浴衣と甚平どっちで行く?男性から見る女性の甚平姿はこんな見え方!

伝統的な日本の夏の装いと言えばもちろん「浴衣」ですが、もうひとつのアイテム「甚平」の存在を忘れてはいけません。

 

おしとやかさや女らしさを表すのが「浴衣」。

モダンで快活な感じを与えるのが「甚平」。

 

浴衣」と「甚平」のメリット・デメリットを比較して、女性におススメの甚平を探してみましょう。

 

 


 

「浴衣」or「甚平」、どっち派?メリット・デメリットを解説!

 

あなたは、夏の夜祭に着ていくのは「浴衣」ですか?

それとも「甚平」ですか?

 

それぞれのメリット・デメリットをあげてみて、どちらが自分に似合うのかを考えてみてください。

 

浴衣」を着る時のメリット・デメリット

浴衣」を着る時のメリットをあげてみましょう。

 

★何といっても、女らしさ全開になる。色気も感じられる。

★いつもにない雰囲気を出すことができる。

★帯の結び方や髪飾りの使い方で、同じ浴衣でも違う雰囲気を味わえる。

 

 

浴衣」のデメリットは何でしょうか?

◆着付けに時間が掛かるし、自分一人では着られないことが多い。

◆髪形にも気を使わなければならない。

◆日ごろ履きなれていない下駄で、足が痛くなる。

◆活動的な動きができない。

◆年に数回しか着ない物なのに価格が高い。

 


 

甚平」を着る時のメリット・デメリット 

 

甚平」を着る時のメリットをあげてみましょう。

★着たり脱いだりが簡単にできる。

★髪形を気にせずに着れる。

★立ったり座ったりとかの動きがスムーズにできる。

★浴衣も涼しいけれど、甚平はもっと露出があって涼しい。

★価格が浴衣に比べると断然安い。

★着崩れしにくい。

★履き物を選ばなくても良い。

★何度も着て形が崩れてきた物は、今度は部屋着として活用できる。

 

 

甚平デメリットは何でしょうか?

◆キャラクター柄などがあり、ちょっと子供っぽい雰囲気になる。

◆甚平を着ても、浴衣のようにいつもと雰囲気が変わることがない。

◆足を出しているので、ちょっと恥ずかしい。

 

上記のように、個々それぞれの特徴があります。自分好みに楽しむなら、どちらでも構いませんね

しかし、祭り・花火大会と言うビッグイベントでは、ひょんなことから出会う場所でもあるので、男性目線で見る女性の「浴衣・甚平」姿がどのように見えているか調べてみました!

 

これを踏まえた上で、夏のイベントに参戦すると素敵な男性に巡り合えるかもしれませんよ!!!

 

 

 


 

男目線で見る女性は、浴衣?甚平?

 

女性側からの言い分としては浴衣より甚平の方のメリットが多いようですが、夏祭りで気になるのは男性からの視線です。

 

今度は男性側からの浴衣と甚平に対する意見をまとめましたので参考に。

 

 

男目線での女性の「浴衣」姿の印象

・浴衣は女の子らしさが倍増するけれど、あちこち歩き回ったりする時に気を使ってしまう。

・女性の浴衣姿は大人っぽく見える。

・いつもより色気があるように見える。

・浴衣を着る髪型は、うなじが見えるからいい。

・上品・おしとやか・清潔感がある。

 

 

男目線での女性の「甚平」姿の印象

・子供っぽく見える。

・品がない、色気がない。

・寝間着?みたい。

・男が着るものなのに、ちょっとオッサンくさい・・・。

・柄とか「ヤンキー」っぽく見えるものが多い。

・中・高校生生ぐらいならいいけど、大人の女性が着ているのはちょっと・・・。

 

 

女性の甚平姿って男から見ると不評でした・・・

1番多い女性の甚平姿が嫌な理由が、子供・ヤンキーに見えるところが嫌みたいですね。

男性側からは、「浴衣」は大人の女性、「甚平」はそれ以下の女子、というイメージが強いようです。

 

そんな中、男性からも「これならいい」と評価が高くなる甚平」を紹介してみましょう。

最近のオシャレは浴衣に負けてませんよ!!!

 


 

女性のおしゃれな甚平・その1

 

デザインは「黒字に青い花と蝶」。これまでの「甚平」に対する常識を覆した製品です。

一見すると「甚平」とは思えない縫製になっています。

 

どこか落ち着いたブルーとブラックのカラーは、大人を演出!!!

トレンドカラーのブルーも取り入れているので、今年のオシャレ度はさらにUP!

足元はサンダルでもOKですが、下駄を履くとカワイサがもっとアップします。

 


 

女性のおしゃれな甚平・その2

 

色は、ブラック・ピンク・ブルーの3色で、それぞれレースをあしらった「レース」と光沢の良い「パール」があります。

サイズはMサイズからLサイズまで パッと一目見ただけで、かぐわしい女らしさがあふれるローズ柄になっています。

まるで、浴衣地を使って甚平に仕上げたような感じで、これなら「子どもっぽい」とか「パジャマみたい」という甚平に対する評価も一蹴できます。

上着とハーフパンツそれぞれにポケットが付いていて手荷物を減らすことができますし、パンツはゴムと紐でサイズ調節が可能です。

ハーフパンツの丈が膝下なのも、かえって色気を感じさせます。

 


 

女性のおしゃれな甚平・その3

 

楽天口コミが1番多い、普通の甚平と違う豊富なデザインが多数

子供っぽいデザインを一蹴!!!大人の女性でも十分に着れるオシャレな甚平の登場です。

 

そして何と上着がウエストシェイプ、さらに上着の袖口と裾が広がっていて、女の子らしさ全開のデザインになっています。

もう遠くから見ると「甚平」ではなくて、花柄のミニドレスのような雰囲気になりました。

 

浴衣の記事ですので、参考に!

<関連記事>
浴衣の帯をアレンジしていざ出陣!かわいく結ぶ人気のアレンジ方法

浴衣を着る女性に絶対におすすめ!和の浴衣セットで和風美人に!
 


 

最近の甚平のデザインは、以前の「甚平は小さい子どもやお父さんのもの」というイメージを一新するようなものが多くなってきていて、女性も気軽に着られるものになってきています

着付けも簡単ですし、今年の夏は浴衣はもちろんですが甚平にもチャレンジしてみましょう。

 

以上が私が紹介する「浴衣と甚平どっちで行くの?男性から見る女性の甚平姿の見解!」でした。

最後まで読んでくれて、ありがとねm(__)m

関連記事

フレイドヘム(切りっぱなしデニム)とは?コーデ・簡単な作り方を紹介

フレイドヘムとは、デニムの裾の部分が切りっぱなしでざくざくになった状態のデニムのことで、海外で流行し

記事を読む

ぶどう狩りは関東人気スポットで!2016ぶどう狩りスポットを紹介

夏休みの子どもたちを楽しませる場所を探すのは一苦労ですよね・・・   テーマパ

記事を読む

ミサンガの色の意味や○○運を上げる組み合わせ!切れにくい刺繍糸も紹介

今も根強い人気の『ミサンガ』。     ミサンガの火付け役は、

記事を読む

サロンデュショコラ2017!大阪で参加するなら知って得する情報

サロン?ショコラ?とリッチな響きですが・・・   「サロンデュショコラ」とはず

記事を読む

結婚式の二次会だけ参加!男女の服装・髪型は?ご祝儀は?

結婚式だけでも幸せのお裾分けを頂ける楽しい時間ですが、その後の仲間内での二次会もまたお楽しみの一つで

記事を読む

バレンタインのラッピング袋はシンプルに限る!おすすめ袋を紹介!

そろそろバレンタイン商戦が始まりますね~!!   手作りチョコレートを作って、

記事を読む

サマソニの服装!レディースの夏フェスファッション

毎年盛大に開催されている夏フェス大御所といえばSummer Sonic(サマソニ)。 &nbs

記事を読む

腕時計の傷・修理依頼はプロに!ユーザー満足度が高い業者を紹介!

痛んで少し古くなってしまった腕時計。   新品のあの頃が懐かしい、あの頃のよう

記事を読む

GWの旅行は九州へ!鹿児島のパワースポットがおすすめ!

鹿児島は別名薩摩。古代には隼人(はやと)と呼ばれるとても精強な人々が この地に住んでいたことが

記事を読む

松茸狩りを関西で体験できる人気スポット2017!

秋の味覚と言えば、栗、さつまいも、柿などを思い浮かべますが、忘れてはならないのは「松茸」! &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑