ミリタリージャケットでメンズの秋・冬におすすめ2017~2018

毎年根強い人気を誇るミリタリーファッション、今年の秋・冬も変わらなく流行の兆しです。

 

 

ミリタリージャケットの着こなしが難しいと思われている人多いかと思いますが、意外とそうではありません。

 

 

そこで、着こなしのポイントを紹介しつつ、おすすめのミリタリージャケットをいくつかご紹介致します。

 

 

カジュアルでありながらヴィンテージ感もあるミリタリージャケットをうまく着こなし、秋冬コーデに取り入れてみてください。

 

Sponsored Link

 


 

【ミリタリーファッションを着こなすポイント】

 

ミリタリーファッションとは、もともとは軍隊で着る軍服を、街で着ることを意識して、軍隊テイストがにアレンジを加えたファッションです。

 

 

軍服を感じさせる様式をミリタリーテイストと言いますが、具体的には「立ち襟」・「肩章」・「カーキ色や迷彩色」・「フラップポケット」等が特徴として挙げられます。

 

 

ミリタリージャケットには、本物の軍服のようにこれらの全てのテイストが含まれる必要はなく、どれかが含まれていれば問題ありません。

 

 

【ミリタリージャケットの着こなしのポイントとは?】

 

着こなしのポイントは、ミリタリー感を重くし過ぎてはいけないということが重要です。

 

 

ミリタリージャケットを着たなら、インナーやボトムはシンプルなテイストでまとめる・流行のタイトなサイズ・肩や腰回りをジャストサイズで着こなすことです。

 

 

ジャケットもインナーもボトムもミリタリーでまとめてしまい、重めのシルエットにしてしまうと、本物の軍人のようになってしまうので注意ですねw

 

 

まずは、このポイントを基本に、自分の好みの色やデザインで選ぶと、きっとお気に入りの一着が見つかると思います。

 

 

おすすめのミリタリージャケットをいくつかご紹介しますので、参考にしてください。

 

 

 

【注目のミリタリージャケット・M‐65】

M-65は、アメリカ軍で1965年より着られているフィールドジャケットです。

 

 

ミリタリージャケットとして定番のモデルの一つです。

 

 

エリ部分に収納できるフードや肩章(エポーレット)など、本来のモデルをを忠実に再現しながらも、現代的なアレンジを加えています。

 

 

タイトなシルエットで都会的な印象を作り、合計8個のポケットは充実の機能を合わせ持っている逸品です。

 

Sponsored Link

 


 

【注目のミリタリージャケット・MA-1】

ミリタリージャケットと言えばMA-1と言われるぐらい有名なモデルです。

 

 

MA-1は、1952年よりアメリカ空軍で着られているフライトジャケットのモデルです。

 

 

デザイン・機能ともに、色あせることなく人気のアイテムとなっています。

 

 

裏地はオレンジのレスキューカラーで有名ですが、これは1960年以降に採用されたディテールとなっています。

 

 

永遠のトレンドとして、MA-1は今年も押さえるべき一着です。

 


 

【注目のミリタリージャケット・モッズコート】

モッズコートとは、1950年にアメリカ陸軍で着られたM-51パーカーの総称です。

 

 

大きな襟元が特長ですが、ボタンやポケットの配置と丈の短さはかなり現代的にアレンジされています。

 

 

冬の着こなしの幅が広がる一着として押さえておきたいモデルです。

 

Sponsored Link

 


 

【注目のミリタリージャケット 4  N-3B】

N-3Bは、極寒地用の飛行服として作られたジャケットです。

 

 

長めの丈にフードを備えて、保温性を重視した作りとなっていて真冬でも着こなせる一着に仕上がっています。

 


 

【注目のミリタリージャケット・MA-1 アルファ社】

アルファインダストリーズのMA-1です。

 

 

ミリタリージャケットの定番中の定番で、誰もが憧れる一着です。

 

 

こちらは、米軍へのフライトジャケットを供給するナンバー1メーカーとして、世界的に有名なブランドです。

 

 

中棉には機能性人口羽毛を使い、真冬の保村力を高めながら、MA-1本来のシルエットを再現した傑作です。

 

Sponsored Link

 


 

【注目のミリタリージャケット・MA-1 LHITE アルファ社】

アルファインダストリーズのMA-1LHITEです。

 

 

MA-1と何が違うかというと、中綿がないため軽くスリムになっており、シルエットはタイトで都会的。

 

 

コンパクトに畳めたりと、実用的な面も優れています。

 


 

【注目のミリタリージャケット・ソフトシェルジャケット ロスコ社】

ロスコ社のソフトシェルジャケットで、真冬でも着こなせるジャケットです。

 

 

防風・保温・透湿といった三つの機能をバランスよく備え、全天候に対応した便利なジャケットです。

 

 

カラーもミリタリー感のある5色展開と、好みによって選ぶことができます。

 


 

【注目のミリタリージャケット・B-15 ロスコ社】

ロスコ社のヴィンテージ感が色濃く出ているB-15ジャケットです。

 

 

B-15は、MA-1以前の太平洋戦争末期の頃に採用されていたジャケットです。

 

 

デザイン・シルエットも当時のままのモデルを再現しながらも、動きやすさも考慮した作りとなっています。

 

Sponsored Link

 


 

【注目のミリタリージャケット M-65 ロスコ社】

先ほど紹介したM-65ですが、こちらは本来のディテールをより忠実に再現をしています。

 

 

ヴィンテージ感を出すため、強めのウォッシュ加工を施し、シルエットもタイトには作られていません。

 

 

アメリカのミリタリーブランド「ロスコ」のジャケットは、よりミリタリー感を求める人には、おすすめの一着です。

 


 

永遠の人気を誇るミリタリージャケットは、男らしさや強さをイメージさせるアイテムです。

 

 

うまく着こなせれば、街であなたの個性を存分に発揮できるはずなので、今年の秋・冬は、ミリタリージャケットを取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

以上、シェアインフォ―メーションが紹介する「ミリタリージャケットでメンズの秋冬におすすめ2017~2018」でした。

Sponsored Link

関連記事

秋フェスの服装!レディースはハーフパンツ×タイツ×ブーツコーデが人気!

夏フェスも終わり、秋フェスが始まりましたね~!     夏フェ

記事を読む

登山のサングラスでおすすめは?オークリーやモンベルなど機能性重視で紹介

登山用のサングラスを選ぶ際、もっともこだわっておきたいスペックは「レンズ性能・フィット感」です。

記事を読む

40代男性にプレゼントするならマフラーを!シンプルでおすすめは?

40代ともなると、寒さに弱くなってきて冬場はマフラーやストールが手放せない!そんな人も多いのではない

記事を読む

浴衣に似合うポニーテール!アレンジした色々なやり方を動画で紹介

浴衣に似合う髪型で根強い人気を誇るのが「ポニーテール」です。   浴衣に合わせ

記事を読む

入社式のネクタイ選び!色・柄で避けた方が無難なのは?

入社式は社会人への第一歩、相応しい姿で臨みたいものです。    

記事を読む

フレイドヘムの作り方(デニム)!おしゃれコーデも紹介

フレイドヘムとは、デニムの裾の部分が切りっぱなしでざくざくになった状態のデニムのことで、海外で流行し

記事を読む

洗濯しても臭いが取れない汗臭さ!いい匂いにできる洗濯術や裏技

毎日しっかり洗濯しているのに、なぜか汗臭さが取れない。    

記事を読む

浴衣と甚平どっちで行く?男性から見る女性の甚平姿はこんな見え方!

伝統的な日本の夏の装いと言えばもちろん「浴衣」ですが、もうひとつのアイテム「甚平」の存在を忘れてはい

記事を読む

高校生のクリスマスプレゼントはペア○○!選び方のポイントも紹介

クリスマスまであと少し!!   今年のクリスマスプレゼントはどうしよう・・と悩

記事を読む

サマソニの服装!メンズの夏フェスファッション

毎年夏場に開催されているサマーソニックに参加した事はありますか?   &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑