旦那の小遣いで平均はいくらぐらい?20代・30代・40代の相場

「今月ちょっと厳しくて…」「申し訳ないけどまた今度飲みに行こう」「付き合いが多くて…、少しだけ前借りできない?」

 

 

よくマンガやドラマで聞くようなセリフですが、実際のサラリーマンにとってはあるあるの話です。

 

 

極度の亭主関白であるとか、共働きで財布はきっちり別々で自分の稼ぎは自分のもの!!と決めている家庭以外では、多くの旦那さんは小遣い制が普通です。

 

 

そこで気になるのが、同じような立場にある人の小遣いの金額ですよね。

 

 

そこで今回は、20代・30代・40代の年代別に、サラリーマンの平均月収とその金額からの小遣いの相場をご紹介します。

 

 

旦那にいくら渡そうか悩んでいる奥さん・貰っているお小遣いより少ない旦那さんは参考にしてみてください。

 

Sponsored Link

 


 

【20代の平均月収と小遣いの相場】

 

20代サラリーマンの月収の平均は、手取りの金額で約20万円前後となっています。

 

 

20代正社員の賞与を含めての平均年収は300~350万円程度が多い傾向にあります。

 

 

さらに細かく見ていくと、20代前半の平均は20万前後、20代後半になると平均金額は少し増えて23万~25万円くらいになっているようです。

 

 

20代で30万円オーバーの手取り金額を頂いている方は、かなり優秀な人材か、超大手の優良企業に勤めている方などに限られるという事です。

 

 

20代の小遣いの相場は、一般的に言われている給料の10%程度の金額と比例して、20,000~25,000円位が相場のようです。

 

 

とは言え、20代でも子供がいたり、共働きではない家庭は、給料がほぼ生活費に充てられるので、お昼は基本お弁当で、飲み代やたばこ代なども込みで10,000円という方も珍しくはないようです。

 

 

また、飲み代は別に貰い、酒もたばこもやらず、ランチはお弁当だからと、月5,000円という強者の方もいらっしゃいます。

 

Sponsored Link

 


 

【30代の平均月収と小遣いの相場】

 

30代サラリーマンの平均月収は、手取りで25~30万円前後となっています。

 

 

30代になると人によってはリーダー的なポジションになる人も増えてくるので、それに比例して手取りの金額も増えていきます。

 

 

とはいえ、30代も前半と後半の年齢では、月収にも差が出てきます。

 

 

30代前半は、手取りで30万を少し超える程度、30代後半の歳になってくると手取りで35万を超えの人も少なくなく、管理職の立場なら40万円近い金額を持って帰る人も多くなります。

 

 

この金額を見るとさぞかしお小遣いの金額も倍増しているかと思いきや、30代のお小遣いの平均でも3万円が相場になっています。

 

 

というのも、この年代になると子供の人数が増えたり、子供に掛かる費用が多くなっていくので、その分旦那さんに回ってくる金額が少なくなっているのです。

 

 

中には、月に15,000円程度の金額という人もいます。

 

 

お昼はお弁当、年齢的に奢らないといけない場合もあるので、飲み代などは別途貰えるとしても、嗜好品などは極力控えている人も多いようです。

 

Sponsored Link


 

【40代の月収平均とお小遣い相場】

 

40代になると、部長や課長、管理職になっている人も増えてくる年代です。

 

 

月収の相場としては手取りで35万円前後が相場となり、多い人でも40万円ちかく貰っている人も出てきます。

 

 

この年代になると、お小遣いの平均は少しアップして4万円程度が相場になっています。

 

 

というのも、子供の手が離れる人も増え、早く産んだ人なら子供は社会人デビューし自立しだしてくる年代なので、家庭の金銭面でも余裕が出てきます。

 

 

また、若い後輩や部下も増えるので、食事の時の会計は全額か割り勘でも多めに支払う事場面も多くなるため、都度催促されるよりは、ある程度の金額を持たせている家庭も多いようです。

 

 

さらに、現金でのお小遣いは2万円くらいでも、飲み代や交際費は別勘定ということで、それ用のクレジットカードを持たされている人もいます。

 

Sponsored Link

 


 

一般的にサラリーマンのお小遣いの平均相場は30,000円~35,000円程度と言われていますが、リサーチをしたところ中小企業に勤めている旦那のお小遣いはどこの家庭でもだいたいこの金額が相場となっていました。

 

 

しかし、実際は平均相場よりも低いお小遣いで頑張っているサラリーマンが多くいらっしゃいますが、そういった人は副業で自分でお小遣い稼ぎをしているみたいです。

 

 

収入増えども小遣い増えず…、厳しいご時世ですが、上手くやりくりして、もしも平均よりも低いのであれば、年に1回くらいはお小遣いアップを訴えてみても良いかもしれませんね。

 

 

以上がシェアインフォ―メーションが紹介する「旦那の小遣いで平均はいくらぐらい?20代・30代・40代の相場」でした。

Sponsored Link

関連記事

財布の色で金運が大きく変わる!お金の流れがよくなる色は?

長く使っているとお財布もだんだんよれてきますよね・・・   そんなに頻繁に買い

記事を読む

よく当たる宝くじ売り場で東京の有名な場所や高額当選者のジンクスとは?

「もし宝くじが当たったら」・・・     誰でも一度は夢見たこ

記事を読む

出産祝いで妥当な相場と理由!身内・職場・友達とケース別に分類

学生時代とは違い、社会人になると人間関係には一番気を遣いますよね。   それぐ

記事を読む

同棲で家電を揃えるだけで費用はいくらかかる?予算はいくら必要?

付き合っているカップルが結婚を見据えて一緒に生活しようと同棲を考え始めるのはごく自然な流れですね。

記事を読む

よく当たる宝くじ売り場で大阪の有名店と言えば?高額当選者のあれこれ

1枚300円の宝くじって、300円以上のワクワクを感じさせてくれます。   &

記事を読む

住民票の取得はコンビニが便利!やり方・料金・必要な物・時間帯は?

住民票の取得方法と言うと、住んでいる市町村の役所・役場に行き、窓口にて必要な書類を記入して発行される

記事を読む

冬のボーナスで20代後半の平均は?業種に分けた支給額2017

社会人になってみて、「あの人はどれくらいボーナスをもらっているんだろう?」っと、誰しもが気になってし

記事を読む

親の借金は子供が払う義務や責任はない!家族を助ける最善策は?

親のお金のトラブルは、これまでの幸せだったあなたの生活を一変する程のインパクトがあります。 &

記事を読む

年賀状(はがき)の書き間違えは交換を!手数料や時期、換金は無理?

これからやってくる年末、そして2018年の年明け、年始の挨拶と言えばの年賀状。  

記事を読む

暖房器具の電気代!1ヶ月の料金が1番安いのはどれ?

寒くなってくると手離せなくなるのが『暖房器具』。     中で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑