アイススケートで大阪の安い人気スポットといえば?

冬がやってくると、楽しみになるのが『ウインタースポーツ』。

 

 

しかし、ウインタースポーツは、用具を揃えたり、雪道を登って行かなければならなかったりと、やり始めるまでの準備に時間が掛かり、やってみたいけれどなかなか重い腰が上がらない人も多いのではないでしょうか?

 

 

そんな方におすすめなのが『アイススケート』です。

 

 

スケート場は、スキー場などに比べて行きやすいですし、暖かい格好で行けば、靴はレンタルでき手ぶらで遊べます。

 

 

フィギアスケートの人気により、最近ではシーズン中は特にアイススケート場も盛り上げっていますしカップルも多いのでデートスポットとしても人気ですよ!

 

 

そこで今回は、大阪で比較的安いおすすめのアイススケート場をいくつか紹介したいと思います。

 

 


 

大阪でおすすめスケート場・『浪速スポーツセンターアイススケート場』

 

こちらのアイススケート場は、「浪速スポーツセンター」というスポーツの複合施設の中にあります。

 

 

60m×30mの国際規格のスケートリンクを完備しており、嬉しい事に通年通して利用できるので、夏でもアイススケートを楽しむ事ができます。

 

 

アイススケート教室も開催されているので、初心者さんでも安心して利用でき、貸し靴以外にもヘルメット・ひざ当て・ひじ当ての貸し出しも行っており、大人から子供まで、友達と家族と、デートにもと、様々のシーンで利用可能です。

 

 

最寄駅から徒歩5分という好アクセスなので、交通も便利です!

 

・利用料金

大人1回券 1,400円 / 回数券(11回券) 14,000円 / 定期券(1ヶ月) 8,400円

 

中・高校生1回券 800円 / 回数券 8,000円 / 定期券 4,800円

 

小学生1会見 600円 / 回数券 6,000円 / 定期券 3,600円

 

高齢者(65歳以上)1回券 800円 / 回数券 8,000円 / 定期券 4,800円

 

※中・高校生は学生証、高齢者(65歳以上)の方は確認できるものが必要

※幼児は無料。大人1名につき2名まで入場可能

 

スケート用靴 400円/1足

スケート用ヘルメット・ひじあて・ひざあて 無料(数量限定) 手袋 300円※販売

 

<利用時間>

10:00~19:00(受付18:30まで)※大会開催時には営業時間が変更となる場合あり

 

<定休日>

12月31日・1月1日 ※大会開催時には臨時休館となる場合あり

 

<駐車場>

30分200円

 

 


 

大阪でおすすめのスケート場・『八幡公園アイススケート場』

 

八幡公園は、豊かな自然・広大な芝生広場・美しい花々・そして遊具でも遊べたりと、大阪では非常に人気スポットで、そこに併設されているのがこちらのスケート場です。

 

 

八幡スポーツパークセンターというスポーツの複合施設の中に位置し、夏の期間は50メートルプール・飛び込みプールで使われている場所を凍らせてアイススケートリンクにして使用されています。

 

 

30m×60mと、とても大きなリンクになるので、フィギュアやホッケーなどの競技の練習場としても重宝されています。

 

 

<利用料金>

大人(16歳以上65歳未満)当日券 1,400円 / 回数券(11回券) 14,000円 / 定期券(1ヶ月) 8,400円

 

子ども(16歳未満) 当日券 800円 / 回数券 8,000円 / 定期券 4,800円

 

高齢者(65歳以上) 当日券 800円 / 回数券 8,000円 / 定期券 4,800円

 

※6歳未満の利用料金は無料。ただし、保護者の付き添いが必要。貸し靴料は有料です。(保護者1名につき幼児2名まで)

※6歳以上の方で、見学される方は、付添観覧料(200円)が必要。

 

スケート貸し靴:400円 ヘルメット:貸出無料  スケートリンク用ソリ:30分300円(障がい者は無料)

 

<利用時間>

9:00~19:00(最終入館:閉館時間の45分前、最終滑走は閉館時間の15分前)※11月上旬~翌4月上旬

 

<定休日>

月曜日(不定)・年末年始 

※専用使用・施設点検等のため、利用できない日または時間あり

 

<駐車場>

8:00~20:00 30分200円 

20:00~8:00 60分100円(118台)

 

 


 

大阪でおすすめのスケート場・『東和薬品RACTABドーム』

 

夏のシーズンはプールで、冬にはアイススケート場に変身する施設で、大規模なスケート施設として人気を集めているスポットです。

 

 

リンクは60×30mのメインリンク、30×18mのサブリンクの二つ完備し、小さいサブリンクは主に練習用に利用されるので初心者の方にも安心して利用できます。

 

 

リンクが二つある事で、冬の混雑するシーズンでも快適にアイススケートを楽しむことができ、土日祝の一般開放時のみ12:30と15:00の2回サブリンクにて無料のワンポイントレッスンも行われています。

 

 

最寄駅からも近いので、家族連れや冬のデートスポットとしても人気です。

 

 

<利用料金>(12月中旬~翌3月下旬)

大人(高校生相当年齢以上) 1600円

小人(4歳以上の幼児、小学生、中学生) 930円 観覧 140円

貸靴料(1足)520円  ヘルメット無料貸出(数量限定) 氷上そり 30分500円

 

<利用時間>

午前9:00~12:00(リンク退出12:00)

午後12:30~17:00(リンク退出17:00)

夜間17:30~21:00(リンク退出20:45)

 

<駐車場>

30分 150円 最大1500円(335台)

 

 


 

大阪でおすすめのスケート場・『ひらかたパーク』

 

ひらかたパークと言えば遊園地のイメージが強いと思いますが、冬にはウインターカーニバルと呼ばれるエリアが登場し、アイススケートが楽しめます。

 

 

スケート場は園内にあるので、冬場は遊園地とアイススケートの両方を楽しむ事ができるのです。(別途入園料必要)

 

 

スケートエリアでは、メインリンク・サブリンク・ベビーリンクの3つがあり、大人から子供まで幅広い年代で楽しむ事ができますよ!

 

 

期間限定のイベントですが、例年12月~翌2月くらいまで開催され、毎年多くの方が訪れています。

 

 

<利用料金>

大人(中学生以上) 2000円(入園料1400円+ウインターカーニバル入場料600円)

子供(小学生以下) 1200円(入場料800円+ウインターカーニバル入場料400円)

靴貸出 600円 ヘルメット 無料

 

<利用時間>

平日 12:00~17:00

土日祝日 10:00~17:00 ※変動する場合あり

 

<駐車場>

全日1500円

 


 

大阪でおすすめスケート場・『大阪府立臨海スポーツセンター』

 

年中滑走可能なアイススケートリンクを完備した複合スポーツ施設です。

 

 

本格的なスケート競技や練習が出来ることでも人気ですが、複合スポーツ施設だけあって、バスケ・バレー・テニス・フットサルなど、あらゆるスポーツに対応した施設になっています。

 

 

とにかくアクティブに身体を動かしたい人にはおすすめで、スポーツデートをする時には最適な場所です。

 

 

フィギュアやスピードスケートの大会会場にもなっているので、本格的なアイススケートを楽しむ事ができますよ。

 

 

<利用料金>

大人(高校生以上)フリータイム 1300円 回数券(11回券)13000円

子供(4歳以上中学生以下)フリータイム 890円 回数券(11回券) 8900円

観覧券 130円 12枚綴り券 1500円

貸し靴料 500円

 

<利用時間>

月~土 11:30~17:30 日・祝日 10:30~17:30

 

<定休日>

毎週木曜日(祝日営業)・年末年始12月31日~1月1日

 

 

<駐車場>

60分100円 最大料金800円

 

 


 

いかがでしたか?

 

 

スケートは冬季だけではなく、通年通して楽しめるスポットもたくさんあるんですね。

 

 

得意な人も初心者の方も、手ぶら楽しむ事ができるお手軽なウインタースポーツのアイススケートを楽しんでみて下さい!

 

 

以上がシェアインフォ―メーションが紹介する「アイススケートで大阪の安い人気スポットといえば?」でした。

関連記事

登山の帽子の中でも、おすすめメンズキャップは?登山キャップ特集

現在では若年層にもブームが訪れている登山は、今や老若男女愛される、アウトドアスポーツとなっています。

記事を読む

ロードバイクで初心者におすすめする比較的安く性能も十分なブランド

アニメの影響もあってか、老若男女の間でブームになっているのがロードバイク。  

記事を読む

夏のランニングの服装ならスポーツブランドで!メンズの新作・人気を紹介

すっかり夏の陽気になり、そろそろ健康の為にも身体を動かそうかな?なんて考えている方も多いのではないで

記事を読む

フライボード体験なら関西にいっぱいあるで!人気スポットはここやで

噴射装置を足に装着して、その噴射力で水上を飛び回ることのできる新しいマリンスポーツ「フライボード」。

記事を読む

フルマラソンの距離が中途半端な理由!世界記録の時速はどれくらい?

日本のランナー人口は約900万人(2016年 笹川スポーツ財団)、空前のマラソンブームの中で、みなさ

記事を読む

オークリーのサングラスでおすすめは?スポーツ別で人気を紹介

屋外でスポーツをする時に欠かせないアイテムの一つがサングラス。    

記事を読む

ランニングウェアの冬物!メンズでアディダスのおすすめ2017

健康増進・ストレス解消・趣味として大人気のランニングですが、秋冬あたりから始めようとする人にとっては

記事を読む

関西で春のハイキングを満喫!全然しんどくなく楽しめるスポットを紹介

山好きな人、植物や動物が好きな人、歩くのが好きな人・・カップルからアクティブシニアまで誰でも楽しめる

記事を読む

スノーボード初心者にピッタリの板(ボード)は?選び方の基準も紹介

もうすぐスノーボードシーズン到来!   毎年レンタルボードばかりだけど「今年こ

記事を読む

ボルダリングを東京で体験するおすすめジム7選!利用料金も紹介

ロープを使わず、手足の力だけで巨岩を登る「ボルダリング」。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑