洗濯しても臭いが取れない汗臭さ!いい匂いにできる洗濯術や裏技

毎日しっかり洗濯しているのに、なぜか汗臭さが取れない。

 

 

生乾きというわけでは無いのに、ちっとも柔軟剤の香りがしてくれない。

 

 

特に汗の臭いが気になる夏場に、色々対策はしていても、着ていたものは臭ってしまうものなんです。

 

 

しかし、なぜか洗濯しても消えない汗臭さ・・・。こんなに臭うのはついに自分の体臭が強くなってきたか・・・!?なんて思ってしまう方もいるはずです。

 

 

実は、何回洗濯しても取れない汗臭さには原因があるのです。

 

 

衣類についた取れない汗臭さの原因と対策、正しい洗濯の仕方やおすすめの洗剤も紹介したいと思います。

 

 


 

【汗が臭う原因や洗濯・洗剤選びのポイント】

 

洗剤のCMなどで「汗臭菌」なんて呼ばれ方もしていますが、原因は「雑菌」が繁殖するからです。

 

 

真っ白いシャツを一日中着ていると、首回りや手首回りなどが黒ずんで汚れていませんか?

 

 

これは皮脂汚れとたんぱく質が付着したもので、この黒ずんだ汚れが、人間が持っている「常在菌」と呼ばれるものと合体し分解される事で、汗の臭いの元となる「雑菌」が生まれます。

 

 

この雑菌は、暑くて湿ったところが大好物で、夏の汗ばむ時期は大繁殖の時期。

 

 

この雑菌が繁殖するのに適しているのが「衣類の繊維」。しかも繊維の奥深くが最も居心地が良いようなので、そこに潜んでいます。

 

 

雑菌は汗をかいてすぐではなく、1~2時間ほどの時間をかけて繁殖し、汗臭いと言われる酸っぱいような鼻につくような臭いを発生させるモンスターに進化していきます。

 

 

長時間着ていた汗が染みついた衣類の奥深くには、すでに菌の高級住宅街が広がっており、普通の洗濯ではそこまで洗剤が届きにくい状態に仕上がっています。

 

 

衣類の奥深くに住みついた雑菌が、何度洗濯しても汗臭さが残る大きな原因なのです。

 

Sponsored Link

 

 

洗濯前に気を付けるポイントは?】

とは言え、この暑さで汗は絶対かくし、制汗スプレーでケアしてもやはり臭いを誤魔化すのは一時しのぎになりますよね・・・。

 

 

では、どうすれば良いのか?

 

まずは、菌の繁殖を抑える事が重要になります。

 

 

そのまま洗濯するだけではしっかり落ちてくれない臭いを落とすポイントをまずいくつか紹介します。

 

 

①「汗をかいた衣類の放置はNG!すぐ洗濯」

夜まで着た洗濯物を、疲れているし、翌日に一緒に洗おうと放置していませんか?

 

これは、さらに菌を増やして取れなくしてしまうNG行為です。

 

脱いだ後も菌は繁殖し続け、汗をかいた衣類は出来るだけ早く洗濯しましょう。

 

水洗いだけしておくだけでも全然違います。

 

 

 

②「洗濯機にそのまま入れない!」

どうせ洗うのだからと、そのまま洗濯槽にポンっと入れちゃうのもNG行為。

 

洗濯槽の中で菌が繁殖し、他の汗臭くない衣類にまでも菌が移ってしまいます。

 

洗濯槽の中も湿度が高いので、菌の住処になってしまう恐れもあります。

 

 

 

③「しぶとい臭い・汚れには、漬け置き対策」

びっしょりとしみ込んだしぶとい汗の汚れには、少し熱めのお湯(40~50℃)に漂白剤orアルカリ性洗剤を薄めた漬け置きしておきましょう。

 

お風呂場の洗面器でも構いませんし、大きめのたらいがあるならそれでも良いです。

 

漂白剤の場合色落ちが気になるのであれば、色柄物にも安心のワイドハイターでも良いです。

 

漂白剤が一番効果的で、漬け込めば1~2時間は放置後の洗濯で、しみついた汗の臭いが嘘のように消えてくれます。

 

毎回毎回漂白剤につける裏技もいいですが、しっかりとした洗濯術も身に着けてくださいね!

 

Sponsored Link

 


 

【汗の臭いとる洗剤選びのポイント】

洗う前のひと手間以外に、洗剤選びにもポイントがあります。

 

 

値段が安い、香りが好き、昔からの愛用品など、それぞれ使っている理由は様々あるかと思いますが、汗の臭いを落とすには「弱アルカリ性の粉末洗剤」が効果的です。

 

 

液体タイプよりも粉末タイプの方が汚れに留まってくれるので、より汚れ落としに効果が期待できます。

 

 

なぜかというと、皮脂汚れの主な成分は「弱酸性」。

 

酸性の汚れには、反対の性質を持つ「アルカリ性が有効」なんです。

 

「中性洗剤」というものもありますが、これは成分が酸性よりなので、汚れを落とす力が軽減してしまいます。

 

 

 

また、漂白剤選びのポイントは「酸素系」を選ぶこと。

 

 

「塩素系」のものもありますが、こちらは確かに漂白効果は高いです。しかし、色落ちもかなりしてしまう為、真っ白い衣類にしか使えません。

 

 

その点、酸素系のものは色柄物にも優しいタイプが多くありますので、毎日のお洗濯に使うのであれば酸素系で充分です。

 

 

 

同じように、漂白・消臭効果が期待できるものとして、最近注目を浴びているのが「重曹」です。

 

 

掃除の万能グッズとしても注目されていますが、汗の消臭にも力を発揮してくれるのです。

 

 

重曹の成分も同じく「弱アルカリ性」。

 

 

分量の目安としては、1リットルの水に対して、重曹小さじ5程度。

 

 

時間は30分くらいがベストです。(まだ気になるようなら時間を延ばしても大丈夫ですよ)

 

Sponsored Link

 


 

【汗の臭いを落とす洗濯の仕方】

では、臭い落としのポイントを抑えた所で、洗濯の仕方の流れを紹介します。

 

 

上記にあげた洗剤を用意。

 

菌移りを防ぐ為に、他のものとは分けて洗濯槽へ。

一度にたくさん洗おうと詰め込み過ぎて、臭いも取れにくいので注意!

目安は洗濯槽の7割程度がベスト。

 

弱アルカリ性の粉末洗剤を決められた分量入れる。

多く入れれば汚れも落ちると思いがちですが、入れ過ぎは洗剤残りの原因となり、菌の繁殖にも繋がります。分量は守りましょう!

 

柔軟剤を決められた分量入れるか、さらに臭いを予防したいのであれば、酸素系の漂白剤を入れても良いですよ。

 

洗濯が終わったらすぐに干す。

せっかく洗っても、洗濯槽に放置していては元も子もありません。

洗い終わったらすぐに天日干ししましょう。

 

定期的に洗濯槽の掃除もしましょう。

菌移りや菌残りを予防する為にも、定期的に洗濯槽クリーナーを使って洗いましょう。(2週間に1回、少なくとも1か月に1回)

 

洗濯機の蓋は開けておきましょう

蓋を締め切ってしまうと、湿気で菌が繁殖します。

使わない時は、蓋を開けておきましょうね。

 

 

 

このポイントと手順を守れば、汗の臭い残りもかなり軽減されるので試してみて下さい!

 

これらを踏まえた上で、おすすめ洗剤も紹介しますので、こちらも参考にしてください!

 

 

おすすめ洗剤と漂白剤・「アタック 高浸透 リセットパワー」

ノーマルタイプのアタックよりもさらに高性能で、消臭・漂白剤も入っているのでこれ一つでOKなのも嬉しいポイント。

 

 

漬け置きようの洗剤としてももちろん使えますよ。

 

 

頑固な汚れも黄ばみも落としてくれますし、洗い上がりの香りも良いです。

 

 

ワイドハイターEXパワーとの併用により、嫌なにおいを徹底的にリセットしてくれますよ。

 

 

おすすめ洗剤と漂白剤・「部屋干しトップ 除菌EX」

一押しポイントは何と言っても非常にパワフルな抗菌作用。

 

 

部屋干し用なので、生乾きの嫌な臭いからも解放されます。

 

 

また、湿ると再び出てくる、「もどり生乾き臭」を防いでくれますよ。

 

 

いつものお洗濯で汚れ・菌・ウイルスを除去してくれるので、毎日清潔な衣類を身に付けることが出来ます。

 

 

おすすめ洗剤と漂白剤・「フレグランスニュービーズ」

しっかり洗って香りも楽しみたいのならこちら!柔軟剤も入っているので経済的もお得です。

 

 

イヤなニオイの元を落として、しっかり消臭してくれるだけでなく、ローズとすずらんの「花しずくの香り」がつづきます。

 

 

蛍光剤無配合なので、淡色の衣料も色落ちの心配も少ないです。

 

 

おすすめ洗剤と漂白剤・「ワイドハイター EXパワー」

こちらは嫌な生乾き臭もリセットしてくれる優れもの。

 

 

漂白成分配合ですが、色柄物にも安心して使用可能!

 

 

洗剤だけでは落としきれない汚れ・菌まで落としてくれますし、赤ちゃんの衣類にも対応していますよ。

 

 

おすすめ洗剤と漂白剤・「シャボン玉石けん 酸素系漂白剤」

過炭酸ナトリウム100%で純度が高いだけでなく、塩素系漂白剤のように鼻にツンとくる臭いがしないのが嬉しいポイント。

 

 

木綿・麻・化学繊維などの色柄物、白物にも安心して使えます。

 

 

目安としては、洗濯機30リットルの水に15gを洗濯用粉石けんと一緒に入れて下さい。

 

 

また、洗濯槽のカビ取りにも使えます。

 

その際の目安は、洗濯機に30-50度のお湯をいっぱいに入れ、漂白剤300g-600gを入れて下さいね。

 

 

おすすめ洗剤と漂白剤・「オキシクリーン」

こちらの漂白剤は、塩素系じゃないのに、シミ・ニオイを強力洗浄してくれる優れもの。

 

 

そして、無着色・無臭なんです。

 

 

頑固な汚れ落としのスペシャリストで、洗濯槽除菌にももちろん使えて、汚れがボロボロ落ちてくれますよ。

 

 

匂いが無いので、衣類の他に食器などにも安心してお使いいただけます。

 

 


 

汗ばむ季節。毎日のお洗濯は欠かせないものですよね。

 

 

しっかりと手順を踏んで、適切な洗剤を使えば嫌な汗の臭いからも解放されるので、快適な洗濯ライフをおくってください!

 

 

以上がシェアインフォ―メーションが紹介する「洗濯しても臭いが取れない汗臭さ!いい匂いにできる洗濯術や裏技」でした。

Sponsored Link

関連記事

赤色の浴衣に似合う帯の色選び!より美しく見せる3つのポイント

華やかであり、鮮やかであり、パッと目を引く赤の浴衣は、浴衣の色の中でも人気が高いですよね。 &

記事を読む

ランニングウェアの冬物!メンズでアディダスのおすすめ2017

健康増進・ストレス解消・趣味として大人気のランニングですが、秋冬あたりから始めようとする人にとっては

記事を読む

犬用の着ぐるみ(コスチューム)!話題の二足歩行やコスプレグッズ

最近、SNSに飼っているペットの写真をアップする人が急増していますよね。  

記事を読む

ワイドパンツの秋レディースコーデ特集!おすすめワイドパンツも紹介

ワイドパンツの魅力は、やはりそのゆったりとした着心地ですね!    

記事を読む

鼻水の色(透明・白・黄・緑・茶・赤)でわかる風邪・それ以外の病気は?

寒くなると、どんなに気を付けていても体調を崩してしまう時もあり、インフルエンザが流行する時期でも、自

記事を読む

ランニング中に聞きたい曲!洋楽PVからランニングにおすすめの曲

冬場で鈍ってしまった身体をリフレッシュさせるべく、ウォーキングやランニングを始めようと考えている人も

記事を読む

家にいる蜘蛛の種類は?大きいのはアシダカグモ!小さいのは?

一体どこから入ってくるのか分からないけど、家に蜘蛛が入ってきて困るし、怖い!!!こんな体験をした方、

記事を読む

ぽっちゃりでも着れるワンピース!春物で体型を隠せるおすすめ

春になると厚着から薄着へ変わり、コーデもスカートや春コート、ワンピースなどを取り入れるようになりファ

記事を読む

男性ホルモンを増やす食べ物は?テストステロンを多く含まれた食材達

男性ホルモンの作用ってご存知でしょうか?     言葉は知って

記事を読む

40代男性にプレゼントするならマフラーを!シンプルでおすすめは?

40代ともなると、寒さに弱くなってきて冬場はマフラーやストールが手放せない!そんな人も多いのではない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑