日焼け後のヒリヒリを治す!簡単アフターケア方法!綺麗な肌を保つ為に

本格的な夏がやってきましたね!海や山などにレジャーに出掛ける季節の到来です!

 

 

しかし、この時期ににうっかりやってしまうのが日焼け・・・。

 

 

ケアをしていても油断をするとあっという間に真っ赤っか!後でヒリヒリして眠れない・・・なんて経験をした方も多いのではないでしょうか?

 

 

夏場の日焼けは避けられないことですが、アフターケアをしっかりとする事で、快適に日常をおくることが可能です。

 

 

そんな真っ赤っかのヒリヒリ日焼けをした時のアフターケアの方法や、おすすめの塗り薬を紹介しますので、徹底して対策していきましょう!

 

 


 

【ヒリヒリ日焼けのアフターケア方法】

日焼け日焼けとは言いますが…、日焼けは肌が火傷している状態です。

 

 

特に真っ赤になるヒリヒリ日焼けは、とてつもない強さで肌に炎症を起こさせる『紫外線B波サンバーン』というのが原因。

 

 

たかが日焼けと放っておくと取り返しのつかない事にもなりかねます・・・

 

 

取り返しのつかない例えは、「数年後にシミになる・生皮が剥け、肌が再生しても汚くなる」など、日焼けがひどければひどいほど、後の皮膚への影響が大きいのです。

 

 

将来、肌が汚くなると嫌でしょう?

 

そうならない為のアフターケア方法を紹介するので、日焼け後に取り入れてくださいね!

 

 

①「とにかくしっかり冷やす」

まずはしっかりと冷やす事が先決です。とは言え、急激に冷やしすぎるのはよろしくないので、冷たいシャワーを浴びたり、冷たいタオルで日焼けの箇所を冷やすのがベストです!

 

 

その後に、保冷剤や氷を使ってさらに冷やします。

直にではなく、タオルや厚手のガーゼなどで包んで冷やしてください!

 

 

この段階を踏んで冷やすのがポイントで、痛い箇所を急激に冷やすと、余計に患部が火照ったような感覚に陥ってしまいます。

 

 

焦らず順序良く冷やしましょう。(水シャワー→タオル巻き保冷剤)

 

 

また、ヒリヒリと赤くなっている箇所だけでなく、背中や腕、全体を冷やすようにするとさらに効果的です。

 

 

赤みが出ていないだけで、同じように紫外線に当たっていますから全体的に冷やすのがいいですよ。

 

 

②「保湿剤で潤い補給」

丁寧に患部を冷やしたら、次は保湿です。

 

 

日焼けした肌は、普段以上にとってもデリケートな状態です。

 

 

しっかりと保湿をして、潤いを保ってあげる事が大切になります。とは言え、何でも良いわけではなく、なるべく肌への刺激が少ない低刺激の保湿剤を使いましょう。

 

 

顔用の化粧水や美容液で済ませてしまう方もいますが、これは避けて下さい。

 

 

日焼け用の保湿剤やローションを使いましょう。

 

と言うのは、は炎症を抑え、より効果的に日焼け後の為に作られている成分が含まれているからです。

 

 

間違ったケアは、症状を悪化させてしまう恐れがありますので注意!

 

 

③「水分補給をしっかり」

肌の事にばかり意識がいってしまいがちですが、真っ赤っかになるくらい日焼けをしたという事は、それだけ体の水分が奪われている状態です。

 

 

肌への潤いと同時に、身体への水分補給もしっかりと行いましょう。

 

 

水分量が減ってしまうと、肌の蘇生能力が落ちてしまうだけではなく、のちのシミやしわの原因になる事もあります。

 

 

内からも外からも、十分な水分補給がヒリヒリから脱出するカギです。

 

 

④「落ち着くまでは刺激を与えないようにする」

冷やして水分を取ったからといって、次の日にすぐ完治する訳ではありません。

 

 

炎症や痛みが落ち着くまでは、肌への刺激は極力抑えましょう。

 

 

熱いお湯や石鹸はもちろん、日焼けしている箇所へさらに紫外線を当てないように、洋服や紫外線対策グッズなどを活用しましょう。

 

 


 

【日焼け後のヒリヒリ対策!おすすめ塗り薬紹介】

ヒリヒリ日焼けの対策として、保湿や炎症を抑える効果が期待でき、市販品で簡単に手に入る塗り薬をいくつか紹介したいと思います。

 

 

紹介していく塗り薬は、日焼けのアフターケアにとても適した物になっているので、できればこれらを塗りたくってください!

 

 

日焼け後のアフターケアに!ヒリヒリに効くおすすめ塗り薬・「メンターム サンベアーズ アローバジェル」

日焼けの炎症を抑える効果はもちろん、火傷の時の薬としてもすぐに思いつくくらいポピュラーなのがアロエ。

 

 

アロエには、アロエチンという成分が存在し、細菌の繁殖を抑制し、毒素を中和するだけでなく、患部がケロイドになるのを防ぐ効果があります。

 

 

このアローバジェルは、日焼けした後のお肌を冷やす目的で作られた保湿ローションで、ジェルタイプなので塗りやすく肌にとどまってくれるので、冷却効果も高めです。

 

 

冷蔵庫で冷やしておくのも可能で、さらに冷たく使用できるのでおすすめ!

 


 

日焼け後のアフターケアに!ヒリヒリに効くおすすめ塗り薬・「サンホワイト」

保湿クリームとしておすすめなのがワセリンです。

 

 

普段の保湿としての使用はもちろんですが、白色ワセリンは余計な物が一切入っていないので、保湿効果が非常に高いです。

 

 

唇や目の周りに塗っても安全なくらい低刺激の万能薬。

 

 

日焼け後に薄く伸ばして塗ると、過剰な水分蒸発から皮膚を保護してくれますし、塗った後にラップを巻くとさらに保湿効果が高まります。

 

 


 

日焼け後のアフターケアに!ヒリヒリに効くおすすめ塗り薬・「ソンバーユ 」

こちらの成分は、最近注目を浴びている馬油です。

 

 

その昔、大道商人が売っていた「ガマの油」が「馬油」(我馬の油)だったそうで、昔から火傷の薬として使用されており、炎症を抑える効果があるのはもちろん、美容面において幅広い用途で利用されてきました。

 

 

ソンバーユは、 顔の基礎化粧品として、そしてボディの皮膚保護用にもお使いいただける馬油100%のクリームです。

 

 

高い保湿力で潤いを与え、火照りを鎮めてくれる効果があります。

 

 

匂いもきつくないので、安心してお使いいただけます。

 


 

ヒリヒリと痛みを伴う日焼けは、放っておくと大変な事になる場合があります。

 

 

事前の日焼け対策はもちろんですが、日焼けした後のアフターケアもしっかりと行って、肌をいたわってあげましょうね。

 

 

また、長引く痛みや赤み、水膨れなどの症状が出てきた場合は自己判断せず、早めに皮膚科を受診して、医師の診察と受け、適切な処置をしてもらって下さい。

 

 

以上がシェアインフォ―メーションが紹介する「日焼け後のヒリヒリを治す!簡単アフターケア方法!綺麗な肌を保つ為に」でした。

関連記事

夏のランニングの服装ならスポーツブランドで!メンズの新作・人気を紹介

すっかり夏の陽気になり、そろそろ健康の為にも身体を動かそうかな?なんて考えている方も多いのではないで

記事を読む

節分の鬼の由来と意味とは?リアルな鬼のお面も紹介!

もうすぐ「節分」の季節がやってきますね。   「節分」といえば豆まきです!

記事を読む

ぽっちゃりで水着が苦手なら隠せばいい!体型カバー水着2017

オシャレな水着は着たいけれど、ぽっちゃり体型にコンプレックスを抱えている女性は、水着を着るのも少し迷

記事を読む

耳鳴りの原因は耳以外でどこが異常?聞こえる音による違いは?

キーン!と響く耳鳴り。     自然と収まるものとはいえ気持ち

記事を読む

おたふく風邪に大人がなったらヤバい!初期症状・合併症の怖さ

昔は冬から春にかけて流行すると言われていたおたふく風邪ですが、今は時期に関係なく感染する恐れがある病

記事を読む

母の日のプレゼントはランキングを参照!おすすめ商品を紹介!

母の日に花を贈る人もいれば、グッズをプレゼントする人もいますね!   最高の母

記事を読む

花粉症にヨーグルトが効く理由を、どこよりもわかりやすく書いてみた!

春になると暖かい日があって嬉しい人もいる一方で、「花粉症」の人にとっては憂鬱で仕方がないです・・・。

記事を読む

耳掃除を耳鼻科でする料金や施術内容!医者が行う耳垢除去動画も!

多くの人は耳かき・綿棒を使って自分でやると思いますが、自分ですると耳の中まで見る事ができないので感覚

記事を読む

冬の富士登山の心得!チャレンジする前に知っておくべき冬富士の怖さ

本格的に寒くなってきましたね・・・   今年の年越しはどのように過ごすか決めて

記事を読む

山の日の由来や2017年はいつ?ネーミングや日付の理由

日本の祝日は一年を通して計16日あるのですが、その中で2017年時点で一番新しくできた祝日をご存知で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑