8月の花火大会で関東のおすすめ2017!日程・開始時間も紹介

梅雨入りが発表され、明ければやってくるのが暑い夏。

 

 

楽しいイベント盛りだくさんの夏のメインディッシュと言えば、花火大会!!!

 

 

カップルや友人と、夏の思い出を作るのにピッタリなイベントですね。

 

 

2017年の花火大会の予定はお決まりですか?

 

 

今回は関東にスポットをあて、8月に開催されるとびっきりのおすすめ花火大会をいくつか紹介します。

 

 

関東近辺で見る方は是非参考にしてください!

 

 


 

2017年8月開催の関東花火大会のおすすめ・『江戸川区花火大会』

参照元URL:http://www.tokyo-date.net/

こちらの花火大会は、毎回8つのテーマで構成され、それぞれのテーマのイメージに沿ったBGMに乗せて華麗な花火を打ち上げてくれます。

 

 

「2017年の打ち上げ花火のテーマ」

①満開!江戸川大輪花!

②白銀の富士

③キラキラ☆夏色アンサンブル

④CRASH×CRASH!

⑤Let It Bee ダッシュ! ~自由気ままに駆け回れ~

⑥神秘の楽園 ~ムラサキの癒し~

⑦イエローマジック!!

⑧GOOD LUCK ~希望の虹~

 

 

どのテーマの花火も見ごたえばっちりですが、まず注目すべきは第①テーマ。

 

 

江戸川名物の5秒間1,000発打ちによるオープニング花火に度肝抜けれる事間違いなし!!!

 

 

その後も、パステルカラーの鮮やかな花火・ムラサキが咲き誇る神秘の楽園・ラストは彩りあふれる花火と金銀色のカムロシャワーなど、一瞬たりとも見逃せません。

 

 

また、遠隔操作による電気着火で打ち上げ、きめの細かい演出で見る人を飽きさせず、江戸川の夜空を美しく彩る様を、是非とも目に焼き付けに行って下さい!

 

 

開催日時

2017年8月5日(土曜日)

※悪天候の場合は8月6日に順延。6日も打上げ不可能な場合は中止

開催時間

19時15分~20時30分

開催会場

江戸川河川敷(江戸川区上篠崎1丁目25番、都立篠崎公園先)

打ち上げ数・例年の人口

約14,000発

約90万人

 

Sponsored Link

 


 

2017年8月開催の関東花火大会のおすすめ・②『神宮外苑花火大会』

参照元URL:http://digibibo.com/

東京三大花火と称される神宮外苑花火大会。

 

 

毎年12,000発の花火が打ちあがる事でも有名ですよね。

 

 

魅力は何と言っても見物環境抜群のスタジアムなどでじっくり見る事ができ、合わせてアーティストのライブも楽しめちゃうところ!!!

 

 

しかし、こちらの花火大会は、会場で見るならチケットが必要です。

 

 

見物会場は、神宮球場・秩父宮ラグビー場・軟式球場・東京体育館の4か所。

 

 

「各会場チケット料金」

 

神宮球場(開場時間:午後4:00)

ライブも花火も迫力満点のメイン会場で、花火の前には大黒摩季さんのライブも楽しめ、一番間近で見える花火は圧巻です。

 

・アリーナSS席 7,500円 ・アリーナS席  6,500円 ・アリーナA席  5,500円

・スタンドS席 6,500円 ・スタンドA席 5,500円 ・スタンドB席 4,500円

 

 

 

秩父宮ラグビー場(開場時間:午後4:00)

駅近で便利!しかも、神宮の豪華なステージをLIVE映像が見れちゃう穴場的なオススメ会場!花火はメイン会場に負けない大迫力です。

 

・スタンド席 3,000円

 

 

 

軟式球場(開場時間:午後3:00)

お祭り広場という言葉がぴったりなのがこちら。

イベント要素が最も強く、全席自由席で、岡崎体育・ゴールデンボンバーなどのライブも楽しめちゃいます。

 

・自由席 3,000円 ※当日4,000円

 

 

 

東京体育館(開場時間:午後5:00)

指定席でゆっくり花火を楽しみたいのならこちらがおすすめ。

家族でカップルで素晴らしい花火を満喫できますよ!

 

・指定席 4,500円

 

開催日時

2017年8月20日(日)

※雨天決行。荒天時は翌21日(月)に順延。

開催時間

19:30~20:30

開催会場

明治神宮外苑 東京都新宿区霞ヶ丘町1-1

打ち上げ数・例年の人口

約12,000発

32万人

 

Sponsored Link

 


 

2017年8月開催の関東花火大会のおすすめ・③『さがみ湖湖上祭花火大会』

参照元URL:http://www.sagamiko.info/

2017年で68回目を迎えるこちらの花火大会は、湖に関係して亡くなられた方々の慰霊と湖の安全を願うために始められたとても歴史ある花火大会です。

 

 

打ち上げ数は5,000発と花火大会としては小規模と思われるかもしれませんが、侮るなかれ、見どころは満載!!!

 

 

大きな見どころの一つは、名物「ナイアガラの滝」

 

 

湖上に広がる見事な光景は、一度見たら二度と忘れる事はできないほどの美しさ。

 

 

他にも夜空を豪華に彩るスターマイン、関東ではなかなかお目にかかれない大迫力の超大玉(尺五寸)など、充実したラインナップ!

 

 

そして、他と大きく違うところは、周囲が山に囲まれている為、音が身体に響き、光が湖面に映え、素晴らしい音と光の競演を堪能できるとこ!

 

 

特に初めての方は、超大玉のおなかに響く振動・大迫力に圧倒される方が多いようですよ。

 

 

また、寄付をいただいた協賛者の皆さまには協賛席もあります。(受付先着順です。お早めに)

 

・湖岸特別イス席(1名様)募集口数:700口 ※協賛席専用仮設トイレ有(一般用常設・仮設トイレは大変混雑します)1口 2,000円 ※1口につき1人招待

 

・湖岸特別シート席(4名様)募集口数:56口 1.8m×1.8m/1区画 ※協賛席専用仮設トイレ有 1口 6,000円 ※1口につき4人招待

 

・シート席 1区画(4名様)募集口数:500口 1.8m×1.8m/1区画 1口 4,000円 ※1口につき4人招待 ※「シート席」のみ、e+(イープラス)チケットでもお申し込み可能です。(先着48口限定)

 

 

開催日時

2017年8月1日(火)

※小雨決行 ※風速が秒速10m以上になった時は、中止(順延)となり、順延日(2日)が荒天により開催不可能な場合は中止

開催時間

19時30分~21時

開催会場

神奈川県立相模湖公園 神奈川県相模原市緑区与瀬317

打ち上げ数・例年の人口

約5,000発

約65,000人

 

Sponsored Link

 


 

2017年8月開催の関東花火大会のおすすめ・④『船橋港親水公園花火大会 』

 

ゆるキャラふなっしーでも有名になった船橋市で開催される「ふなばし市民まつり」のラストを飾る花火大会。

 

 

2017年は、船橋市の市制80周年を祝う特別な演出が楽しめます。

 

 

ストーリー性のある花火は例年大人気ですが、見どころは、見事なナイヤガラや音楽と花火のコラボレーション。

 

 

個性豊かな絵仕掛け花火も楽しみのひとつ。

 

 

有料観覧席も用意されていますので、80周年の特別な花火大会を心ゆくまで楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

「チケット情報」

・親水公園会場 2,500円 〈前売り券〉400席 〈当日券〉200席

 

・船橋漁港 1,500円 〈前売り券〉700席 〈当日券〉200席

 

前売り券は7月3日(月曜日)10時~販売予定です。

 

 

開催日時

2017年8月2日(水曜日)

※荒天中止の場合、翌8月3日(木曜日)に延期 8月3日(木曜日)荒天中止の場合、延期なし

開催時間

19時30分~20時30分

開催会場

打ち上げ場所 船橋漁港  

観覧会場 船橋港親水公園・船橋漁港

打ち上げ数・例年の人口

約10,000発

約83,000人

 

 


 

2017年8月開催の関東花火大会のおすすめ・⑤『 熊谷花火大会』

 

約1万発の花火が夏の夜空を彩り、関東最大級の花火大会と呼び声も高いです。

 

 

それもそのはず。会場の荒川河畔は、熊谷駅から徒歩5分とアクセス抜群なのに加え、3,200台の臨時駐車場も完備されているので、車での来場も可能なんです。

 

 

オープニングを飾るのは、誕生日や入学の祝いなどのメッセージ花火。

 

 

プロポーズなどもあり、一生の思い出づくりにぴったりですよね。

 

 

また、企業や花火業者が競い合うスターマインコンクール、最大打上号数10号玉など、絢爛豪華な花火が続々打ちあがり、花火の音と歓声で最高の盛り上がりを見せてくれます。

 

 

露店の数も約500店とこちらも充実。有料席・協賛者席ももちろんあります。

・桝席:1桝22,000円 (60席)

・テーブル席:1卓16,000円 (300卓)

・イス席:1席3,000円 (1,500席)

・ブルーシート自由席:1シート6,000円 (100シート)

有料席に関してのお問合わせ 048-523-5514 JTB法人営業熊谷支店

 

 

開催日時

2017年8月12日(土) ※雨天の場合は8/13(日)、19日(土)、20日(日)

開催時間

19時~21時

開催会場

荒川河畔(荒川大橋下流)

打ち上げ数・例年の人口

約1万発

45万人

 


 

夏の風物詩の花火大会は見に行って損はないですよね!

 

 

どうしても行けない方は、9月の関東花火大会も紹介していますので参考になさってください!

9月に花火大会が開催される関東のおすすめスポット2017
 

カップルで、家族で、友人と、おひとりでも、夏の夜空を彩る一期一会の風景を堪能し、夏の思い出を関東花火大会で作ってみてはいかがですか?

 

 

以上がシェアインフォ―メーションが紹介する「8月の花火大会で関東のおすすめ2017!日程・開始時間も紹介」でした。

Sponsored Link

関連記事

高校生のクリスマスプレゼント!彼女に贈る一万円のペアリング特集

もうすぐやってくるクリスマスで、学生カップルの彼氏・彼女へのクリスマスプレゼントはもう決まりましたか

記事を読む

彼岸花が見れる東北のおすすめスポット!

【東北地方で彼岸花が楽しめるスポット】①『最勝院(青森県)』   参照元URL h

記事を読む

街コンと婚活パーティーの違い!(目的・年齢層・参加人数・費用)

「街コン・婚活パーティー」が普及し、出会いの場も多くなりましたが、まだ参加した事がない人も多いのでは

記事を読む

ぶどう狩りを山梨で堪能!20種以上のぶどうが狩れる農園はココだ!

ぶどうの中の「ピオーネ」という品種を知っていますか?   何とこれは、ぶどう名

記事を読む

ふるさと納税の仕組みを簡単解説!!うまく活用して節税上手に!

そもそも「ふるさと納税」って何なのかきちんと知っていますか?   よく「ふるさ

記事を読む

面接に私服で行くなら、どんな服装が好印象?コーデポイントを紹介

新生活の始まる春から環境が変わって、アルバイトやパートを探す人も多いと思います。  

記事を読む

夏休みの暇つぶし!一人でもできる過ごし方プラン

待ちに待った夏休み。今年の夏も楽しく過ごしたい!   こんなことを誰しもが思い

記事を読む

ひな祭りにはまぐりを食べる意味!お吸い物にして食べる理由は?

3月3日は、ひな祭り・桃の節句です。     お雛様に雛あられ

記事を読む

束縛する彼氏・彼女の思考回路!束縛とうまく付き合う方法も紹介

皆さんは今まで『束縛』された経験はありますか?   実体験には無くとも、『束縛

記事を読む

お風呂カフェをカップルで満喫!過ごし方や魅力は?

「お風呂カフェ」とは、温泉にまったり浸かったり、飲み物やご飯、読書や昼寝などが楽しめる空間・・・そん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑