ドライブレコーダーでスマホ連動(対応)が可能な売れ筋機種5選

ドライブレコーダーは、「事故やトラブルの証拠を残す」ということが大事な目的だったのですが、今はその使い方が徐々に変わってきています。

 

 

そのドライブレコーダーの使い方に変革を起こしたのが、「スマホ連携」と言われる機能。

 

 

ドライブレコーダーをアクションカメラのような使い方をする事ができ、ドライブ風景を旅の思い出として記録し、スマートフォンを使って何時でも何処でも誰とでも見ることも可能です。

 

 

もちろんスマートフォンに映像を保存することもできるので、ドライブの楽しみ広ける要素としても注目を集めています。

Sponsored Link

 

 

そんな、スマホ連携可能なドライブレコーダーでおすすめをご紹介致します。

 

 

1万円以下のドライブレコーダー・ユピテルのドライブレコーダーをお探しの方はこちらを参考にしてみてください↓

 

ユピテルのドライブレコーダーでおすすめ・人気は?【2017】

 

ドライブレコーダーのおすすめ【2017】1万円以下で高性能なもの

 

 


 

【おすすめのスマホ連携のドライブレコーダー】・DRY-WIFIV3C ユピテル ディスプレイ搭載 ドライブレコーダー

ユピテルのハイグレードシリーズに位置づけられています。

 

 

特に最大200万画素の映像は、旅の風景をはっきりと美しく記録し、Wi-fi接続で、ドライブレコーダーの操作と動画のダウンロードをスマートフォンで簡単に操作することができます

 

 

ダウンロードした画像は、すぐにSNSにアップすることができ、楽しみが広がります。

 

 

記録媒体:microSDカード8G付属(最大32G)

動画映像:1080HD(1920×1080)

GPS:○

Gセンサー:○(0.1秒毎に調整が可能)

フレームレート:30コマ/秒

製品保証期間:1年(消耗品は除く)

 

 


 

【おすすめのスマホ連携のドライブレコーダー】・エレコム LVR-SD310HWG WiFi対応GPS付ドライブレコーダー

エレコムのWi-fi対応ドライブレコーダーの特徴は、モニターレスのために非常にコンパクトなタイプとなります。

 

 

その為、フロントガラス上部に設置しても、それほど気にならないところがいいところ。

 

 

モニターレスなので、レコーダーの操作はスマホと連携して行うのですが、接続も簡単に行えます。

 

 

割り切った機能に抑えているため、コスパの高いドライブレコーダーです。

 

 

記録媒体:microSDカード8G付属(最大64G)

動画映像:HD(1280×720)

映像素子:100万画素カラーCMOS

GPS:○

Gセンサー:○

製品保証期間:1年

 

Sponsored Link


 

【おすすめのスマホ連携のドライブレコーダー】・COWON(コウォン)Wi-fi対応  ドライブレコーダーAW1-8G-SL

あまり聞きなれないメーカーではありますが、韓国のマルチメディア関連メーカーです。

 

 

カプセル型のかわいい形で、写真で見ると大きいような感じもしますが実物は非常にコンパクトです。

 

 

スマホでリアルタイム映像もダウンロードも簡単にできるのがいいところ。

 

 

ドライブレコーダーとしての基本機能、映像の美しさも高レベルです。

 

 

記録媒体:microSDカード最大32G対応

動画映像:FULLHD1920×1080

映像素子:200万画素カラーCMOS

GPS:○

Gセンサー:○

製品保証期間:1年

 

Sponsored Link

 


 

【おすすめのスマホ連携のドライブレコーダー】・トランセンドGPS/WiFi対応ドライブレコーダー  DrivePro 200 

トランセンドのドライブレコーダーは、小さいながら高機能・アプリを使って簡単にストリーム再生やダウンロードができます。

 

 

映像も美しく、クリアで広角アングルは。車の前方を広く鮮やかに映します。

 

 

もちろん、ドライブレコーダーとしての機能は十分なスペックの逸品です。

 

 

記録媒体:microSDカード16G付属

動画映像:フルHD(1920×1080)

映像素子:300万画素カラー低光感知CMOS

GPS:○

Gセンサー:○3軸

フレームレート:30FPS

製品保証期間:2年

 


 

【おすすめのスマホ連携のドライブレコーダー】・transcend Wi-Fi対応 ドライブレコーダー DrivePro 50

このDrivePro 50は、先述のトランセンドのドライブレコーダDrivePro 200 の安価版です。

 

 

なんとスマホ連携機能を持ったドライブレコーダで、税込み1万円を切っているアイテムです。

 

 

1万円を切るなんて何か訳があるのでは?と思う人もいるかと思いますが、DrivePro 200と何が違うのかと言うと、基本機能はほぼ同じで大きな違いとは、本体に液晶画面が付いていないということです。

 

 

録画した映像はスマートフォンかパソコンで見ることになります。

 

 

レコーダー本体に画面が無くていいという人は、基本性能はほぼ同じで1万円を切っているこちらを強くおすすめします。

 

 

記録媒体:microSDカード16G付属(最大128G対応)

動画映像:フルHD(1920×1080)

映像素子:300万画素カラー低光感知CMOS

GPS:○

Gセンサー:○3軸

フレームレート:30FPS

製品保証期間:2年

 

 


 

スマートフォンとの連携が、ドライブレコーダーの新たな楽しみを広げています。

 

 

ドライブで出会った旅先の風景を、すぐにYouTubuやSNSにアップできるのも楽しことですよね!

 

 

みなさんも、ドライブで出会った旅の一コマを世界中の仲間に広めてみてください。

 

 

以上、シェアインフォメーションが紹介する「ドライブレコーダーでスマホ連動(対応)が可能な売れ筋機種5選」でした。

 

Sponsored Link

関連記事

駐車場で当て逃げされた!犯人を早く見つける為にやるべき事とは?

買い物中に、外食中に、コインパーキングやお店の駐車場に止めていた愛車がぶつけられてへ凹んでいる・・・

記事を読む

bluetoothのヘッドホンでコスパ重視のおすすめ2018!

音楽を聴く際に使用するアイテムのヘッドセットですが、大きく分けてイヤホンとヘッドホンがありますよね。

記事を読む

アイフォン6・7の充電器!コンビニなどで選ぶ時に見るポイント

アイフォンを利用していれば充電器や充電用ケーブルが破損して充電できずに困った・・・という経験をされた

記事を読む

bluetoothイヤホンで安いおすすめは?音質とコスパ重視

スマホで音楽を聴きながら通学や通勤・スポーツや読書をしている人も多いのではないでしょうか? &

記事を読む

コンビニのネットプリントで印刷する証明写真の料金・やり方は?

スマホでいつでもどこでも無料で写真が撮れ、現像する必要も無くなったこの時代・・・  

記事を読む

スマホが熱くなる原因と対策!急激に冷やすなら冷却グッズがおすすめ

スマホでついつい暇つぶしに熱中してしまうゲームに、時間を忘れて見入ってしまう動画。  

記事を読む

東京の梅雨入り/明けは毎年いつ頃?2018年は?

梅雨の季節は、じめじめとうっとおしいもの。毎日雨が降ったり曇り空が続くので、青空が続く日が待ち遠しく

記事を読む

ふるさと納税の直接申し込みは損?楽天ならポイントが貯まるしお得!

ふるさと納税は、基本的には各自治体から直接申し込むことが普通です。   &nb

記事を読む

ふるさと納税で家電がもらえる自治体!返礼品の電化製品と寄附金は?

「ふるさと納税」という言葉もだいぶ定着してきましたね。    

記事を読む

京セラドーム周辺の駐車場!安いし予約もできる穴場スポット

京セラドーム大阪は、1997年に開場したプロ野球オリックスバッファローズの本拠地。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑