液体ミルクと粉ミルクの違い(値段・栄養・利便性)

最近、よく耳にする液体ミルク。

 

聞いたことはあるけど、どんなものか知らない・見たことが無いという人も多いのではないでしょうか?

 

液体ミルクが日本で一躍有名になったのは、熊本地震での出来事です。

 

フィンランドからの支援で液体ミルクが送られてきて、乳幼児を抱えた避難者にとってそれはそれは素晴らしい救いの手となりました。

 

では何故、海外では売られている液体ミルクが日本では売られていないのでしょうか?

 

粉ミルクを作っていれば液体ミルクも作れるんじゃないかと思いますが、そもそも液体ミルクの規格基準日本には無かったのです。

 

基準がないと各企業は開発することも出来ませんでしたが、熊本地震をきっかけに液体ミルクの需要を訴えた署名活動が国を動かし、遂に日本でも販売される日が2018年中に実現しそうです。

 

 


 

液体ミルクと粉ミルクの様々な違い

参照元URL https://www.photo-ac.com/

 

規格基準ができてもすぐ販売ができないのが現実、長期間に渡る保存テストや、細菌が侵入できない衛生的な容器の開発をしなければならないので、私たちの手に国産の液体ミルクが届くにはまだ時間がかかりそうです。

 

今まで乳幼児に母乳や粉ミルクをメインとして与えてきた人にとっては「液体ミルク」という新しい食品に対して、使ってみたいけど粉ミルクとの違いは何なのか?赤ちゃんに与える物なので特に気になります。

 

液体ミルクと粉ミルクの違いについて知りたいであろう「値段・栄養・利便性」をご説明していきます。

 

現段階では輸入品の液体ミルクしか手に入らないので、そちらと比較してご紹介していきます。

 

 

Sponsored Link

 

 

液体ミルクと粉ミルクの値段の違い

 

まずは値段の違いです。一般的な粉ミルクである「明治ほほえみ 800g」と比べてみましょう。

 

粉ミルク「ほほえみ 800g」のメーカー価格では約 2600 円で販売されており、ミルクにすると約 5900ml 作ることができます。

 

輸入品の液体ミルクを5900ml分購入するとなると約20000円と8倍ほども値段に差が出てしまいます。

 

これはあくまで輸入品と比較した価格となり、2018年の夏頃から日本で解禁される国産の液体ミルク(5900ml分)となると粉ミルクの約2倍程度の価格に落ち着くと予想されます。

 

国産でも粉ミルクの2倍程度の価格になると家計に大きく響いてしまいそうですが、利便性を考えると価格に見合ったメリットがあると言えます。

 

 

 

液体ミルクと粉ミルクの栄養の違い

 

次に、成分の違いを見ると、液体ミルクも粉ミルクも赤ちゃんのために必要な栄養が豊富に含まれているのは言うまでもありません。

 

ただ、粉ミルクの場合は作る人によって濃度に差が出でしまいます。

 

たいしたことがないと思うかもしれませんが、デリケートな赤ちゃんにとっては重大なことです。

 

粉ミルクが薄いと栄養が不足して発育に支障が出たり、粉ミルクが濃すぎると心臓に負担がかかるだけでなく、脱水症状や便秘につながる場合もあります。

 

その点、液体ミルクは栄養、成長、頭脳の発育を計算したバランスで同じ濃度のミルクを与えることができます。

 

赤ちゃんの成長にバランス良く栄養をあげることができる液体ミルクは、粉ミルクに比べると優秀といえるでしょう。

 

ただ輸入品の液体ミルクの場合、日本では許可されていない成分(添加物など)が含まれている物もあります。

 

しかし、しっかりとした安全基準を守って作られているのでさほど心配する必要性もないかと思います。(調べたところ、液体ミルクによる事故や事件に繋がった事例も現段階でありません)

 

輸入品を少しでも信用できない心配な人は、安心安全の国産ブランドの液体ミルクが販売される時期まで待った方がいいでしょう。

 

 

Sponsored Link

 

 

液体ミルクと粉ミルクの利便性の違い

 

液体ミルクは育児に奮闘するお母さんの負担を大きく和らげることが期待されます。

 

粉ミルクを作る場合は、毎回哺乳瓶を消毒して作る際は清潔な手で粉を量り、お湯を沸かし、水で冷ます。と、段取りに時間がかかります。

 

それに比べ液体ミルクは、清潔な手で開封し同梱の口をつけるだけ。

 

夜中に赤ちゃんがぐずってもすぐに与えることができますし、どうしても父親や家族にまかせないといけない時、小さい子供がいてバタバタする時間帯の授乳時など、困った時の助っ人になってくれるでしょう。

 

外出時にも便利なので、ここぞという時には粉ミルクより液体ミルクのほうが役立ちます。

 

お母さんの育児の負担と心に余裕を持った生活のためにも家に常備しておくといいかもしれません。

 

 

12 か月未満の赤ちゃんにおすすめ液体ミルク・59ml×8 本

開封し、同梱の取り付け用の乳首をつけたらすぐに飲め温める必要もありません。

 

乳幼児にちょうどいい 59ml で、鉄分、DHA、ビタミン配合の栄養バランスの良い液体ミルクです。

 

飲み始めたら 1 時間以内に使用し、できなかった場合は破棄しなければなりません。

 

もちろん冷蔵庫にいれても、容器に移し替えても保存はきかないので注意が必要です。

 

Sponsored Link


 

現に、購入している人は備えとしての利用方法が多いでしょう。

 

やはり、まだ私たちには馴染みがないので、いざという時にしか使わないと言う人が多いのは仕方がないのかもしれません。

 

外国に比べまだまだ国内の認知度が低い液体ミルクですが、日本で液体ミルクの製造が実現すれば私たちの身近なものになっていくことでしょう。

 

以上がシェアインフォ―メーションが紹介する「液体ミルクと粉ミルクの違い(値段・栄養・利便性)」でした。

Sponsored Link

関連記事

蚊の対策!身体に害がなく退治できるアイテムを紹介

皆さんが夏に1番遭遇する虫って蚊ですよね?   夜中の蚊はなんであんなに耳を攻

記事を読む

二日酔いを治す飲み物!コンビニなどで即効性のあるおすすめ飲料

誰もが経験した事がある「二日酔い」     典型的な症状は「吐

記事を読む

食物アレルギーの検査の疑問まとめ!費用・検査方法・アナフィラキシーの怖さ

食物アレルギーとは、原因食物を摂取した後に生体にとって不利益な症状が起きる病気です。 &nbs

記事を読む

男性ホルモンを増やす食べ物は?テストステロンを多く含まれた食材達

男性ホルモンの作用ってご存知でしょうか?     言葉は知って

記事を読む

ボルダリング体験ができる大阪のジム7選!初回費用・利用料金も紹介

ここ数年で、爆発的に人気が高まった『ボルダリング』     男

記事を読む

犬が風邪を引いた時の見分け方!この症状があれば病院へ

愛犬が風邪をひいたり具合が悪くなった時は、飼い主が早めに気づいてあげることが大切です。 &nb

記事を読む

女性ホルモン(エストロゲン)を増やす・調整する飲み物は?

ひとたびバランスが崩れると、身体に様々な異常をもたらすのが「女性ホルモン」  

記事を読む

韓国で整形する費用はいくら?パーツ別で日本の料金と比較!

韓国といえば整形大国!女性の美への意識の高さは世界中でもトップクラスです。  

記事を読む

パニック障害で電車に乗る!もしもの時の発作対策

日本人の約100人に1人がかかるとも言われているパニック障害。    

記事を読む

笑顔の練習で簡単なトレーニング方法!実戦すれば怒り顔は自然に治る

普通にしているつもりなのに、周りからよく怒っているとか機嫌が悪いとか言われる事ってありませんか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑