厄年での厄祓いを神社で受ける時期・服装・持ち物・料金は?

厄年を簡単に説明すると、人生の中で数回訪れる災厄に遭いやすいといわれる年齢のことです。

 

 

つまり運の悪い年回りということです。

 

 

平安時代から人々に広く信じられている風習として、陰陽道に期限があるといわれています。

 

 

科学的な根拠があるものではないようですが、人間はある程度に年齢に達すると体も衰えてきたりすることもあるので、その戒めというのもあるのかもしれません。

 

 

厄年は、男性と女性で違いがあります。

 

 

男性の厄年は、数え年で25歳・42歳・61歳とされ、時に42歳は大厄と言われて、最も注意をしなければならない年齢です。

 

 

女性の厄年は、数え年で19歳・33歳・37歳とされ、大厄は33歳となります。

 

 

男性・女性ともに、厄年の前後3年間は注意しなければなりません。

 

 

大厄の前年(男性は41歳・女性は32歳)を前厄、大厄の翌年(男性は43歳・女性は24歳)を後厄と言い、大厄はその前後の年にも災厄が及ぶとされています。

 

 

厄年は、一般的にはこのように言われていますが、神社仏閣毎によっては多少異なっていることがあります。

 

 

また数え年に基づくのが一般的なのですが、まれに満年齢に基づくこともありますのでご注意ください。

 

 

そんな厄年に欠かせないのが「厄払い」です。

 

 

厄払いにはどんな意味があって具体的にどんなことをするのか?厄払いを受ける時期・服装・持ち物・料金についてまとめてご紹介します。

 

 


 

【厄祓い・厄除けとは?】

特に大厄の年回りが多いのですが、平穏無事に過ごせるように祈祷を受けることを「厄祓い」・「厄除け」と言われています。

 

 

神社で受ける祈祷は「厄祓い」と言い、お寺で受ける祈祷は「厄除け」と言います。

 

 

どちらが効果があるとかはなく、厄年を迎える方の信仰や地域の神社やお寺の中から家族と相談して決められるのがいいかと思います。

 

 

大切なことは、きちんと気持ちを込めてお参りをすることだということをお忘れなく。

 

Sponsored Link

 


 

【厄祓い・厄除けを受ける時期は?】

 

厄祓い・厄除けを受ける時期は、一般的にはお正月から節分までに、時間帯は午前中や日中に済ませるのが良いと言われています。

 

 

 

新年に祈祷をすませ、一年間をすっきりと過ごしたいという気持ちもあるように、実際にこの期間で行った方が多いです。

 

 

ただし、お正月から節分の期間までに必ずしなければいけないというものでもなく、どの神社仏閣も基本的には一年中受け付けを行っています。

 

 

神社仏閣での受付は、随時受付をして祈祷を行うところもあれば、事前に予約が必要なこともあるので、御祈祷を受けられる際には事前に確認をすることをおすすめします。

 

Sponsored Link

 


 

【厄祓い・厄除けを受ける際の服装や持ち物】

 

神社では昇殿参拝となり、神社仏閣で祈祷を受けることですから失礼のないように男女ともに正装で受けることとなります。

 

 

男性はスーツやジャケット着用、女性は正座をする場面もあるかもしれませんので、タイトなものよりゆったりとしたスカートがおすすめです。

 

 

男女共、紺・黒の服装がベストで、下着やハンカチなどは白色や新しいものを選びましょう。

 

 

靴を脱いで社殿にあがりますので、靴や靴下にも気を使い、女性の場合は生足では失礼とされることもありますのでご注意を。

 

 

持ち物では、お札を持ち帰るための手提げや風呂敷などを用意しておくと便利です。

 

Sponsored Link

 


 

【厄祓い・厄除けの料金は?】

 

厄祓い・厄除けの祈祷料は、3千円~1万円(新札orピン札)とされています。

 

 

それぞれの神社で異なりますが、この間で何段階かに分かれているのが一般的です。

 

 

例えば「3千円・5千円・7千円・1万円」のようにきちんと明確に表示されていますのでご心配なく。

 

 

この場合の金額の違いは、祈祷後にいただくお札(御祈祷符)の種類や大きさ、お神酒といったものが付いてくるかどうかの差となり、わからなければ事前に電話で問合せをしても大丈夫です。

 

 

ただ、神社に問い合わせても「お気持ちでお願いします」と言われることもありますので、その際は上記の予算に合わせて考えてみてください。

 

 

今では各神社のホームページで費用とお札やその他いただける物が公開されていることもあるので参考にしてください。

 


 

【厄祓い・厄除けでいただいたお札はどうすればいいのか?】

 

厄祓い・厄除けを受けていただいたお札については、特別な指定がなければ神棚にお札が重ならないようにして置いてください。

 

 

家に神棚がなかったり、狭くてお札が置けない場合は、家の中心から見て北側か西側に、それぞれお札の正面が南向き、東向きになるよう設置します。

 

 

高さは視線より上になるように、柱か壁にお札本体に傷が付かないように、白い紙などで包んで糊を使って貼るようにし、決してピンなどで刺さないようにしてください。

 

 


 

厄年という言葉はよく聞くのですが、ちょっと難しく感じられ、神社やお寺で祈祷を受けることを、考えたことない方もたくさんいたかと思います。

 

 

しかし、金額的にも内容を見てもそんなハードルの高いものではありません。

 

 

平穏無事に過ごせる心の安らぎを考えると、御祈祷を受けて前向きな気持ちになるというのが、一番の健康法とも言えるのではないでしょうか?

 

 

以上がシェアインフォ―メーションが解説する「厄年での厄祓いを神社で受ける時期・服装・持ち物・料金は?」でした。

 

Sponsored Link

関連記事

造幣局の桜の通り抜け!見所・おすすめアクセス方法も紹介!

立春も過ぎ、あたたかい春が待ち遠しいですね。   春といえば桜。そしてお花見で

記事を読む

親の借金は子供が払う義務や責任はない!家族を助ける最善策は?

親のお金のトラブルは、これまでの幸せだったあなたの生活を一変する程のインパクトがあります。 &

記事を読む

中絶が初期の場合、費用の相場と手術の流れ!

母体の健康状態や経済的な理由、望まれない妊娠など、日本の母体健康法に基づき、人工妊娠中絶を選択せざる

記事を読む

同棲で家電を揃えるだけで費用はいくらかかる?予算はいくら必要?

付き合っているカップルが結婚を見据えて一緒に生活しようと同棲を考え始めるのはごく自然な流れですね。

記事を読む

女子会のランチに最適!東京の銀座で女子会にピッタリなお店を紹介

日に日に暖かくなり、春の気配が感じられるようになってきましたね。   冬の寒い

記事を読む

初任給で父親のプレゼントにおすすめは?50,60代が喜ぶ物

会社に入社して初めてもらう初任給は、お世話になった人への感謝の気持ちとして使いたいもの。 &n

記事を読む

ふるさと納税の仕組みを簡単解説!!うまく活用して節税上手に!

そもそも「ふるさと納税」って何なのかきちんと知っていますか?   よく「ふるさ

記事を読む

香典返しのマナー!時期や金額相場は?

人が亡くなった時、故人を偲んでお通夜や葬儀に参列してくれた方がお悔みの気持ちとしてお供えする「香典」

記事を読む

ヘリコプターから夜景を満喫!大阪で遊覧飛行ができる場所を紹介

皆さんは『大阪』と聞いて、まずは何を連想しますか?   美味しい食べ物ですか?

記事を読む

誕生日プレゼントを上司に贈る!30~40代女性が喜ぶおすすめは?

毎日様々なシーンでお世話になっている会社の女性上司。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑