レゴランド名古屋の料金あれこれ!入場料・フード・お土産の値段は?

4月1日に、日本初のレゴランドが名古屋にオープンしました。

 

始まったばかりのGWに、次にやってくるのは夏休みにと、混雑が予想されますが、まず気になるのは入場料などの料金関係ですよね!!!

 

レゴランドに子供達を連れて行くと、テンションMAXになるのはわかりきっているので、親としては料金がどれぐらいかかるのか知っておきたいところ!

 

レゴランドの入場料や年間パス、園内のフード料金からお土産の施設内で使う料金も紹介していきます。

 

 


 

レゴランドの料金あれこれ!入場料・フード・お土産の料金を紹介

参照元URL http://hovita.club/

【レゴランドの入園料】

・1DAYパスポート(入園日指定)

子供(3歳~12歳)5,300円(税込)※2歳以下は無料

大人(13歳以上) 6,900円(税込)※来場日の年齢で購入して下さい。

 

 

・年間パスポート(初回入園日から1年間有効)

子供(3歳~12歳)13,300円(税込)※2歳以下は無料

大人(13歳以上) 17,300円(税込)※来場日の年齢で購入して下さい。

 

パスポートはレゴランドのオンラインページか、セブンイレブンで購入できます。

1DAYパスポートは事前に購入しておくと、並ばずにすぐ入園できるのでお得ですよ!!!

 

 

・学校・団体割引料金

レゴランドでは、20名以上が団体扱いとなり、事前に予約をすれば団体料金で入園する事が出来ます。

一般の団体料金と、小学校までの学校料金は異なりますので、注意して下さい。※2歳以下は無料ですが、団体人数には含まれません。

 

対象:幼児~児童、引率者(添乗員、看護師、カメラマンなど含む)

平日 おひとり様 1,400円(税込)

土日祝日 おひとり様 2,000円(税込)※お子さま20名につき引率者1名が無料

 

 

・一般団体料金

子供(3歳~12歳) 5,035円(税込)

大人(13歳以上) 6,555円(税込)

予約はレゴランドサイトの予約フォームにて受付中です。

 

 


 

【レゴランドでの食事料金】

参照元URL http://lego-blog.net/

レゴランド内は、基本的に飲食物の持ち込みが禁止されています!

ペットボトルや水筒も持ち込み禁止です。

ランド内には自販機の料金は200円前後とちょっとお高めです・・・。

 

ランド内には、レストラン5店、ファストフード店8店の計13店の飲食店があります。

こんなにあると迷ってしまいますが、おすすめの場所のメニューや料金を紹介しますので参考にして下さい。

 

・「ナイト・テーブル・レストラン」

参照元URL http://www.jiji.com/

ここは座って食べられるスペースがあり、座席数は多いので待ち時間も短くて済むのでお子様連れの方にオススメ。

 

ビュッフェ形式ではない・食べ放題ではないので、選んで取った分だけ料金がかかり、自分で好きな物をトレイに乗せて選んで料金を支払うシステムです。

 

 

お子様ランチは2種類で料金はどちらも1,250円(全て税込)です↓

参照元URL http://yoshizo.hatenablog.com/

 

食事メニューも豊富で、

・グリーンサラダ S350円 / L500円
・エビ&ローストビーフ 1000円
・スモークサーモン&紅茶鴨スモーク 1000円
・サーモンソテー クリームソース 1550円
・チキンフリカッセ&ビーフシチュー 1650円
・エビフライ タルタルソース 1400円
・香薫グリルプレート マスタードソース 1500円
・ローストビーフ グレイビーソース 1700円
・バターロール・ライ麦パン 200円
・コーンスープ 350円
・コンソメスープ 400円
・ドリンクバー 400円

 

中でもおすすめしてるのは、「ローストビーフ」でしょう!!!

年間パスポートがあると、料金が10%offになりますよ。

 

 

・「コーラルリーフ・ピッツア・アンド・パスタビュッフェ」

参照元URL https://www.legoland.jp/

こちらは6種類のピザや3種類のパスタなどを楽しめ、飲み放題・食べ放題のビュッフェスタイルで時間も無制限です。

 

かなりの混雑が予想されますので、時間を見極めて入店する事をおすすめします。

 

料金は大人1,860円、子供(3歳~12歳)1,180円となっています。

 

 

・「ファクトリー・サンドウィッチ・カンパニー」

参照元URL http://nagoya.identity.city/

サンドイッチがメインお店です。

レストランとなっていますが、サンドイッチなら座れなくとも外でも食べられるので混雑時にはサンドイッチの選択もありですね!

 

サンドウィッチ5種に季節のデニッシュ、クロワッサンやマフィンなどに加え、コーヒーなどのドリンクも注文できます。

 

ペットボトルの飲料も、年パスがあるならここで買えば10%offになるのでお得!

・クロワッサン 250円
・季節のデニッシュ 390円
・パン オ ショコラ 390円
・バケットサンド 650円
・スモークサーモンのライ麦パンサンド 700円
・ローストビーフのクロワッサンサンド 800円
・生ハムサラダ 700円

 

 

・「オアシス・スナック」

参照元URL http://sakuranekonagoya.jp/

続いて、ファストフード系のスタンドショップです。

レゴランドに来たら絶対に外せないのが「レゴポテト」450円。

その名の通り、レゴの形をしており、かなりの人気のようなので行列は必須のようです。

 

 

・「マリーナ・スナック・シャック」

参照元URL https://www.legoland.jp/

レゴランドでしか食べられない珍しいホットドッグのお店です。

パンが特注したもので、美味しさはもちろん、食べさすさも追及されているというから嬉しいですね。食べ歩きにピッタリです。

・プレーン500円
・チ    リ・・550円
・チーズ・・550円

 

 

・「ピット・ストップ・ジュース・アンド・ドライブ」

参照元URL http://yoshizo.hatenablog.com/

女性に嬉しいスムージーのお店!

こういう場ではうっかり食べ過ぎちゃいますからね(笑)スムージーでリセットしましょう。

フレーバーは

・マンゴー・ストロベリー・バナナ&アップル・抹茶&メロン・ベリーヨーグルト・アサイー&ピーチ、価格は全て540円です。

 

 


 

【レゴランドグッズ・お土産料金】

限定商品のグッズやお土産選びも楽しみの一つ。

マスト買いの商品などいくつか紹介します。

 

・「ビッグ・ショップ」

ここで買える限定グッズは、

・オブザベーション・タワー型のチョコレートクランチ
・オープン記念 ノリタケとのコラボレーション食器2種

参照元URL http://news.mynavi.jp/

チョコレートクランチは2種類のクランチチョコがオブザベーション・タワー型の容器に入っていて値段は1,000円!

 

 

続いては、高級食器メーカー「ノリタケ」とコラボした

・アニバーサリーマグカップ 3000円
・アニバーサリープレート W/BOX 8000円は数量限定です。

参照元URL https://news.walkerplus.com/

チョコも食器もすぐになくなりますので、早めの購入をおすすめします。

 

定番のキーホルダーも自分用はもちろん、お土産にも最適です。

・レゴランドキーチェーン 700円
・レゴランドマグネット(ミニフィグ) 700円
・レゴランドマグネット(丸形) 380円

 

 

・「ミニフィギュア・マーケット」

参照元URL http://yoshizo.hatenablog.com/

自分だけのオリジナルのレゴが作れるお店です。

パーツを選んで1,200円で3体のレゴを作る事ができ、思い出一品を作れると大変人気のお土産売り場となっています!

 

 

・「フォト・ショップ」

参照元URL http://yoshizo.hatenablog.com/

レゴランドに来た記念にプロに写真を撮ってもらう事も出来ます。

限定グッズも魅力ですが、写真で思い出を残すのも素敵ですよね。

パーク内にいるカメラマンに撮ってもらった写真はここで受け取れ、アトラクションカメラで撮影された写真もここでOKです。

 

・A4サイズの写真 1500円
・2L(5×7 プリント)の写真 1000円
・PICTURE AIR ワンデーサービス 4000円(パーク内で撮ってもらった写真をアプリでダウンロードできるサービス。何枚でも可)
・ブリックウォール 6000円(写真をレゴブロックに印刷してくれるサービス。ミニフィギュア付き)

 

 


 

テーマパークはお金はかかっても、楽しい思い出はプライスレスですよね。

 

大人も子供も楽しめるレゴランドに、是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

以上がシェアインフォ―メーションが紹介する「レゴランド名古屋の料金あれこれ!入場料・フード・お土産の値段は?」でした。

関連記事

キラビアのビアガーデンの詳細やお得情報を紹介!

ビールが美味しく感じる季節は夏ですね!   皆さんは初夏にかけて、大阪のビアガ

記事を読む

ワカサギ釣りのコツ!初心者に必要な知識・ポイント・道具を紹介!

だんだんと冬らしくなってきましたね。   ところで皆さんはワカサギ釣りを体験し

記事を読む

東京の夜景をドライブで!車で行けるスポットをマップで紹介

東京の夜景スポットは数えきれないほどありますよね。     東

記事を読む

出産祝いで妥当な相場と理由!身内・職場・友達とケース別に分類

学生時代とは違い、社会人になると人間関係には一番気を遣いますよね。   それぐ

記事を読む

交通違反による反則金や罰金の支払い方法は?払わないとどうなる?

車の運転は交通ルールを守って安全運転というのが一般常識です。    

記事を読む

女子会のランチは新宿で!料理・雰囲気・コスパ。3つ揃ったお店を紹介

アジア最大級の繁華街と言っても過言ではない「新宿」。   有名な飲食店がズラリ

記事を読む

サロンデュショコラ2017!大阪で参加するなら知って得する情報

サロン?ショコラ?とリッチな響きですが・・・   「サロンデュショコラ」とはず

記事を読む

登山の帽子でハットのおすすめは?メンズの登山ハット2017!

最近若い人にブームになっている「登山」。   一時は定年退職されたおじいちゃん

記事を読む

足湯カフェでのんびりデート!関西の足湯カフェスポットを紹介!

温泉大好きで行きたいんだけど、彼と行ったって別々に入らなきゃならないかと言って混浴はちょっと気が引け

記事を読む

松茸狩りのコツ!素人でも、この見つけ方を知ってれば1本は確実!?

代表的な秋の味覚のひとつである「松茸」ですが、他の味覚の柿や栗、ぶどうなどに比べると探し出しにくいの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑