妻の浮気が確定した!修復?離婚?発覚した後にする事を紹介!

最近妻の行動が何かおかしい・・

 

隠し事や携帯電話でメールをする回数が増えたり、普段よりもオシャレになっているような気が。。。

 

 

そんな妻の異変を感じたらそれは浮気かもしれません。

 

 

妻の方はばれない様に浮気をしているかもしれませんが、その痕跡は必ずどこかに残ってしまうもの。

 

 

異変を感じた夫は探偵を使って素行調査をしたり、隠れて証拠品を探そうとするでしょう。

 

 

そこで今回のテーマは

 

「妻の浮気について」

 

そんな悲しい事実を発見してしまった時、夫はどう対処したらよいのでしょうか?

 

 


 

妻が浮気?疑う前に真相を突き止めるのが先決!

参照元URL https://mamari.jp/

まず、妻の浮気に気づいた理由としては様々な理由がありますが、

 

 

急にオシャレになる。

 

 

これは女性だけに限りませんが、化粧が濃くなったり香水をつけたり、普段のメイクより気合が入りすぎている場合、それには特別な理由があるに違いありません。

 

 

ネイルやエステにお金をかけ始めたらそれも要注意!!

 

 

久しぶりの夫以外の男性に恋愛感情を抱いて本能が目覚めてしまった可能性があります・・

 

 

男の浮気は遊び女の浮気は本気、といわれることもあり、妻が浮気をしている場合、夫が浮気をしているケースに比べて厄介なことが多いのです。

 

 

急な外出や用事が増える、夫のスケジュールを細かく聞く、なども浮気の兆候です。

 

 

夫がいない時間=浮気の時間 かもしれないからです。

 

 

実際に合わなくても、ライン(携帯)や電話で夫以外の男性とコンタクトをとることも立派な浮気!

 

 

また、夫を生理的に受け付けなくなっているとしたら、その原因は浮気である可能性が高いかもしれません!

 

 

妻の浮気を疑ったら探偵社などに相談するのが確実な方法です。

 

 

探偵社は守秘義務があるため、個人情報が漏れる心配は少なく、知人に相談するより的確なアドバイスをくれるので、どうしたらよいか分からない場合は探偵などの第3者に相談してみましょう。

 

 

次に、妻の浮気が分かってしまったら、夫がまず一番に考えるべきことは「離婚するかどうか」です。

 

 

選択肢は2つしかありませんが、状況は様々なケースがあるので、決めるのは難しいかもしれません。

 

 

離婚する場合と関係を修復する場合に分けてその対処法を考えて行きましょう。

 

Sponsored Link

 


 

妻の浮気が発覚した後の対処法は?離婚する場合

参照元URL https://www.bengo4.com/

妻の浮気が分かり、どうしても妻を許せない、気持ちがおさまらない場合、仕方がないですが離婚するしかありません。

 

その場合、浮気の証拠を提示し、慰謝料を請求しましょう。

 

 

良心は捨ててください!

お金でスッキリ水に流すしかありません!

長い間、辛い思いをさせられたので容赦なくいきましょう!!!

 

 

慰謝料も妻の浮気相手の年収によっては請求できる額も違ってくるので、証拠は必ず手元に押さえておきましょう!

 

 

ただし、浮気が発覚してから3年以内でないと慰謝料を請求できませんので、法的措置をしっかり取りながら離婚協議を進めた方が良いでしょう。

 

 

浮気の証拠を押さえる時ですが、もちろん常にそばにいる夫が証拠品を収集しやすいことは確かですが、探偵などに頼むと間違いはありません。

 

 

離婚といっても子供がいたりすると、親権をどちらにするか、養育費はいくら払わなくてはいけないのか、住居はどうするか、協議しなくてはいけない事案がたくさん出てきます。

 

 

やはり、離婚は避けたいですが身の回りに離婚を経験した人がいれば相談してみるのも良いかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 


 

妻の浮気が発覚した後の対処法は?関係を修復する場合

参照元https://uwaki-pro.com/

浮気がわかり、関係を修復したい場合はまず、夫は妻と妻の浮気相手を別れさせなくてはなりません。

 

 

妻を説得して「浮気相手ともう会わないでくれ」できっぱり分かれてくれれば良いのですが、妻の本気度によっては実際に夫が浮気相手と会い、話し合って決着をつける必要があります。

 

 

また、浮気の証拠品を提示して、浮気相手から慰謝料を請求する方法もあります。

 

第三者を交えることで、浮気相手も事態を把握でき、妻との関係を早く終わらせることができるので、自分たちだけで話し合うよりは弁護士や探偵社を交えて交渉した方がうまくいきます。

 

 

また、家庭裁判所で円満調停という方法もあります。

 

円満調停とは、夫婦仲が悪くなり、当事者同士でいくら話し合っても、全く拉致が明かないとなってしまった場合、裁判所に話し合いの手助けをしてもらう手続きのことです。

 

 

こちらの調停はお互いの生活がよりよいものにするために話し合いが進みます。

 

 

調停の場も家庭裁判所というお堅い雰囲気で行われる為、当事者同士で話し合うより、はるかに冷静に話し合いができるでしょう。

 

 

しかし、これはお互いの協力があって成り立つので、相手が協力せず、調停の場に出席してくれない等になると、手続きが全く進めれなくなるといった、デメリットもあります。

 

 

また、相手側に非を感じるだけでなく、夫の方も意識改革をしていく必要があります。

 

 

浮気をした妻も悪いのですが、された夫の方にも少しは原因があるはずですよね?

 

 

もっと妻を大切にする言葉かけをする、女性として扱う、ありがとうなどの感謝の意を日々つたえるなど、すぐには行動に移すことは難しいかもしれませんが、夫も努力が必要です!!!

 

 

何より、妻との関係が大きく壊れた状態から一生をかけて関係を修復していくのですから、これから時間がかかります。

 

 

浮気を責めるばかりでは前には進めませんし、これからお互いがどうしていきたいかを話し、もう過去(浮気)のことを引きずらないことも必要です。

 

見た目も多少は大切ですよ!

 

 

夫も日ごろからおしゃれをする必要はありませんが、家にいるからとだらだらしたりせず、最低限の身だしなみを整えて清潔感を保ちましょう。

 

Sponsored Link

 


 

妻が浮気をした場合、離婚する場合と関係を修復する場合について夫がしなくてはいけないことをまとめてみました。

 

 

離婚した夫婦の子供は精神的にも不安定になり、素行不良を起こしたり、学力が伸びなかったり、離婚は夫婦だけの問題ではありません。

 

特に小さい子供は傷つきやすく、後を引きずります。

 

 

法的措置もとることになり、慰謝料を払い続けることなどを考えると、離婚は割に合わないということも言えます。

 

 

とにかく浮気が分かってしまっても、もう一度話し合って、やり直せる夫婦関係でいたいですよね!!

 

 

夫も今まで以上に奥さんを大切にし、コミュニケーションを取り合っていく必要がありそうです。

 

 

以上がシェアインフォ―メーションが紹介する「妻の浮気が確定した!修復?離婚?発覚した後にする事を紹介!」でした。

最後まで読んでくれて、ありがとねm(__)m

 

Sponsored Link

関連記事

ホワイトデーのディナー(東京)!女性がうっとりするおすすめスポット

ホワイトデーに女性が思わずうっとり喜んでしまうような、そして、二人の雰囲気をも良くしてくれるようなお

記事を読む

紅葉を温泉でまったり楽しむ関東のおすすめスポット

日頃の現実から離れてゆっくりと温泉に浸かれば、仕事や日々のストレスを忘れさせてくれますよね。

記事を読む

誕生日プレゼントは彼氏にベルトを!30代に似合うブランドは?

彼氏への誕生日プレゼントの定番といえば、財布・指輪・ネックレスなどがあげられますが、ベルトも人気があ

記事を読む

浴衣がレンタルできる大阪のおすすめ5店!予約方法・料金はいくら?

夏に浴衣を着る予定はありますか?     花火大会やお祭りの服

記事を読む

ホワイトデーのディナースポット(名古屋)!女性がうっとりするお店

バレンタインデーの男性版、意中の女性へアプローチする日として、ホワイトデーにかけている男性もいるので

記事を読む

9月に花火大会が開催される関東のおすすめスポット2017

夏は仕事が忙しくて、毎年ゆっくり花火大会を見に行けない・・・。   行こうと計

記事を読む

海の見えるカフェ特集!関西でデートにも最適な隠れ家スポットは?

夏のデートの定番は海ですね!     海を眺めているだけで癒さ

記事を読む

ホワイトデーを義理でお返し学生編!1000円程で女子が喜ぶお返し

学生であろうが社会人であろうが、バレンタインを貰ったからにはちゃんと返さないといけませんよね!

記事を読む

バレンタインディナーを東京で!夜景を見ながら食事ができる雰囲気抜群のスポット

バレンタインはカップルで家でまったり過ごす人も多いですが、外でバレンタインディナーを楽しむ方も多くい

記事を読む

結婚しない人生は大変?!生涯独身の生き方で楽しい事と辛い事

「そろそろ結婚しなくては」そんな焦りを持つ男性・女性が多いのではないでしょうか?  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑