つけまつげの基本の付け方!取れにくい「のり」の取り方

つけまつげの「のり」がきれいに取れない経験をされた方も多いのではないでしょうか?

 

 

「のり」が残っていると、目にしばらく違和感を感じてイライラして、こすりすぎて痛めてしまうこともしばしば。

 

 

取ろうと思ってもなかなか取れないつけまつげの「のり」は本当に厄介ですよね・・・

 

 

そこで、「つけまつげ基本の付け方」・「つけまのりの取り方」ご紹介していきます。

 

 


 

つけまつげを適当に付けると後で面倒!つけまつげの正しい付け方

参照元URL https://www.photo-ac.com/

 

つけまつげ」を着ける時、あまり適当に着けてしまうと、はずす際にまで取れにくくなってしまいます。

 

 

まずは「つけまつげの正しいつけ方」を簡単にご紹介していきます。

 

 

1、フィット感を作る

まず、つけまつげをやわらかくする必要があります。

 

つけまつげの両端を持ち、カーブを描くようにほぐします。

 

そうすることで目に自然とフィットするようにつけやすくなります。

 

 

 

2、カット

ポイントとしては、黒目が始まるぐらいのところにあわせてつけまつげの目頭側をあわせる事です。

 

さらにおすすめとしては、目尻から2,3ミリはみ出るようにするとかわいい印象を作ることができます。

 

 

 

3、のりの量

のり付けのポイントとして、つけまつげに均等に塗る・つけすぎないように気をつける事です。

 

つけすぎない事で、外す際に楽になります。

 

取れにくい1番の原因は、やはり「のり」の付けすぎですので、適量で塗りましょう!

 

 

 

4、装着

装着する際のポイントとしては、目の中央に軽く乗せ、目頭目尻の順に押さえていく事です。

 

ピンセットを使って、なるべく目のキワに載せることで自然な仕上がりになります。

 

 


 

取れないつけまつげの「のり」の取り方

参照元URL https://www.photo-ac.com/

 

上記が「つけまつげ」の一般的なつけ方ですが、このやり方でやってみてものりが引っ付いてとれない、なんて事も多々あると思います。

 

 

どうすれば解消されるのか?いくつか方法をご紹介していきます。

 

 

1、 順番を変える

アイメイク落とし→メイク落とし→洗顔→化粧水

 

この順番で作業すると、自然と「のり」も取れやすくなります。

 

 

 

2.綿棒にオイルを付けて

クレンジングオイルを綿棒にしみこませたものでゆっくりとなぞってみましょう。

 

もちろん肌にダメージを与えるのでそっとやってください。

 

 

 

3.クレンジングオイルを付けたコットンで拭く

クレンジングオイルをコットンにしみこませ、つけまの根元に当てます。

 

ゆっくりとまぶたに沿ってやさしくなぞってください。

 

 

 

4.アイメイクリムーバーを使う

こちらも上記と同様の方法でゆっくりとなぞるようにしていきます。

 

アイメイクリムーバーのメリットは、一緒にマスカラ等も落としてくれるのでおすすめです。

 

 

 

「のり」の性質によって粘着力は強いけれどなかなか取れない、もしくはきれいに取れるけど粘着力が物足りない等、千差万別だと思います。

 

 

「つけまつげ」の「のり」を綺麗に剥がせるようにするポイントは、のりの量・付け方も大事ですが、程よいバランスの取れた「つけまのり」を使用する事もポイントです。

 

 

そこで、剥がれにくく・剥がす時はストレスなくしっかり剥がせるおすすめの「つけまのり」をご紹介しますので参考にしてください!

 

 


 

バランスのいい「つけまのり」・アイラッシュフィクサー EX552

目立たない透明タイプで、引っ張っても取れないほど超強力なのに、医療用の接着成分を使用しているので、肌に優しく安心です。

 

 

水や汗に強いウォータープルーフ仕様で、つけまつげを一日中目元にしっかりフィットさせ、美しい状態をキープし続けます。

 

 

塗りやすい細筆タイプで携帯にも便利で、剥がす時にもスッと剥がしやすいおすすめ「のり」です。

 


 

バランスのいい「つけまのり」・スプリングハート アイラッシュフィックス

アイラッシュ専用接着剤です。

 

 

化粧品の原料で作られているので、柔軟性に優れ、肌とまつげを優しく接着します。

 

 

剥がれにくい・剥がそうと思えば綺麗取れるおすすめ「のり」です!

 


 

つけまつげ」は一度着けると手放せなくなってしまうアイテムのひとつです。

 

 

うまく管理して肌も大切にしながら、ストレスなく「つけまつげ」を使いこなしていきましょう!

 

 

以上がシェアインフォ―メーションが紹介する「つけまつげの基本の付け方!取れにくい「のり」の取り方」でした。

関連記事

ミリタリージャケットで秋・冬にレディースのおすすめ2017~2018

男性的なイメージが強いミリタリーファッションですが、今やオシャレ女子の定番コーデとなっています。

記事を読む

韓国のお土産でコスメの人気と言えば?貰って喜ぶブランドコスメ

日本からの直通便も多く、アクセスのしやすさと料金の安さなど、また日本の韓国ブームも相まって、韓国旅行

記事を読む

デブ(ぽっちゃり)しか着れない春のメンズアウターを紹介20選

ぽっちゃり男性で、「おしゃれが大好き!」という方は多いですよね。   芸能人の

記事を読む

セルフネイルの夏のデザイン!プロが教える簡単なやり方を紹介!

最近では、セルフネイルが流行ってきていますよね。   すべて100均の道具を使

記事を読む

面接に私服で行くなら、どんな服装が好印象?コーデポイントを紹介

新生活の始まる春から環境が変わって、アルバイトやパートを探す人も多いと思います。  

記事を読む

黒ビスチェの春夏コーデ2017!人気の黒ビスチェも紹介

夏のレイヤードスタイルと言えば、トップスにキャミソールをONが定番でしたが今季はビスチェが熱いんです

記事を読む

春に行く登山の服装2016!おすすめメンズパンツを紹介!

今回紹介するのは、登山でも着れるメンズパンツです。   前回メンズウェアを紹介

記事を読む

クラッチバッグのブランド!20代メンズが持つおすすめは?

街でよく男性がクラッチバッグを持っているのを見かけるようになりましたね!  

記事を読む

サマーニット帽でメンズのおすすめ・人気2017!

夏時期に街中でニット帽をかぶっている人を見かけては、この暑いのに・・・なんて思ったことはありませんか

記事を読む

夏フェス(野外フェス)に必須!雨対策にはレインポンチョを!

野外フェスで急な天候の変化を経験した事がありませんか?   さっきまで晴れてた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑