同棲で家具を揃える費用だけでも○○万円!最低限必要な物の相場

同棲をするにあたって、家具を一新する方が多いのではないでしょうか?

 

 

どちらかすでに一人暮らししている部屋に転がり込むにしても、大人が一人増えるという事は、衣類や食器など、とにかく物が増えるので家具のサイズも考えなくてはなりません。

 

 

同棲を機会に、家具を買い直す必要も出てきますがその分出費も増えていきます。

 

 

実際、必要最低限の家具を揃えるだけでいくらぐらいの費用が必要になるのでしょうか?

 

 

今回は、同棲で必要最低限揃える家具「テーブル・カーテン・寝具・収納家具・ソファ」の相場と、同棲で使うに十分で安めな家具をご紹介していきます。

 

 


 

【同棲の際に必要な家具の相場】

 

同棲で購入する『テーブル』の相場

 

部屋の間取りや広さにもよりますが、大きさ的には80㎝四方の2人用で事足りますが、来客が多いなどといった場合には、120cm〜140cm×80cmの4人用をチョイスしましょう。

 

相場としては、2人用のダイニングテーブルセットで10,000円以内で手頃なものが購入でき、4人用になると20,000~30,000円も出せば十分なものが購入できます。

 

リビングのテーブルのみならば、2人用は5,000円程度、4人用なら10,000円程度で揃える事ができます。

 

 

同棲におすすめで安めなテーブル・『ダイニングテーブルセット Salute【サルーテ】』

どこかレトロな雰囲気もある、北欧デザインのダイニングテーブルです。

 

 

80㎝四方で、二人で使うにはぴったりなサイズで、お洒落なカフェ風のデザインかつシンプルなテーブルです。

 

 

落ち着きのあるブラウンカラーに、傷や汚れが付きにくいコーティングが施されているのでお手入れも簡単。

 

 

椅子の背もたれも緩やかなカーブにより、背中にぴったりとフィットし、座り心地も抜群です。

 

Sponsored Link

 


 

同棲で購入する『カーテン』の相場

 

部屋のインテリアにも合わせたカーテンは必要になり、日焼け防止や外から見えるのをシャットダウンする為にも、カーテンは「遮光1級」のタイプを選ぶ方が良いです。

 

ドレープ2枚1組で3,000円前後、レースとセットにしても6,000円台くらいが相場になっています。

 

購入前に忘れず部屋の窓の尺はしっかりと図っておきましょう。

 

窓に寸法によってはオーダーになり、多少割高になる場合もあります。

 

 

同棲におすすめで安めのカーテン・『1級遮光カーテン&ミラーレースカーテン4枚組』

強い日差しをさえぎる1級遮光の生地を使用し、通常のカーテンより大きめのサイズで隙間も少ないデザインです。

 

 

カラーバリエーションとサイズも豊富で、レースカーテンとセットでお得な価格も魅力になっています。

 

 

アジャスターフック仕様で丈の微調整ができ、手軽に洗えるウォッシャブルタイプです。

 

 

室外からの冷気・暖気を抑え省エネ効果も期待できます。

 

Sponsored Link

 


 

同棲で購入する『寝具』の相場

 

同棲生活なので、ダブルベットで二人一緒に寝るのが一般的かもしれませんが、その後の事を考えて、シングルベット2つやセミダブルとシングルをくっつけて寝るのも有効的です。

 

布団を干したりするのも楽ですし、子供が出来た時なども別々にする事ができますからね。

 

相場としては、ダブルベットにマットレスが付いて50,000円前後で、シングルベッドのマットレス付きなら25,000円程度が相場です。

 

また、いくらベットだけがあっても、布団が無ければ意味が無いので、シーツや掛け布団など、一式揃えるとプラス20,000円位の予算は見ておきましょう。

 

 

同棲におすすめで安めな寝具・『マットレス付き ローベット ダブル 』

マットレスがセットになった宮棚付きフロアローベットです。

 

 

フレームと床面がフラットなためベットメイキングが楽にでき、棚にはホコリ侵入防止用のフタが付いた2口コンセントも付いています。

 

 

マットレスと布団どちらにも対応しており、付属のマットレスは理想の寝姿勢を保つポケットコイルスプリング構造なので、快適に寝れるように作られています。

 

 

フラットだからこそ隙間もなく清潔で、シーツ替えも楽ちんです。

 

Sponsored Link

 


 

同棲で購入する『収納家具』の相場

 

今はウォークインクローゼットや広めのクローゼット、和室の押し入れなど、収納スペースが確保されている物件が多いので、整理タンスなどを購入する機会は少ないかもしれません。

 

その場合は、とりあえず衣装ケースなどで衣類を収納しても十分事足りますが、節約の為に自炊を考えているのであれば、ある程度の食器棚は必要になります。

 

とは言え、始めは二人で必要最低限の食器があれば良いと思いますので、幅45cm、高さは170cm〜180cm程度のタイプで十分です。

 

相場として、レンジ台や炊飯器が置けるタイプの食器棚で、小さめのタイプなら15,000円前後で立派なものが購入できます。

 

 

同棲におすすめで安めな食器棚・『レンジ台付き キッチン収納棚』

60センチ幅の小さめでも、レンジやケトル、炊飯器が置けるスペースも付いたデザインの食器棚です。

 

 

ガラス張りではないので、中の食器が見える事無く、部屋のインテリアにもピッタリとマッチしてくれます。

 

 

キッチン家電も食器もたっぷり収まる収納力に加え、便利なコンセントが4口付いています。

 

 

用途によって組み換え可能な可動棚に、重いものもスムーズに引き出せる、スライドレールの引き出しは、毎日の料理や後片付けも快適にしてくれます。

 


 

同棲で購入する『ソファ』の相場

 

フローリングにロータイプのダイニングテーブルを置くのなら必ずしも必要になる物ではありませんが、二人の団欒スペースに、ゆったりと座ってテレビ鑑賞などをする時などに必要になる事も多くあります。

 

なるべく大きめのゆったり座れるタイプの物をと欲張ってしまうと一気にスペースが限られてしまいますので、まずは二人掛け用の最低限の物を購入するようにしましょう。

 

2人用だと、座面が120cm、アームを入れても140cm程度が標準的なサイズになりますので、相場としては10,000円程度でシンプルな物を、2wayタイプなどの物でも、15,000円位で十分なものが購入できます。

 

 

同棲におすすめで安めなソファ・『2人掛けソファ』

カラーバリエーションが豊富で、素材も2種類から選ぶ事ができる2人掛けのソファーです。

 

 

ソファーとしてはもちろん、ソファーベットとしても使え、脚を外せば座椅子としても使える3wayタイプのデザインになっています。

 

 

手で触るともっちりと跳ね返り、背もたれと座面のクッションもボリューミーなので、座り心地も寝心地も快適です。

 

 

背もたれのリクライニングも14段階で調節できるので、より快適なリラックスタイムを過ごす事ができます。

 


 

必要最低限の家具を揃えるだけでも15万~20万円、すこし良いものを選ぶと30万円近くが必要になり、これに家電や引っ越し費用、賃貸契約の諸経費や雑貨代などをプラスすると、同棲に掛かる総額費用は70~100万円近くかかってしまうことになります。

 

 

同棲の家電相場の記事も参考にしてみてください↓

 

同棲で家電を揃えるだけで予算○○万円!二人用の大きさでベストは?

 

 

楽しい同棲生活を夢見てしまいまずが、まずは現実と向き合い、しっかりと予算の計画を立て、最低限必要な物から揃えていき少しずつ他の生活用品も揃えていくようにしましょう。

 

 

以上がシェアインフォ―メーションが紹介する「同棲で家具を揃える費用だけでも○○万円!最低限必要な物の相場」でした。

 

Sponsored Link

関連記事

カワウソを飼う費用はいくら?準備する物や1ヶ月のペット代!

ひと昔前のペットと言えば、犬・猫・ハムスター・小鳥あたりが人気でしたが、最近では、水族館や動物園に行

記事を読む

よく当たる宝くじ売り場で東京の有名な場所や高額当選者のジンクスとは?

「もし宝くじが当たったら」・・・     誰でも一度は夢見たこ

記事を読む

スローロリスの値段は?ペットとして飼う最低限知っておきたい事

名前から「リス」と認識されがちですが、正式には『スロー・ロリス』で、ロリス科に属する猿(原猿)の仲間

記事を読む

ビットコインとは何ですか?簡単にわかりやすく仕組みを説明します

最近、話題となっている「仮想通貨」をみなさんはご存知ですか?    

記事を読む

住民票の取得はコンビニが便利!やり方・料金・必要な物・時間帯は?

住民票の取得方法と言うと、住んでいる市町村の役所・役場に行き、窓口にて必要な書類を記入して発行される

記事を読む

旦那の小遣いで平均はいくらぐらい?20代・30代・40代の相場

「今月ちょっと厳しくて…」「申し訳ないけどまた今度飲みに行こう」「付き合いが多くて…、少しだけ前借り

記事を読む

ゆうちょをコンビニのatmで利用する時の疑問!手数料・時間・曜日・振込は?

以前は利用する銀行や、大型のショッピングモールやスーパーに行って利用しなければならなかったATM。

記事を読む

暖房器具の電気代!1ヶ月の料金が1番安いのはどれ?

寒くなってくると手離せなくなるのが『暖房器具』。     中で

記事を読む

マイナンバーからバレる?会社に副業・借金・職歴がバレない理由

国民一人ひとりが持つ12ケタの番号「マイナンバー制度」が2015年から導入されましたね。 &n

記事を読む

同棲で家電を揃えるだけで費用はいくらかかる?予算はいくら必要?

付き合っているカップルが結婚を見据えて一緒に生活しようと同棲を考え始めるのはごく自然な流れですね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑