セブ島の治安や物価情報!夜遊びは危険?食べ物や衛生面はどうなの?

フィリピン中部のビサヤ諸島にあるセブ島は、日本から約5時間で到着できるリゾート地として注目を集めていますよね!

 

 

旅行としてはもちろん、有名なダイビングスポットもあり、ダイビング愛好家からの評価も高く、語学留学の地として選択する学生も多くいます。

 

 

人気急上昇中のセブ島ですが、いくら人気と言っても海外ですし、フィリピンは東南アジアの発展途上国です。

 

 

少し心配なポイントもありますよね・・・。

 

 

始めに思うのはやっぱり「治安」ではないでしょうか?

 

 

海外で日本人が事件に巻き込まれたなんてニュースも珍しくありませんからね。

 

 

そこで今回は、セブ島の治安事情と物価事情、そして食の事情などを紹介していきたいと思います。

 

 

事前に知っておけば安心して旅行にもいけるので参考にしてください!

 

 


 

【セブ島の治安は良いの?悪いの?】

前述したとおり、セブ島があるのはフィリピンです。

 

 

結論から申しますと、セブ島の治安はフィリピンの他の地域よりかは良いという声が多く聞かれます。

 

 

それなら安心して観光できる・・・っと、安易には思わないで下さいね。

 

 

治安が良いとは言われますが、多くはセブ・リゾートと呼ばれる地域の事を指している場合が多いのです。

 

 

一般的にセブ・リゾートと呼ばれる場所は、マクタン・セブ空港が位置するマクタン島の事を言います。

 

 

なぜなら、多くのリゾートホテルは、このマクタン島に集結しているからです。

 

 

ここももちろん海の美しいリゾート地で、空港からすぐですし、初めての方なんかは、このマクタン島だけでも十分満喫できるので、このリゾート施設でほとんどの時を過ごすという人もいるほど。

 

 

そして、マクタン島から少し離れたセブシティには、巨大ショッピングモールがあり賑わいもあります。

 

 

また、こちらにはビジネスホテルも多数あり、ボボール島などにまで少し足を伸ばせば、ダイビングで有名なスポットにも行く事が出来ます。

 

 

このように、一口にセブ島と言っても、観光・滞在する場所によって、治安状況に差が生じてきます!

 

 

より安全な旅行にする為にも、スポット別に治安状況をいくつか紹介します。

 

 

①「マクタン島・セブリゾートエリア」

リゾートホテルが立ち並ぶマクタン島の観光エリアで、空港からも近く、リゾートホテル内は安全エリアです。

 

とは言え、貴重品の管理は厳重に。ロッカーがあるのであればそこへ、むやみに高額なお金は持ち歩かないのが鉄則です。

 

 

昼間は日本人観光客も多く見受けられ、外出しても特に問題ありません。

 

 

大型のショッピングモールもあるので、このエリアだけでもかなり楽しむ事が出来ます。

 

 

しかし、そのエリアから離れてしまうと、夜は薄暗く、特に1人では外出しない方が良いです。

 

 

安全の為にタクシー移動をする際は、路上で捕まえるタクシーには特に注意が必要です。高額な料金請求には気を付けて下さい!!!

 

 

出来る限り、ショッピングモール内で捕まえたタクシーに乗る方が安全ですよ。

 

 

 

②「セブ島・リゾートエリア」

マクタン島からセブ島に入った先にも、リゾートホテルが立ち並んだ場所があります。

 

 

ホテル内は基本的には安全な場所なので寛ぐことはできるのですが、ホテルから外に出ると少し注意が必要です。

 

 

というのも、セブ島のリゾートエリアを抜けると、そこはあっという間に田舎の景色が広がります。

 

 

道路も舗装されている場所が少なく、昼間でもスリなどの被害に遭う事も少なくありません。

 

 

そんな場所では出来るだけ一人での行動は避け、移動も徒歩は控えた方が良いです。夜間の外出も控えましょう。

 

 

 

③「セブ島・シティエリア」

大型ショッピングモールやビジネスホテルが立ち並んでいる場所ですが、ここでは以前銃撃事件が起こっている場所です。

 

 

ショッピングモールの買い物客を狙ったスリや置き引きなども頻発しています。

 

 

また、観光客をターゲットに物売りをしてくることもあり、それが実は麻薬だったなんて事もありますので治安は悪いですね。

 

 

外出の際は細心の注意が必要で、興味本位の夜の外出なんてご法度です。

 

 

 

④「セブシティ・マンゴーストリート」

ストリートチルドレンと呼ばれる子たちが多い場所です。

 

 

裸足で歩いている子や、瘦せ細った子を見て、少しだけならと食べ物を分けたりしてはいけません・・・。それが彼らの手口だからです。

 

 

子供だから大丈夫と気を許すと、隙をついて現金やスマホなどを盗まれるケースが頻発しています。

 

 

特に、昼間の繁華街や夜のクラブは治安が悪いので要注意です。

 

 

 

⑤「マリバゴ付近 」

マクタン島のリゾートエリアから少し離れラプラプ方面に向かうと、片言の日本語でアイランドホッピングなどに誘ってくることがあります。

 

 

旅の思い出にとついつい承諾してしまうと、初めの金額こそ安いですが、どんどん追加料金が嵩んで高額請求されるケースが後を絶ちません。

 

 

目先の金額に騙されないように注意が必要です。

 

 


 

【セブ島の物価はどのくらい?】

セブ島の物価は日本に比べてかなり安いです。

 

 

物によっては日本と同じくらいに金額のものもありますが、有名なマンゴーや、ペットボトルの飲料水などは格安で手に入ります。

 

 

また、タクシーの初乗り運賃や、外食の韓国料理や地元のレストラン、マクドナルドも日本よりも安く利用できます。

 

 

現地での料金をいくつか紹介していきます。

 

 

①「マンゴー」

温暖なセブでは多くのフルーツが採れますが、中でもマンゴーは定番品。

 

日本では安くても1個300円くらいですが、1キロ大体4個前後で約190円と激安!!!

 

 

 

②「ミネラルウォーター」

セブの水道水を飲む事は出来ません。ですので、飲料水は買うのが当たり前で値段もかなり安いです。

 

500ミリのペットボトルで約40円。2本買っても100円程度です。

 

 

 

③「アルコール(ビール)」

ホテルの近くにあるスーパーなどで買えば安く済ませる事ができ、瓶ビール小瓶は約95円。缶ビールでも120円前後。

 

 

スナック菓子も80円くらいなので、お酒とつまみを買ってホテルで酒盛りでも十分楽しめます。

 

 

カップラーメンも80円くらいで買えちゃうので、持ち込みするより安いかもしれませんね。

 

 

ちなみに、バーで飲んでもビールは150円、ワインは250円くらいと安い事は安いです。

 

 

 

④「外食・レストラン・ファストフード」

フィリピンでも日本食は高級の部類に入るので少々お高めですが、地元のローカル食堂や焼き肉店などはかなり安いです。

 

 

セブ島には韓国系の焼き肉店が多く、食べ放題を実施している所も多くあり、店舗により多少の差はありますが、食べ放題で約800円前後と日本の半額以下と言ってもおかしくない金額ですよね。

 

 

フィリピン料理もローカル食堂なら1000円くらいでがっつりディナーも楽しめちゃいます。

 

 

また、日本でも人気のマクドナルドはセットを買っても500円以下とこちらもお得です。

 

 

 

⑤「公共交通手段」

セブ島の徒歩移動は心配という時によく利用するタクシーの運賃がかなり安いです。

 

 

セブ島の初乗り運賃は約100円程度。追加料金も10円ずつとかなり良心的。というか安すぎですよねw

 

 

また、日本で言うバスにあたる「ジプニー」初乗り4キロ約20円。

 

 

行き先が車体に書いてあり、乗り方はタクシーの様に路上で手を挙げて止めます。

 

 

特殊なのが降車時。日本の様にボタンなどはありませんので、降りるときは車内の天井をコインで叩いたりして運転手に知らせるというルールになっています。

 

 

 

⑥「ダイビング・シュノーケリング・マッサージ」

セブ島と言ったら海。ダイビングやシュノーケリングも人気です。

 

 

こちらのツアー代金も日本のツアーより格安です。

 

 

ダイビングは2ダイブで約12,000円と同じ金額で2倍楽しめますし、シュノーケリングも2,000円前後と日本の半額以下。

 

 

マッサージやスパも安い場所だと1時間1,000円以下で出来る所もありますよ。

 

 

 

⑦「高級レストラン(ディナー)」

意外と穴場なのが高級レストラン。

 

 

安い地元の食堂などで済ませてしまいがちですが、高級レストランも日本で行くよりもかなりお得になります。

 

 

ランチの金額は日本とあまり変わりませんが、ディナーの金額はアルコールを頼んでも3,000円前後。

 

 

この金額で日本では2~3倍の金額を払わなければ食べられないコース料理などを堪能する事が出来ますよ。

 

 


 

【セブ島の衛生面は?】

前述したとおり、セブ島の水道水は飲料用には向きませんので、くれぐれも間違って飲まないように気を付けて下さい。

 

 

また、市内はタクシーやジプシーなどが多く走っており排気ガスが非常に多くなっているので、手洗いとうがいはこまめに行う事をお薦めします。

 

 

特に気になるトイレはというと、残念ながら日本のような綺麗なトイレを求めてはいけません・・・。

 

 

ホテル内のトイレはもちろん設備が整っている所が多いですが、ショッピングモールなど外に出てしまうと、トイレットペーパーも置いていない所も多いのです。

 

 

除菌のウエットティッシュはもちろん、ティッシュペーパーなども常に携帯しておいた方が良いですよ。

 

 


 

【セブ島の食事はどのようなメニュー?】

 

セブ島があるのはフィリピン。フィリピン料理と言われてもピンと来ない方も多いかと思いますが、名物と呼ばれるローカルフードもいくつか存在します。

 

 

押さえておきたいのは「シシグ・レチョン・シニガン」。

 

日本人の口に合うような味付けになっているのでおすすめです。

 

 

フィリピンのローカルフード・「シシグ」

参照元URL https://twitter.com/

 

フィリピン料理と言えばコレと名高い代表料理。

 

 

豚肉の頬肉や耳を細かく刻んで炭火で焼き、ガーリックや唐辛子を混ぜ、醬油や酢で味付けしたもの。

 

 

ご飯のお供にもつまみにもピッタリです。

 

 

フィリピンのローカルフード・「レチョン」

 

参照元URL https://twitter.com/

お祝い事には必ずと言っていいほど出てくる料理で、豚の内臓を取り除いた丸焼き。

 

 

店の前に丸焼きの豚があったりとインパクト抜群ですが、じっくりと時間をかけて焼いてあるので油が落とされ、見た目以上にさっぱりと食べやすい仕上がりです。

 

 

フィリピンのローカルフード・「シニガン」

 

参照元URL https://www.pinterest.se/

魚介や牛肉をメインにした伝統的なスープです。

 

 

少し酸味があるので、さっぱりと頂くことができ、こちらは入れる食材により風味も異なるので、それぞれのオリジナルの味が楽しめます。

 

 


 

日本からも近く、きれいな海が魅力のセブ島です。

 

 

どこの国にも共通している事ですが、マナーとルールを守れば楽しい旅を満喫できます。

 

 

治安もかなり悪いという訳ではありませんが、

①観光客があまり近寄らない場所には興味本位で行かない

②夜間の一人歩きは控える(場所によっては女性の昼間の一人歩きも)

③日本と衛生環境が違うので、常備薬はいくつか持っていく(虫よけスプレーも)

④必要最低限の金銭は持ち歩かない、貴重品は鍵のかかる場所へ

などの注意点をしっかりと頭に入れておくとより安心して旅を満喫できますよ。

 

万が一の現地でトラブルが生じた時の緊急連絡番号はこちら↓

 

警察 166

救急車 161

消防車 160

 

何かあった時はお役に立ててください!

 

以上がシェアインフォ―メーションが紹介する「セブ島の治安や物価情報!夜遊びは危険?食べ物や衛生面はどうなの?」でした。

 

関連記事

たけのこ狩りができる関西の人気スポット2017!

4月から全国でたけのこの収穫が始まります。 皆さんの殆どはスーパーで買ってきたたけのこをいつも

記事を読む

渋谷で安い駐車場を厳選!最大料金も1200~2500円と穴場!

渋谷は新宿、池袋に次ぐ三大副都心の一つ。   若者の街として常に人でいっぱい!

記事を読む

ぶどう狩りは関東人気スポットで!2016ぶどう狩りスポットを紹介

夏休みの子どもたちを楽しませる場所を探すのは一苦労ですよね・・・   テーマパ

記事を読む

造幣局の桜の通り抜け!見所・おすすめアクセス方法も紹介!

立春も過ぎ、あたたかい春が待ち遠しいですね。   春といえば桜。そしてお花見で

記事を読む

大阪の夜景をドライブで!車で行けるスポットをマップで紹介

日頃のストレスや悩みを吹っ飛ばすには、夜景をボーっと見ているだけでも癒されますよね。 &nbs

記事を読む

天王寺の駐車場で安いパーキングを紹介!おすすめはココだ!

天王寺もより一層発展してきましたね。   あべのハルカス・Qs MALLができ

記事を読む

ママ友とのトラブルは避けたい!よくある3つの原因の解決策を紹介

子供が幼稚園や保育園、小学校に上がるとママ友同士の付き合いも始まります。  

記事を読む

USJが目の前の駐車場!以外と知らない穴場駐車場を紹介!

「USJに行きた~い!」長期の休みが始まれば、子供達が特に毎日呪文のようにつぶやき出しますね~ w

記事を読む

母の日にはスイーツをギフトで!人気・おすすめは?

母の日は、いつもお世話になっているお母さんにプレゼントを上げたいですね!  

記事を読む

関東のハイキング!春の季節ならどこがおすすめ?

暖かくなってくると休日は外に出かけたくなりませんか?   春になると多くの人が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑