入浴剤で肩こり解消・疲労回復効果がある売れ筋10選!

毎日のデスクワークやパソコン、同じ体制での長時間労働などにより、慢性的な肩こりに悩まされている方は多いのではないでしょうか?

 

 

肩こり解消の為にまず思いつくのは、整体・マッサージ・自宅でのストレッチを思いつきますが、整体やマッサージなんて結構お金がかかるので経済的に余裕がない人には厳しい・・・

 

 

自宅のストレッチで肩こり解消は、継続する事が大切なので長続きしない意志の弱い人はすぐ断念するのであまり意味がありません。

 

 

そこで、毎日の日課に簡単・手軽に取り入れられる「肩こり・疲労回復に効果的な入浴剤」からおすすめをご紹介致します。

 

 

お風呂に入れて浸かるだけで血行促進・疲労回復・肩こり解消に効果的なので、辛い肩こりにお悩みの方は一度お試してみてはいかがでしょうか?

 

 


 

肩こり・疲労回復に人気の入浴剤・『きき湯 マグネシウム炭酸湯』

こちらのきき湯は、温泉成分と炭酸ガスが配合され、高い温浴効果が期待できます。

 

 

ただ単に温泉に入っているような感じでしょ?と思った方!そうではなく、ポイントになるのが「炭酸ガス」です。

 

 

この炭酸ガスには、皮膚から血管の筋肉へ働きかけ血管を拡げる作用があります。

 

 

血管が広がると血流が改善され、肩こりの要因の一つとされる血行不良が改善されるので、肩こり解消、他にも腰痛や疲労回復にも効果的です。

 

 


 

肩こり・疲労回復に人気の入浴剤・『花王 バブメディケイティッド』

花王のバブと言えば、湯船に入れるとシュワシュワと泡が出てくるタイプが一般的で、こちらも同じく発泡性の入浴剤なのですが、メディケイティッドはこのシュワシュワが従来の比ではありません。

 

 

通常の約10倍もの炭酸が含まれているので、より高濃度の炭酸ガスを発生させ、大量の泡と気分まで癒される森林の香り特徴になります。

 

 

この強力な炭酸ガスで血行促進はもちろん、女性に多い冷え性による肩こりの改善にも効果的。

 

 

温浴効果も高いので、お風呂上がりもしばらくポカポカした状態が続きますので、安眠効果も期待でき翌日の目覚めもスッキリします。

 


 

肩こり・疲労回復に人気の入浴剤・『薬治湯生薬風呂』

炭酸水素ナトリウム塩・中性温泉成分・硫酸ナトリウム塩が配合され、さらに生薬が多く含まれている入浴剤です。

 

 

一般的な入浴剤にも、血行促進に効果的な炭酸水素ナトリウムや硫酸ナトリウムは配合されていますが、こちらは生薬の力でより高い温浴効果と血行促進が期待できます。

 

 

また、薬用なので保温効果も高く、神経痛やかなりつらい肩こりにおすすめです。

 

 

使い方は、溜めた湯船に入れてかき混ぜるだけと簡単で、残り湯で洗濯しても問題ありませんので、主婦にも嬉しい入浴剤です。

 

 


 

肩こり・疲労回復に人気の入浴剤『バスロマン ヒノキ浴』

『レッツバスロマン!』というCMでも耳馴染みのある炭酸水素ナトリウムと硫酸ナトリウムを主成分としている入浴剤です。

 

 

ヒノキの香りが入浴タイムをよりリラックスさせ、保湿と保温効果も高い。

 

 

イオンベールが身体を包み込んでくれるので、お風呂上がりも体のポカポカが続きます。

 


 

肩こり・疲労回復に人気の入浴剤・『薬泉バスロマン にごり湯  硫酸塩一炭酸塩の湯』

より高い温浴効果を求めるのであればこちらがおすすめ。

 

 

硫酸ナトリウム・炭酸水素ナトリウムに生薬がプラスされ、身体の芯まで温めてくれます。

 

 

温泉ミネラルが溶け込んだ「にごり湯」の保温コートが湯冷めを軽減させ、皮膚表面のタンパク質ともに体全体からの熱の放熱を防いでくれます。

 

 

高い保温効果が血行をより促進させるので、肩こり解消はもちろん、疲労回復にも効果ありです。

 


 

肩こり・疲労回復に人気の入浴剤『巡り湯 肩こり・疲労回復編 ビタミンイエローの湯』

硫酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、塩化ナトリウムなどの無機塩類系の有効成分が配合された入浴剤です。

 

 

この3つの温浴成分が血行促進を促し、肩こりや疲労回復に努めてくれます。

 

 

また、タンパク質分解酵素のパパインや菖蒲、葛根や高麗人参などの自然由来成分が配合されているので、より質の高い温浴効果が期待。

 

 

肌の保湿や角質除去にも一役買ってくれるので、女性にも嬉しい入浴剤となります。

 

 


 

肩こり・疲労回復に人気の入浴剤・『ツムラのくすり湯 バスハーブ 』

トウキ・センキュウ・ハマボウフウなどの生薬を有効成分とした「くすり湯」です。

 

 

生薬エキスが温浴効果を高めて、血行をよくし、疲労回復や肩こりの痛みを和らげてくれます。

 

 

また、柑橘系の香りはリラックス効果を促し、保湿成分も配合されているので、肌をツルスベにしてくれます。

 


 

肩こり・疲労回復に人気の入浴剤・『クナイプバスソルト ワコルダー 』

2億5千万年前の古代海水を精製した岩塩と天然ハーブの精油を原料とし、120年以上前にドイツで誕生したハーバルブランドのクナイプのバスソルトです。

 

 

植物由来成分のハーブを配合したこちらのバスソルトは多くの種類がありますが、肩こりに効果的なのがこちらの「ワコルダー」です。

 

 

鎮痛効果に優れた2種類のハーブを配合し、血行促進やデトックス効果が高いのが特徴になります。

 

 

天然のミネラルを豊富に含んだ岩塩が保温作用を発揮し、ワコルダーはシップのような独特な香りがしますが、筋肉のコリをほぐすのに効果的で、ガッチガチに固まった肩こりを和らげてくれます。

 


 

肩こり・疲労回復に人気の入浴剤・『ナノH2スパ 水素入浴剤』

その名の通り、水素が発生する入浴剤です。

 

 

水素というと、お肌だけに効果的と思われがちですが、実は高い発汗作用・デトックス効果・代謝量がアップするので、それにより血流の循環も良くなり、肩こりや疲労回復に効果があると言われています。

 

 

とろとろしたお湯と細かい泡、保温効果が高いので、お肌を引き締める作用もあります。

 


 

肩こり・疲労回復に人気の入浴剤・『オリヂナル薬湯 ハッカ脳』

ハッカが配合された薬用入浴剤は、湿布を貼ったようなあのスースー感も味わえ、その爽快感は湯上り後も続きリフレッシュできます。

 

 

とは言え、もちろん温浴効果は高く筋肉の緊張を和らげてくれるので、とにかくコリをほぐしたい!!という方におすすめです。

 

 


 

【肩こり解消におすすめの入浴法】

参照元URL https://www.photo-ac.com/

ただ入浴剤を入れて湯船に浸かるだけでも良いのですが、より肩こりを解消する入浴のコツもご紹介します。

 

 

ぬるめのお湯(40~42度)にゆっくりと長めに浸かる

熱すぎるお湯は肩こりには逆効果なので、40度程度のお湯にゆっくりと長めに入りましょう。

お湯に浸かりながら肩を揉んで解してあげるとさらに効果的です。

 

 

温かいと冷たいを繰り返す

「温冷浴」というもので、ぬるめのお湯(40~42度)に10分⇒冷水(15~20度)のシャワー⇒5分ほど湯船というループを5回ほど繰り返し、最後に湯冷めしないように湯船にゆっくりと浸かり身体を温める方法が血行促進・疲労回復に効果的です。

 


 

肩こりは慢性的に悩まされ、どうせ改善されないからと諦めてしまいがちですが、普段の入浴に少しアイテムをプラスするだけで劇的に解消されることもあります。

 

 

入浴剤の効果が実感できたら、毎日5分のストレッチなどを取り入れたりして、コリに悩まされない肩作りを目指していきましょう!

 

 

以上がシェアインフォ―メーションが紹介する「入浴剤で肩こり解消・疲労回復効果がある売れ筋10選!」でした。

関連記事

家にいる蜘蛛の種類は?大きいのはアシダカグモ!小さいのは?

一体どこから入ってくるのか分からないけど、家に蜘蛛が入ってきて困るし、怖い!!!こんな体験をした方、

記事を読む

ストレスでの吐き気かも?病気の種類や診察は何科に行けばいい?

多少のストレスは生活にメリハリをもたせるので、全くないよりはストレスはあった方がよいのですが、体を壊

記事を読む

食物アレルギーの検査の疑問まとめ!費用・検査方法・アナフィラキシーの怖さ

食物アレルギーとは、原因食物を摂取した後に生体にとって不利益な症状が起きる病気です。 &nbs

記事を読む

蚊の対策!身体に害がなく退治できるアイテムを紹介

皆さんが夏に1番遭遇する虫って蚊ですよね?   夜中の蚊はなんであんなに耳を攻

記事を読む

口内炎の市販薬で即効性のあるおすすめは?口内ケア方法も紹介

多くの方が経験済みであろう「口内炎」     時間が経てば治る

記事を読む

歯磨き時の吐き気!歯ブラシを口に入れた時だけに起こる原因や改善方法

可能な限り自前の歯でおいしい物を食べていたい。   その為に欠かせないのが何と

記事を読む

花粉症にヨーグルトが効く理由を、どこよりもわかりやすく書いてみた!

春になると暖かい日があって嬉しい人もいる一方で、「花粉症」の人にとっては憂鬱で仕方がないです・・・。

記事を読む

女性ホルモン(エストロゲン)を増やす・調整する飲み物は?

ひとたびバランスが崩れると、身体に様々な異常をもたらすのが「女性ホルモン」  

記事を読む

おたふく風邪に大人がなったらヤバい!初期症状・合併症の怖さ

昔は冬から春にかけて流行すると言われていたおたふく風邪ですが、今は時期に関係なく感染する恐れがある病

記事を読む

髪のうねりが気になる!原因や対策に使えるシャンプー・整髪料は?

髪のうねりにお悩みの方はいよいよ梅雨の到来です。   雨の降る日が続くと、どー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑