大阪万博って何?どんなイベントなの?2025年の開催日程や過去の開催概要も紹介

2025年に大阪で開催される事が決定した万博のニュースが飛び込んできましたね。

 

過去にも大阪で開催された万博、当時を知る人は懐かしく感じているのではないでしょうか?

 

しかし、過去の万博を知らない世代にとっては「万博って何?」「一体国内で開催せれるのは何がそんなにおめでたいの?」って感じですよね。

 

今回は、「万博」について詳しくご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 


 

「万博とは?」

 

正式名称は「万国博覧会」です。略して「万博」です。

 

国際規約に書いている「万博」の説明は「二以上の国が参加した、公衆の教育を主たる目的とする催しであって、文明の必要とするものに応ずるために人類が利用することのできる手段又は人類の活動の一若しくは二以上の部門において達成された進歩若しくはそれらの部門における将来の展望を示すものをいう」とありますが、これだけ読むと、何だか小難しい感じがしますよね・・・

 

分かりやすく言うと、万博とは「世界各国が開催地に集まり、自国の新たな技術や文化を発表する大規模なイベント」といったところです。

 

過去に日本で開催された万博は5回あり、1970年に大阪で開催された「日本万国博覧会」、1975年に沖縄で開催された「沖縄国際海洋博覧会」、1985年の「筑波国際科学技術博覧会」、1990年に大阪で開催された「国際花と緑の博覧会」、2005年の「愛知万博」の開催が国内最後の開催となっています。

 

2025年の万博が日本で開催することが決まり、これにより世界各国の人々が日本に注目する訳ですから、ありとあらゆる方向からビジネスチャンスが広がり、結果、日本の景気向上にも期待できます。

 

2020年に東京オリンピック、2025年の大阪万博、この2つの開催が決まった事により、日本にもたらす経済効果は大きいものになるかと予想できます。

 

Sponsored Link

 


 

「2025年の大阪万博の場所や開催日は?」

 

そんな世界的なイベント「万博」が、オリンピックと同じく世界各国との厳しいプレゼンを勝ち抜いて2025年に大阪で開催されることが決まりました。

 

大阪万博の現時点の開催概要をご紹介します。

 

 

「開催期間」:2025年5月3日(土)〜11月3日(月) 185日間

「開催場所」:大阪 夢洲(ゆめしま)

「来場者数(予想)」:約2,800万人

「経済効果(予想)」:約2兆円

「開催のメインテーマ:」いのち輝く未来社会のデザイン

「開催のサブテーマ」:多様で心身ともに健康な生き方/持続可能な社会・経済システム

 

人工知能(AI)や仮想現実(VR)などを体験できる「最先端技術の実験場」にするコンセプトを掲げ、150カ国の参加を見込んでいます。

 

今後、どんどん詳細が決まっていきますので、続報に耳を済ませておきましょう。

 

Sponsored Link

 


 

「過去に開催された大阪万博とは?」

 

最後に、大阪で開催された万博についてご紹介します。

 

「開催期間」:1970年(昭和45年)3月15日~9月13日 183日間

「来場者数」:約6420万人

「開催テーマ」:人類の進歩と調和

 

国内外合わせて116の展示館が参加、期間中の総入場者数が6,421万8,770人、1日最大入場者数がなんと83万5,832人!!!

東京ディズニーランド/シーでも年間約3000万人の来場者数に対して、万博は約6ヶ月で6420万人を集めたという事実があるので、どれだけ規模が大きいイベントなのかわかるかと思います。

 

当時、話題となった展示館はこちら↓

 

『太陽の塔』

現在も万博記念公園に保存されている太陽の塔、大阪万博のテーマ館のシンボルとして建造されました。

高さ70m、日本が世界に誇る鬼才「岡本太郎」のデザインもと建てられた建造物です。

 

『日本館』

主催国にふさわしく最大級の展示館で、 中央にある高さ80メートルの塔を中心に5つの円形建物がそれぞれ3本柱によって地上から6.5メートルほど浮かんで建っています。

「日本と日本人」とテーマとし、国民に強い自信と明るい希望を与えました。

 

『アメリカ館』

アポロ計画で持ち帰ったとされた「月の石」が展示され、この石を見るために、毎日長蛇の列が出来ていました。

また、メトロポリタン美術館が初めて海外への出展を許可した作品による「アメリカ絵画展」、釣り具、ゴルフ用品、サーフボードなどが展示されていました。

 

この他にも、ソ連館・英国館など、各国のパビリオンが立ち並び、この万博をきっかけに、テレビ電話や電気自動車、ファストフードや缶コーヒー、温水洗浄器つきの便座などが普及するきっかけになったと言われています。

 

Sponsored Link


 

1970年開催の万博でも、多くの経済効果や経済普及が見られました。

 

日本が大きく変わるキッカケとなるイベントなので、世間が騒ぐ訳です。

 

2025年の万博ではどんな展示館が登場するのか?今から楽しみですね。

 

以上がシェアインフォ―メーションが紹介する「大阪万博って何?どんなイベントなの?2025年の日程や過去の開催概要も紹介」でした。

 

Sponsored Link

関連記事

造幣局の桜の通り抜け!見所・おすすめアクセス方法も紹介!

立春も過ぎ、あたたかい春が待ち遠しいですね。   春といえば桜。そしてお花見で

記事を読む

七夕の願い事(恋愛)を叶える秘訣!成就する短冊の書き方や色

7月7日は「七夕」、1年に1度織姫と彦星が天の川のほとりで出会えるロマンチックな日。 &nbs

記事を読む

成人式でのスーツ選びのポイント!ドヤれるオシャレなスーツも紹介

新年のおおきなイベントとしては成人式がありますね!   これは誰でも一度しか経

記事を読む

40代男性の誕生日プレゼントで上司に贈るおすすめは?

日頃お世話になっている男性上司に、サプライズで誕生日を祝おうと計画している方も多いのではないでしょう

記事を読む

フライボードを関西で体験できる大阪・兵庫・和歌山の人気スポット

噴射装置を足に装着して、その噴射力で水上を飛び回ることのできる新しいマリンスポーツ「フライボード」。

記事を読む

9月に花火大会が開催される関東のおすすめスポット2017

夏は仕事が忙しくて、毎年ゆっくり花火大会を見に行けない・・・。   行こうと計

記事を読む

夏フェスなら関西へ!2018年に8月~9月開催の熱い音楽フェス

夏ならではのイベント、夏フェス・野外フェスを毎年楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?

記事を読む

造幣局桜の通り抜けのアクセス方法!電車・バス・車での行き方

大阪の桜の名所と言えば「桜の通り抜け」でお馴染みの「造幣局」が最も有名です。  

記事を読む

母の日をスルーしてしまった!何もしなかった人が今からでもできる事

5月の第2日曜日は、「母の日」です。     普段は面と向かっ

記事を読む

冬の富士山に登山をする心得!チャレンジする前に知っておくべき怖さ

アクティブな方は、初日の出を富士山頂で迎えたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか? &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑