ひな祭りにはまぐりを食べる意味!お吸い物にして食べる理由は?

3月3日は、ひな祭り・桃の節句です。

 

 

お雛様に雛あられ、白酒(甘酒)・ちらし寿司・はまぐりのお吸い物と、ひな祭りならではのお料理も楽しみの一つですね。

 

 

ところで、なぜひな祭りにハマグリのお吸い物を食べるのか、その理由を知っていますか?

 

 

ハマグリは普段頻繁に食卓に並ぶことが少ないし、どうしてわざわざはまぐりなんだろうって思ってしまう方も多いですよね。

 

 

そこで今回は、ひな祭りにはまぐりのお吸い物を食べる由来や、はまぐりでないといけない理由などをご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 


 

【ひな祭りにはまぐりを食べる意味】

参照元URL https://www.photo-ac.com/

3月3日のひな祭りは、桃の節句とも言って、女の子が主役の五節句の一つです。

 

 

ひな人形を飾り、雛あられやちらし寿司を食べ、3日を過ぎてもひな人形を飾りっぱなしにしているとお嫁に行くのが遅くなるなんても言われますが、本来は女の子の健やかな成長を願う祝い行事です。

 

 

季節の節目や変わり目に災厄から身を守り、よりよい幕開けを願うための節句がひな祭りの始まりとも言われ、合わせて春の訪れを告げる行事として、その時期に旬の食べ物を食べるようにもなったと言われています。

 

 

はまぐりもその一つで、2~4月に旬を迎えます。

 

 

鉄分・カルシウム・タウリン・ビタミンB2、B12・亜鉛などの栄養価がとても高く、貧血や骨粗しょう症予防、血圧やコレステロール値を下げる働きなど、身体にも嬉しい効果がたくさんあるのです。

 

Sponsored Link

 


 

【はまぐりでなければいけない理由】

 

旬で栄養価が高いのは分かるけれど、何故はまぐりじゃないといけないのか?

 

 

手に入りやすいアサリなどでもいいんじゃないの?と思ってしまいますが、これにもちゃんとした理由があり、はまぐりにしかない特徴が理由になっています。

 

 

まず、はまぐりは二枚貝で貝殻が対になっているので上下にぴったりと合うのは1組だけ、同じはまぐり同士でも、貝殻が違うと噛み合わないようになっているのです。

 

 

この特徴から、夫婦和合(ふうふわごう)や女性の貞操といった意味を持つようになり、将来巡り合うパートナーと一生添い遂げる事ができ、幸せな人生をおくれますようにと、親から子供への願いが込められていると言われています。

 

 

このぴったりと合うのははまぐりでしかなしえず、アサリやシジミなどと代用が効かないのが理由の一つになっています。

 

 

他にも、二枚貝にはお姫様という意味もあり、仲の良い夫婦が一生連れ添うようにと、結婚式のお料理などにもよく使われます。

 

 

はまぐりの歴史は古く、平安時代には貴婦人たちがこの貝の特徴を使い、今でいう神経衰弱のような「貝合わせ」という遊びが流行したとも言われています。

 

 

さらに、江戸時代には、夫と末永く添い遂げられるようにと、360枚のハマグリを嫁入り道具として持たせるようになったとも言われています。

 

 

昔からハマグリは女性の縁起物として扱われていたという訳です。

 

Sponsored Link

 


 

【ひな祭りに食べるはまぐりをお吸い物にする理由は?】

 

2~4月に旬を迎え、栄養価がとても高いハマグリですが、なぜお吸い物として食べるようになったのか?

 

 

焼き・蒸し・炊き込みご飯や茶わん蒸しなど、様々な料理にも派生できるハマグリですが、お吸い物が重宝される理由の一つに「汁まで残さず完食する事ができるから」です。

 

 

お吸い物にする事によりハマグリの良質な出汁がしっかりと出て、他の食材と一緒に身からお汁まできれいに食べきる事ができるのでお吸い物でが相応しい食べ方と伝わっています。

 

Sponsored Link


 

【簡単なハマグリのお吸い物の作り方】

 

お吸い物なんて作ったことないという方のために、初心者でも簡単に作れるレシピもご紹介します。

 

 

『材料』 4人分

水・・・・・・3~4カップ

はまぐり・・・1~2パック

酒・・・・・・大さじ2

塩・・・・・・一つまみ

醤油・・・・・隠し味程度

出し昆布(あれば)

三つ葉(あれば)

花麩か手毬麩(あれば)

 

 

『作り方』

はまぐりを塩水に2~3時間漬けて塩抜きした後、流水でゴリゴリとすり合わせるようにしてしっかりと洗う

 

 

鍋に、水・はまぐりを入れる

この際、出し昆布があれば5cmぐらいにカットしたものを30分ぐらい漬けておくとより風味がアップするので試してください。

 

 

弱~中火で煮る

煮ている際に灰汁がででてきたら取り除いてください。(食べる時に雑味がでる為)

 

 

麩を水で戻し、三つ葉もサッと湯がいておく

 

 

はまぐりの口が開いたら、火を止める

 

 

調味料を入れる(酒・塩・醬油)

足りなければ味をみながら少しずつ足しましょう。

 

 

味が整ったら器に注いで麩や三つ葉を飾る。

 

 

下準備に多少時間が掛かりますが、ハマグリからしっかりとお出汁が出て上品な味に仕上がっていますので参考にしてみてください。

 

Sponsored Link

 


 

どうしてもはまぐりが手に入らない場合や、お子さんがはまぐりが苦手な場合は、無理しないでアサリなどで代用しても、それはそれで構いません。

 

 

とは言え、年に一度のお子様の節句です。

 

 

せっかくなら、しっかりと意味も把握したうえで、縁起物のお料理とお雛様でお祝いしてみてはいかがですか?

 

 

以上がシェアインフォ―メーションが紹介する「ひな祭りにはまぐりを食べる意味!お吸い物にして食べる理由は?」でした。

Sponsored Link

関連記事

大阪の夜景をドライブで!車で行けるスポットをマップで紹介

日頃のストレスや悩みを吹っ飛ばすには、夜景をボーっと見ているだけでも癒されますよね。 &nbs

記事を読む

40代男性の誕生日プレゼントで上司に贈るおすすめは?

日頃お世話になっている男性上司に、サプライズで誕生日を祝おうと計画している方も多いのではないでしょう

記事を読む

フィジーのおすすめ観光スポット!目に焼き付けるべき景色!

日本では絶対に見れない「どこまでも広がる青い空と海!海面下には綺麗なサンゴ礁!」といった美しすぎる風

記事を読む

八尾河内音頭まつり!2018年の日程は?駐車場はどこ?

大阪府八尾市にある「八尾河内音頭まつり」は、八尾市で最大級のお祭り。   八尾

記事を読む

女子会のランチに!大阪市内で「ここめっちゃいい~」ってスポットを紹介

何を食べてもはずれが無いと言いても過言ではない『食の台所』大阪。   たこ焼き

記事を読む

八重桜の名所!関西で有名なスポットは?

花弁が何重にも重なり、まるでボンボンのような愛らしい桜「八重桜」   &nbs

記事を読む

おじいちゃんに贈る帽子のブランドや形で人気は?

おじいちゃんの誕生日、敬老の日、古希祝いなど、おじいちゃんの祝い事で「帽子」のプレゼントは定番であり

記事を読む

山の日のイベント!2018年に開催されるおすすめは?

8月11日は山の日。   2016年から施行された新しい休日として認知度も上が

記事を読む

長い滑り台で遊べる関西・関東の公園!全長100m越えを体感できるスポット

「長い滑り台を滑ってみたい!」特に男なら一度は体験してみたいアトラクションの一つではないでしょうか?

記事を読む

沖縄なら冬の旅行がおすすめ!旅のメリット・観光で行くべきスポット

沖縄と言えば「夏」のイメージが強いですが、冬の沖縄も捨てたもんじゃありません!  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑