ドローンに免許・資格・規制はある?初心者ならトイドローンがおすすめ

空からの撮影などに使われるなど、今後さらなる活躍が期待されるドローン。

 

 

首相官邸やお祭り会場に落下したなんてニュースも耳に新しいですよね・・・。

 

 

実際、ドローンを操縦する際に必要な資格や免許、注意事項など詳しく知っていますか?

 

 

そこで今回は、ドローンデビューを考えている初心者さん向けに、詳しい規制内容や免許の有無、おすすめのドローンも紹介していきます。

 

 


 

【ドローンは2種類に分けられる】

一口にドローンと言っても、種類があり、大きく2つに分けられます。

 

 

一つは総重量が200g未満の『トイドローン』と呼ばれるものです。

 

 

画像のような、小さいおもちゃのラジコンをイメージしてもらえると分かりやすいかと思います。

 

 

こちらは値段も10,000円前後で購入でき、特別な規制も無く初心者の方はまず「トイドローン」から始めてみるのがおすすめです。

 

 

 

そしてもう一つは、総重量が200g以上の空撮などに使われている本物の「ドローン」になります。

 

 

トイドローンとの大きな違いは、重さだけでなく『航空法』というものが絡んでくるという事です。

 

 

[主に挙げられる『航空法』]

①日中(日出から日没まで)に飛行させること。

 

②直接肉眼で目視できる範囲内で、周囲を常によく監視して飛行させること。

 

③人・又は物件との間の距離を30m以上に保って飛行させること。

 

④イベント・お祭りなど大勢の人が集まる催しの上空で飛行させないこと。

 

⑤爆発物など危険物を輸送しない事、また、危険物に限らず、物を投下しないこと。

 

 

飛行禁止エリアもあるので、不安な時はしっかりと国土交通省などに問い合わせて、許可申請を受けて下さい。

 

 

しかし、かなり厳しい審査を通過しなければならないので、遊び半分での気持ちではなかなか狭き門のようです。

 

 

これらの「航空法」に違反してしまうと、50万円以下の罰金が科せられてしまうことがあります。

 

 

「知りませんでした」は、通用しませんので本物のドローンを飛ばすなら最低限の知識を持っておきましょう!

 

 


 

【ドローン操縦に免許や資格は必要?】

何だか難しい特殊な免許や資格が必要な気がしてしまいますが、ドローン操縦に免許は必要ありませんし、操縦するにあたっての資格取得の講習や試験も必要ありません。

 

 

ドローンを購入したその日から飛ばす事が可能なんです!

 

 

ちなみに、法的な拘束はありませんが、民間が行う「ドローン検定」というものは存在します。

 

 

これは、飛ばす為の検定ではなく、あくまでもドローンで空撮などを行う事を仕事とする人が持っていると便利で、知識レベルの向上や、飛行に関する許可認定を受ける時に有利になったりするものです。

 

 

この検定に合格すると、「無人航空機に関する飛行経歴・知識・能力を有することの証明書」が発行されます。

 

 

しかし、様々なドローンでの事例を受け、政府は「通信飛距離が5キロ以上のドローン」を扱う場合に資格取得を義務付ける法案を発表しています。

 

 

必要になる資格は、タクシー無線の管理者などが取得する「第3級陸上特殊無線技士」という国家資格が必要にらるのですが、現段階で通信距離が5キロを超えるドローンはそうそうありませんので、あまり気に掛ける必要はありません。

 

 


 

【手軽に楽しめるトイドローンのおすすめ】

 

200g未満のトイドローンであれば、初心者でも簡単に操縦・飛行する事ができるので、これからデビューを考えている人におすすめのトイドローンをご紹介します。

 

 

初心者におすすめなトイドローン・『SYMA Wifi FPV ドローン 高度維持 ヘッドレスモード マルチコプター カメラ付』

圧倒的な安定性を生み出す6軸飛行制御システムを搭載したドローンで、飛行が安定しているので、より美しい写真やビデオをとることができます。

 

 

カラフルなLEDライト付きで、綺麗で夜間の飛行も楽しめます。

 

 

高性能なコントローラーに、低電圧、過電流保護機能があり、飛行安全性の確保もばっちりです。

 

 

セット内容:ドローン・リモコン・3.7V 500mAhバッテリー・WIFIカメラ・プロペラ・USB充電ケーブル・日本語マニュアル・USB充電ケーブル・保護ガードリングなど

 

機能:3D宙返り・ヘッドレスモード・生中継・ホバリング・上昇・下降・前進・後進・左回し・右回し・撮影・・ヘッドレスモードあり

 

 


 

初心者におすすめなトイドローン・『Holy Stone RTF HS170 手のひらサイズ ミニドローン』

始めから屋外で飛ばすのはハードルが高いという方は、室内用のドローンから始めるのがおすすめです。

 

 

必要な物は全て揃っていますので、メカに弱い方にも安心です。

 

 

42gと超軽量の手のひらサイズで、50分の充電で、6~8分飛行可能です。

 

 

主にホバーリングで機体を安定させる練習に適しています!

 

 

セット内容:リモコン・HS170ドローン本体 (プロペラ装着済)・プロペラガード x4・予備用プロペラ x4・3.7V 350mAhバッテリー・USB充電ケーブル・説明書(日本語)

 

機能:ワンキーリターン・宙返りモード・ヘッドレスモード

 


 

初心者におすすめなトイドローン・『Parrot Minidrones Rolling Spider 』

見た目のインパクトから大きそうに見えますが、実は手のひらサイズで可愛らしいフォルムです。

 

 

しかも、専用アプリをダウンロードすれば、スマホやタブレット端末で操作可能で、スナップショットも簡単に撮れます。

 

 

小型サイズと侮るなかれ、多数のセンサーを搭載し、安定した飛行と自動離着陸、自動ホバリングが可能です。

 

 

軽量で丈夫な構造に、カメラも30万画素と申し分ない性能です。

 

 

セット内容:本体・ホイールセット・リチウムポリマーバッテリー・USB充電用ケーブル・カスタマイズ用ステッカー・クイックスタートガイド

 

機能:自動離着陸・自動ホバリング・30万画素カメラ・90度・180度旋回・宙返りなど

 

 


 

難しい・危険というイメージだった方も、トイドローンなら少しハードルが下がったのではないでしょうか?

 

 

とは言え、全く知識のない状態では操縦も危険ですので、あらかじめ下調べをしてからドローンデビューしてください。

 

 

以上がシェアインフォ―メーションが紹介する「ドローンに免許・資格・規制はある?初心者ならトイドローンがおすすめ」でした。

関連記事

札幌雪まつり2017!知りたい情報総まとめ!過去優勝作品もご紹介

札幌雪まつりに行ったことはありますか?   北海道のビッグイベントの一つ「札幌

記事を読む

浴衣がレンタルできる大阪のおすすめ5店!予約方法・料金はいくら?

夏に浴衣を着る予定はありますか?     花火大会やお祭りの服

記事を読む

海の見えるカフェ特集!関西でデートにも最適な隠れ家スポットは?

夏のデートの定番は海ですね!     海を眺めているだけで癒さ

記事を読む

8月の花火大会で関東のおすすめ2017!日程・開始時間も紹介

梅雨入りが発表され、明ければやってくるのが暑い夏。     楽

記事を読む

グランピングを関東で!人気スポットでグランピングを満喫!

自然を楽しむアウトドアの定番と言えば「キャンプ」が思い浮かびますが、準備や道具や後片付けが大変だった

記事を読む

GWの旅行は九州へ!鹿児島のパワースポットがおすすめ!

鹿児島は別名薩摩。古代には隼人(はやと)と呼ばれるとても精強な人々が この地に住んでいたことが

記事を読む

さくらんぼ狩りは関東のおすすめスポットへ!料金・狩れる品種を紹介

さくらんぼが市場に出回るのは5月~6月です。   それぐらいの時期にさくらんぼ

記事を読む

30代女性のカラオケソング30選!迷った時は「あの頃」の名曲で!

カラオケは好きだけど、最近の流行りの曲は知らないし…。    

記事を読む

ハンドスピナーのおすすめ!シンプルで初心者向けなのは?

欧米を中心に注目されているハンドスピナーが日本でも話題になってきています!!!  

記事を読む

岩盤浴をカップルで楽しめる大阪のおすすめスポット2017

デートで遠出するのもいいけれど、地元でまったりデートを楽しみたい!そんな時は岩盤浴をデートスポットに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑