枝豆の栽培方法・育て方!必要なアイテムも紹介

みんな大好き、ビールのおつまみの定番と言えば枝豆ですね。

 

 

枝豆にはタンパク質やビタミンAが豊富に含まれ、二日酔いを軽減したり肝臓でのアルコール分解に効果的と言われています。

 

 

また初心者にも比較的簡単に、家庭菜園やプランター栽培で収穫出来るので菜園でも人気の野菜です。

 

 

今から準備すれば夏には自家栽培の枝豆を食べることが可能ですので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 


 

[枝豆の栽培方法・育て方!まずは種まきから!時期とやり方は?]

種まきの時期

枝豆の種まき時期は4月上旬から6月下旬です。

 

 

生育に最適な気温は25~28℃と高温には強いのですが、低温や霜には弱く、13℃を下回ると収穫時に実入りが悪くなるので注意が必要です。

 

 

お住まいの地域の気温や天候で種まきの時期を調整してください。

 

 

 

種まきのやり方

枝豆の種まき方法には2種類あります。

 

まず一つ目は、畑やプランターに「直まき」する方法です。

 

 

畑の場合、種まきの2週間前には土作りを済ませておきましょう。

 

 

枝豆は生育の性質上、ほかの野菜ほどに肥料を必要としません。

 

 

また、栽培中に追肥しても、茎ばかり太くなり収穫量に大差ないので追肥もなしでOK!

 

 

プランターに直まきするなら、野菜用培養土を準備します。

 

 

畑でもプランターでもまき方は同じで、20~25cm間隔に2粒ずつ、3cmほどの深さにまいてください。

 

 

まいた後は、発芽するまでたっぷりの水やりを忘れずしてください。

 

 

もう一つが「ポットまき」といって、育苗用のポリポットを使って種まきをし、育った苗を畑やプランターに植えつける方法です。

 

 

ポットまきでは9cmのポリポットと野菜用の培養土を用意しましょう。

 

 

ポリポットに培養土を入れ、3粒ほど指の第一関節まで押し込むようにすればOKです。

 

 

こちらも植えつけたあとはたっぷり水やりをしましょう!

 

 

ただ枝豆の種は非常に鳥・虫に狙われやすいため、初心者はポットにまいた種にネットをかぶせて管理するのがオススメ

 

 


 

[枝豆の栽培方法・育て方!発芽したらどうする?]

[直まき]では、乾燥させないように毎日水やりを行えば1週間前後で発芽します。

 

 

発芽後は、表面が乾いたら水をやる程度にしましょう。

 

 

水を多く与えすぎると根腐れ、発育不良の原因になります。

 

 

 

[ポットまき]では、種まきから20日ほどで苗の植え付けを行います。

 

 

本葉が1,2枚で茎が太くてしっかりしたものがよい苗です。

 

 

まずは25cm間隔で植え穴を掘り、そこにたっぷりの水を注ぎます。

 

 

注いだ水が引いたら、苗を少し根をほぐしながら植え付けてください。ここでも肥料は入れません。

 

 

双葉のあとの本葉が2枚出たころに間引きをしてください。

 

 

各点3本ずつ出ている中から弱そうな一本を間引き、2本1組で育てていきます。

 

 


 

[枝豆の栽培方法・育て方!摘心をして収穫量を増やす!]

 

植物の茎の先端につく芽を摘み取ることを「摘心」といいます。

 

 

摘心をすると植物は脇の枝を伸ばそうとするのですが、枝豆の場合、脇に伸びた枝にも花が付き結果として収穫量が増えます。

 

 

縦方向に伸びず、倒れにくくなるというメリットもありますので成長してきたら必ず行いましょう。

 

 


 

[枝豆の栽培方法・育て方!待ちに待った!収穫のタイミング]

収穫は開花後40~50日頃に行います。

 

 

実際にさやを押さえてみて、中の実が飛び出すようであれば収穫しましょう。

 

 

枝豆が美味しく食べられる期間は10日ほど短く、実が固くなる前に収穫しないと大豆になってしまうので注意が必要です。

 

 

株の中央のさやが十分に膨らんだら、株ごと抜いたり枝を切って収穫してください。

 

 


 

枝豆の栽培方法・育て方!枝豆の栽培で用意する物

枝豆の種がなかったら始まらないですよね!

 

サッポロミドリの特徴は、茎が太く作りやすい・分枝が少ない・3粒莢の割合が多いです。

 

 

保水性・通気性・排水性に優れた野菜用の粒状培養土です。

 

この培養土は、野菜を育てる条件がすべて揃っています。

 

土が乾くと土の色が灰色に変わるので、水やりをするタイミングも一目でわかります。

 

 

スノコ付きなので、通気性・排水性に優れています。

 

 

枝豆を育てるのに丁度いいサイズのポリポットです!

 


 

枝豆は丈夫で病気にも強いので、種まきから収穫まで初心者にもトライしやすい野菜です。

 

 

それでもまだ不安なら、ホームセンターで苗を購入して植え付けるという方法もあります。

 

 

種を買うよりは高いですが、一株200円前後で手に入るので、家庭で食べる程度なら十分楽しめるでしょう!!!

 

 

枝豆は、収穫した時から急速に味が落ちていくといわれていますので、とれたてを味わえる自家栽培でぜひこの夏挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

以上がシェアインフォ―メーションが紹介する「枝豆の栽培方法・育て方!必要なアイテムも紹介」でした。

関連記事

大阪で激辛なグルメを喰らう!挑戦してほしい店一覧

これからの寒い冬はやっぱり暖かいものを食べて温まりたい・・でもいいですが、とにかく激辛を食べて温まり

記事を読む

たけのこの冷凍保存!ポイントをついた簡単な保存方法を紹介

もうすぐたけのこの季節が到来しますね!   春先になるとだんだんと「たけのこ」

記事を読む

梅田で焼き鳥を喰らうならココに行くべし!絶対ウマいと言える人気店

安くて美味しいお店が軒を連ねる梅田で、帰りがけの一杯を楽しみに仕事をしている人も多いのではないでしょ

記事を読む

ケンタッキーをクリスマスに予約なしで買える?当日買える時間帯は?

クリスマスの食べ物といえばケンタッキーフライドチキンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

記事を読む

道頓堀で旨いたこ焼き!観光客が絶対に行くべき大阪の元祖たこ焼き屋

食い倒れの街、大阪。   大阪の食べ物と言えば、間違いなく「たこ焼き」ですね!

記事を読む

海の見えるカフェ特集!関西でデートにも最適な隠れ家スポットは?

夏のデートの定番は海ですね!     海を眺めているだけで癒さ

記事を読む

牡蠣の食中毒!原因や菌の種類、どんな症状?人にうつるの?

牡蠣は生でもフライにしても鍋にしても美味しく、シーズン到来をまだかまだかと楽しみにしている人も多いの

記事を読む

手ぶらでお手軽バーベキュー!関西の厳選バーベキュースポット!

もうすぐやってくる夏。   楽しいイベントいっぱいの夏!  

記事を読む

カニ食べ放題なら大阪で!安くて美味いおすすめ店は?

だんだん寒くなってきたら、いよいよカニのシーズン到来です。    

記事を読む

関東で卵かけご飯の人気店5選!常識を覆す究極のTKG

普段はあまり意識してないのに、突然、無性に卵かけご飯を食べたくなることってありませんか? &n

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑