや筋トレといった激しい系の無酸素運動は内臓脂肪を落とす方法としては効果的ではありません。

 

 

毎日30分~1時間程度の軽く汗を流すゆったりとした運動をしてください!

 

 

そして、食生活の見直しとは何をすればいいのか?どんな食生活をおくればいいのか?食生活をサポートする漢方やサプリについてもご紹介しますので参考にしてください。

 

 

 

【内臓脂肪を落とす食生活の改善とは?】

 

内臓脂肪を落とすためには「バランスのよい食事」を取ることが重要です。

 

 

1日3食、適度な量の食事を取り、食べ過ぎはいけません。(腹八分が理想)

 

 

そして、炭水化物や脂質の取り過ぎには注意!!!

 

 

ごはんをいつもよりちょっと少なめにしたり、揚げ物を控えたり、肉の脂身を食べないようにしたりと意識しながら食事をする事。

 

 

また、植物性タンパク質を取るようにして、ビタミンやミネラルや食物繊維を取るようにします。

 

 

緑黄色野菜や山芋・オクラ・海藻類・キノコといったものが、体の内側からキレイにしてくれるのでおすすめです。

 

 

間違ってはいけないことは「食べる回数を減らせば内臓脂肪も減るんじゃない?」っと、食事を抜いたりする行為です。

 

 

何故ダメなのかと言うと、人間は食事を取らないことで体が飢餓状態になり、次の食事で普段以上にエネルギーを蓄積しようとしてしまうからです。

 

 

Sponsored Link

 

【漢方やサプリメントの活用を!】

 

食生活の改善にプラスしてより効果の上がる方法として、漢方やサプリメントのサポートを取りいれてみるのも一つの手。

 

 

漢方やサプリメントの中には、内臓脂肪を落とすことを手助けをしてくれるとものがあります。

 

 

そんな内臓脂肪を落とすのに効果的な漢方やサプリメントをご紹介します。

 

 

【内臓脂肪を落とすのに効果的な漢方】・防風通聖散(ボウフウツウショウサン)

悪玉コレステロールを抑制する漢方で、18種類の成分が配合されています。

 

便秘がちな人にも効果があるようで、体力のある肥満傾向の人に向いていると言われています。

 

 

 

【内臓脂肪を落とすのに効果的な漢方】・田七人参(デンシチニンジン)

人参に含まれる成分のサポニンが、糖の代謝を促すとともに、筋肉を正常な状態に戻す働きをします。

 

三七人参とも呼ばれ、中国雲南省で主に栽培をされています。

 

 

 

【内臓脂肪を落とすのに効果的な漢方】・扁せき(ヘンセキ)

脂肪過多症を改善するため、11種類の生薬を配合した漢方で、食事制限と運動を併用することで効果を見込みます。

 

 

 

【内臓脂肪を落とすのに効果的なサプリメント】・Lカルニチン

Lカルニチンを含有し、使われずに溜まっていくエネルギーを燃焼させる働きがあり、脂肪燃焼・肥満予防・疲労回復に効果があります。

 

 

 

【内臓脂肪を落とすのに効果的なサプリメント】・ラクトフェリン

ラクトフェリンは、赤ちゃんが健康に成長するための栄養素で、母乳に多く含まれているたんぱく質の一種。

 

腸に届いたラクトフェリンは、脂肪分解酵素リパーゼを活性化させ、新たに内臓脂肪が蓄積されることを抑制します。

 

 

 

 

【内臓脂肪を落とすのに効果的なサプリメント】・ノンメタファイバー

主要成分である環状オリゴ糖のシクロデキストリンは、食べ物と一緒に接種することで、炭水化物や脂質を体の中に溜め込まないように作用します。

 

無味無臭で、飲み物やスープに混ぜたり、ご飯と一緒に炊いて摂取することができる便利なものです。

 

 


 

ポッコリお腹の原因となる内臓脂肪は、放っておくと生活習慣病を引き起こす怖いものです。

 

 

食生活を見直すことと日常の運動、それを助ける漢方やサプリメントのサポートを受けることで内臓脂肪は燃焼され、脂肪が付きにくい体になります。

 

 

後は、「昔の体形を取り戻すぞ!!!」っというあなたの強い意志が必要です!

 

 

以上がシェアインフォ―メーションが紹介する「内臓脂肪の落とし方!適度な運動・食事の改善・サプリ摂取で即解決」でした。

Sponsored Link

関連記事

小学生の習い事ランキング・女子篇!将来に繋がる習い事が人気!?

親ならば小学生になるといろいろ子供に「習い事」をさせたいですね!   習い事は

記事を読む

蚊の対策!身体に害がなく退治できるアイテムを紹介

皆さんが夏に1番遭遇する虫って蚊ですよね?   夜中の蚊はなんであんなに耳を攻

記事を読む

鼻水の色(透明・白・黄・緑・茶・赤)でわかる風邪・それ以外の病気は?

寒くなると、どんなに気を付けていても体調を崩してしまう時もあり、インフルエンザが流行する時期でも、自

記事を読む

ボルダリングを東京で体験するおすすめジム7選!利用料金も紹介

ロープを使わず、手足の力だけで巨岩を登る「ボルダリング」。    

記事を読む

足の臭いを消す粉!嘘みたいに脱臭できると話題のアイテムはこれ

足の臭いに困っている、誰かに相談したくても、なかなか出来ない悩みです。   &

記事を読む

食物アレルギーの検査の疑問まとめ!費用・検査方法・アナフィラキシーの怖さ

食物アレルギーとは、原因食物を摂取した後に生体にとって不利益な症状が起きる病気です。 &nbs

記事を読む

エアコンの掃除で業者に依頼する際のクリーニングポイント!

段々暖かくなってきましたね!   夏になるまでに、エアコンの掃除は済んでいます

記事を読む

韓国で整形する費用はいくら?パーツ別で日本の料金と比較!

韓国といえば整形大国!女性の美への意識の高さは世界中でもトップクラスです。  

記事を読む

ブラジリアンワックスで鼻毛を抜く前に!痛みやコツ・注意する事は?

社内に気になる異性がいる人や、アルバイト先や学校など異性と接する機会がある男性は、自分の鼻毛が出てい

記事を読む

ストレスでの吐き気かも?病気の種類や診察は何科に行けばいい?

多少のストレスは生活にメリハリをもたせるので、全くないよりはストレスはあった方がよいのですが、体を壊

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑