スマホが熱くなる原因と対策!急激に冷やすなら冷却グッズがおすすめ

スマホでついつい暇つぶしに熱中してしまうゲームに、時間を忘れて見入ってしまう動画。

 

 

スマホがあれば何時間でも時間を潰せて、スマホ依存症に陥ってしまう人も少なくありませんよね。

 

 

長時間使い続けている・充電しながら使用すると段々スマホが熱を持つのは当然。

 

 

気にせずそのまま使い続けていたら突然画面が消えたり、フリーズしたり、電源がつかなくなったり、っと不具合を経験した方も少ないはずです。

 

 

ニュースでやってましたが、長時間利用により熱を持った本体から発火事故が起こった!なんて聞くと、何だか怖くなってしまいますよね・・・

 

 

スマホが熱くなる原因や冷まし方を紹介していきます。

 

Sponsored Link

 


 

【スマホが熱くなる原因】

スマホが熱くなる原因はいくつか考えられます。

 

 

・「バッテリーが大きくなった為」

すぐに切れてしまうバッテリーでは意味がありませんから、少しでも長持ちするバッテリーがスマホには内蔵されています。

 

スマホは薄い物ですので、もちろんバッテリーも薄く作られています。

 

薄くした分、大きめのバッテリーがスマホの面積を占めるように内蔵されている為、長時間使い続けるとそのバッテリーが熱を持ち、面積が大きい分熱がどんどん伝わり、スマホ全体が熱くなってしまうのです。

 

 

 

・「冷却装置が付いてない」

スマホは小さなパソコンと言っても過言ではありません。

 

性能の高いプロセッサというものが内蔵されているにもかかわらず、パソコンについているような冷却装置がスマホにはありません。

 

その為、熱が上がりやすく熱くなってしまうのです。

 

Sponsored Link

 

・「スマホケースと充電時の使用」

ケースやカバーが熱をこもらせる要因になってしまっているのです。

 

元々冷却装置や熱を排出する逃げ道は備わっていませんが、カバーを付ける事により、その分スマホとカバーの間にさらに熱がこもってしまいます。

 

 

また、動画やゲームの途中に充電がなくならないようにと充電しながらスマホを使ってしまうと、余計にもバッテリーに負担が掛かってしまい熱くなります。

 

負担が増えると、発火事故やバッテリーの劣化を早める事にも繋がってしまうので、注意が必要です。

 

 

 

・「高温多湿の場所に置いている」

スマホにはナビがついているものが多いですよね。

 

カーナビが付いていなくても、今はスマホのナビアプリで事足りてしまいます。

 

ナビを使うのは大抵車。特に夏場の車内はかなり暑いですよね。

 

フロントガラスの近くにスタンドなどを使っている方も多いかと思いますが、スマホは直射日光や高温多湿の場所に非常に弱いのです。

 

長い時間日光に当たるような場所で使っていると、あっという間にスマホが熱くなってしまいます。

 

Sponsored Link

 


 

【スマホの熱を冷ます方法】

熱くなるものだと諦める前に、いくつかスマホの冷却方法を紹介したいと思います。

 

 

・「電源を落とし休ませる」

まずは基本的な事ながら、スマホを休ませてあげましょう。

 

急ぎの用事が無ければ、スマホの電源を切り休息の時間を作りましょう。

 

 

もしも電源が切れないような時は、機内モードにしておくことも一つの手です。

 

機内モードの時は通信を遮断するので、スマホの負担を少なくして徐々に冷めていきます.

 

 

 

・「バッテリーセーバーなどの機能を使う」

Android5.0以上には、バッテリーセーバーという機能が使えます。

 

これはある一定以上になるとバッテリーの消費を抑制してくれるものです。

 

5.0以下のバージョンでは使えませんが、その場合は内蔵機能としてメーカーの消費抑制機能がありますのでそちらを使うか、アプリをダウンロードもできますので、活用すると良いですよ。

 

 

iPhoneは、バッテリーへの負荷をあまり気にしなくて良いような機能が元々備わっていますが、それでも熱による不具合は報告されています。

 

iPhoneでも熱対策が完全ではないという事です。

 

その場合は、節電機能などを上手に使って、バッテリーの応対を把握してあげる事が大切です。

 

Sponsored Link

 

・「使っていないアプリは完全に閉じる」

便利がゆえ、色んな機能を一緒に使っていると、その分バッテリーへの負担はどんどん大きくなっていきます。

 

それが原因で、熱も蓄えていってしまうので、その場合は、使っていないアプリは完全に閉じましょう。

 

盲点なのが、ホームボタンで閉じたアプリ。

 

これは「バックグラウンドアプリ」と言って、完全にはオフになっておらず、動いている状態なのです。

 

これがスマホの負担を大きくしてしまっているので、このようなアプリはホームボタン2度タップでスライドさせて完全に閉じましょう!

 

 

 

・「スマホ冷却グッズを使って冷ます」

今はスマホを冷やすのに手っ取り早い便利なグッズもあります。

 

いくつかご紹介するので、参考にしてください!

 

「スマホ 冷却シート motomo COOLING PAD」

スマホとケースの間に貼るだけというお手軽冷却シートです。

 

人間でいう熱さまシートですね(笑)。

 

バッテリーの温度を下げることによりバッテリーの節約はもちろん、電磁波も遮断してくれます。

 

低温の性質を持っているグラファイト(黒鉛)元石の粒子を加工してシート型にしている特許商品。

 

本体内部のバッテリー、又はバッテリー側の本体面に貼り付けて使います。

 

これを貼るだけで約5℃温度を下げてくれます。

 

 

 

「スマホ用冷却クーラー ファン付 横置き縦置き両対応」

スマホ専用の扇風機。

 

風量が3段階で調節でき、バッテリーが内蔵してあるので、事前に充電しておけば持ち運び使用も可能です。

 

1回の充電で3~4時間使用可能ですよ。

 

スマホを挟んで使用するタイプなので、落とす心配も少ないですし、スタンド式なので、そのままスマホスタンドとしても使えて一石二鳥の優れもの。

 

スマホと接する部分には放熱性の高いアルミ素材を使用しているので、冷却効果も高めです。

 

 

 

「スマートフォンホルダー クールファン」

こちらもファンで冷やすタイプのアイテムですが、車で使う時に重宝するカー用品。

 

アダプタをシガーソケットに挿入して、USBコードを繋いで使用します。

 

ナビアプリを使っている時は、GPSでずっと通信しっぱなしなので、かなりのバッテリーを使い、その熱で画面が途中でフリーズしたり、消えてしまう事もありますよね。

 

そのせいで道を間違えて焦ってしまった方も少なくないはず。

 

そうならない為に、ファンの風で冷やしながら使えるのでとても便利です。

 

ホールドしたまま角度調整できるので、スマホの画面を見やすい位置に調整できます。

 

 

 

「スマホ用過熱防止保冷剤」

保冷剤で冷やすのも一つの手ですが、冷凍から溶ける時の結露が気になりますよね。

 

こちらの保冷剤は、常温では固い状態で、熱を加えていくと柔らかくなっていくという、ちょっと不思議な保冷剤なんです。

 

常温で復活するので、冷蔵庫や冷凍庫いらず。

 

32度で固まったり溶けたりを繰り返し、 30℃以下の場所であれば、溶けませんので、冷房の効いた少し涼しい部屋に置いておいたり、流水で冷やすとすぐに復活してくれます。

 

使い方は簡単。 熱くなるスマホやゲーム機の裏にあてるだけ。

 

柔らかくなってきたら熱を吸った証拠。

 

スマホから外して常温で放置すれば、何度も繰り返し使えます。

 

気になる結露も発生しないので、スマホにも優しいですよ。

 

Sponsored Link

 


 

これからの季節、特にスマホの熱が上がりやすくなっています。

 

 

気にせずそのまま使い続けて故障した、もしくは発火事故で取り返しのつかない事になり怪我をした、なんて事になっては大変です。

 

 

お手軽冷却便利グッズもたくさんありますので、上手に活用して快適なスマホライフを送ってくださいね。

 

 

 

以上がシェアインフォ―メーションが紹介する「スマホが熱くなる原因と対策!急激に冷やすなら冷却グッズがおすすめ」でした。

Sponsored Link

関連記事

ハンドスピナーのおすすめ!デザイン重視で選ぶならコレ!

「ハンドスピナー」は、指先に乗せてクルクルと回す、ただそれだけのおもちゃだと思っていませんか?

記事を読む

車のエアコンの臭い、どうしたら消える?徹底掃除でクリーンな空調に

夏の季節は、車の窓を全開にして走るドライブが最高ですが、だんだん暑さが厳しくなっていくと窓から熱風が

記事を読む

simフリースマホ・タブレットとは?子供でも理解できる説明書!

ご存じと思いますが、「SIM」とはスマホやタブレットに入っている小さなチップの事!  

記事を読む

bluetoothのヘッドホンでコスパ重視のおすすめ2018!

音楽を聴く際に使用するアイテムのヘッドセットですが、大きく分けてイヤホンとヘッドホンがありますよね。

記事を読む

顔のテカリが気になる男の対策には人気美容グッズでスッキリに!

ギラギラ照り付ける太陽。 いよいよ本格的な夏の到来ですね。   でもそん

記事を読む

ユピテルのドライブレコーダーでおすすめの売れ筋機種2018

万が一運転中に事故を起こしてしまった時に、あなたにとって頼もしい味方になってくれるものが「ドライブレ

記事を読む

緊急地震速報の通知がウザい!各スマホで簡単な消し方

地震大国の日本にいれば、一年のうちに何度かは携帯の緊急速報などの通知がきますよね?  

記事を読む

ハワイのお土産で女子ウケ抜群な物!人気は雑貨・コスメ?

日常から離れてハワイに海外旅行!     ハワイを満喫し、帰り

記事を読む

ヒアリ(火蟻)の特徴を画像で知ろう!発見した・刺された場合は?

最近は聞かない事がないくらい頻繁に耳にする『ヒアリ』という言葉。   &nbs

記事を読む

ペッパーくん本体の値段はいくら?レンタルする最安値は?

2015年にソフトバンクより発売されたPepper(ペッパー)くん、愛くるしい表情としぐさで世間の評

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑