お彼岸って毎年いつ頃?今更聞けない常識やお供え物は何?

毎年、「春分の日」や「秋分の日」前になると、ニュース番組などで「お彼岸」という言葉をよく聞くようになりますよね。

 

そもそも「お彼岸」っていつからいつまでの期間?

 

その間にお墓参りをするようだけど、それはどうしてなのでしょうか?

 

さらに、お墓参りの時に持って行くお供えは何が良いのでしょうか?

 

今更聞けないし「お彼岸」について詳しくない方に、「お彼岸」についてわかりやすく紹介してみましょう。

 

 


 

「お彼岸」にまつわるさまざまな疑問を解決!

 

お彼岸」になると家族でお墓参りに行きますが、良く考えてみるとその理由が良く分かりません。

 

その前に「お彼岸」という言葉の意味が分かりません!

 

ですよね!!!w

 

正直私も知りませんでしたから・・・w

 

昭和時代の先輩方達はご存じかも知れませんが、現代人の方は特に「お彼岸」に疎い人が多いんではないでしょうか?

 

そんな方に必見!!!

 

いろいろな「お彼岸」の疑問を探っていきましょう。

 

 

 

「お彼岸」って何?

お彼岸 いつ頃? お供え1

参照元URL http://sainanin.com/

まずは、「お彼岸」そのものを勉強していきましょう!!!

 

「彼岸」とは仏教からきた言葉で、もともとは「迷いや煩悩を超えて悟りに至って到達することができる世界」のことを意味します。

この考え方が浄土思想の「西方浄土」と結びついて、太陽が真東から出て真西に沈む「春分の日」と「秋分の日」にあの世とこの世を結ぶ道ができて「お彼岸には西方浄土(あの世)に行ってしまった祖先と出会える」という考えが生まれました!

 

それが現代のお墓参りという行事につながっているのです。

 

この考え方は仏教国の多い東南アジアなどには見られず、日本独自のものとなっています。

 

古来日本にあった「神道」の教えと大陸から入ってきた仏教が融合した結果生まれた行事と言われていて、そういう点からは「お盆」も同じ考えから発祥しています。

 

 


 

「お彼岸」の期間はいつ頃?

 

お盆って言うと、毎年8月13日から15日だとすぐに言えますが、春と秋にある「お彼岸」の期間はいつ頃?と聞かれてもすぐには答えることができません。

それには理由があります。

 

春と秋の「お彼岸」の期間は、それぞれ「春分の日」と「秋分の日」を中心に決められているからです。

つまり、毎年「春分の日」と「秋分の日」の日は前年と比べて前後にずれてしまうため、「お彼岸」の期間もそれに伴ってずれるからです。

 

月で言えば毎年「3月・9月」がお彼岸の頃合いです!!!

 

では、「春のお彼岸」「秋のお彼岸」それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

 

 

 

「春のお彼岸」は?

お彼岸 いつ頃? お供え2

参照元URL http://www.busyuuan.com/

「春のお彼岸」の期間は、「春分の日」を中心にその前の3日間、そしてその後の3日間、合計7日間になります。

2016年を例にあげてみますと、3月20日が春分の日ですので、 「3月17日 彼岸の入り 」・「3月23日 彼岸明け」 という流れになります。

 

たまたま2016年は「春分の日」が日曜日に当たりましたので、3月21日月曜日は振替休日となりました。

 

 

「秋のお彼岸」は?

お彼岸 いつ頃? お供え3

参照元URL http://www.busyuuan.com/

 

「秋のお彼岸」も、「秋分の日」を中心に、その前の3日間、そしてその後の3日間、合計7日間になります。

 

こちらも2016年を例に取ってみましょう。

「9月19日 彼岸の入り」・ 「 9月25日 彼岸明け 」2016年の場合、9月19日月曜日は「敬老の日」で祝日、2日後の22日木曜日が「秋分の日」で祝日と、飛び飛びのお休みがある週になっていて、ちょっと慌ただしい週みたいですね。

 

 

 


 

 「お彼岸」にすることは何?

お彼岸 いつ頃? お供え4

参照元URL http://fujiseki.kk-s.jp/

 

では、年に2回ある「お彼岸」には、どんなことをすれば良いのでしょうか?

 

上記でも紹介しましたように・・・

ご先祖様に感謝を込めてお墓参り!これに尽きます!!!

 

お仕事や学校との兼ね合いもあるでしょうが、なるべく家族みんなでお墓参りに行く事が基本です!

 

神様や仏様を信じるにしろ信じないにしろ、今私たちがここに存在しているのは、ご先祖様がそれぞれの時代を頑張って生き抜いてくれたおかげであることには間違いありません。

 

その墓前に手を合わせることは、とても大切な事です。

 

 

お供えに持って行くものは?

生花、お線香、故人が好きだったものなどで良いでしょう。

 

そして自宅に帰ってきた後は、「春のお彼岸」の時は「ぼたもち」、「秋のお彼岸」の時は「おはぎ」を食べる事が世間一般です。

 

この両者にどのような違いがあるかと言うと、実は同じものです。

ぼたもちは「牡丹餅」、おはぎは「お萩」と漢字で書いてみるとわかるように、同じ食べ物を食べる季節によって言い分けているだけなんですよねw

 

以前はもち米も小豆も高価な物でしたので、お彼岸に墓前へお供えしてそれを後でいただいたのでしょう。

 

その気持ちを考えながら、私たちもいただきましょう。

 


 

日本の伝統的な年中行事のひとつである「お彼岸」ですが、最近では先祖のお墓の近くに親族が住んでいないことも多くなって、なかなかお墓参りもできなくなっている人が増えているようです。

 

そのため、ここ数年誰もお参りしたような様子もない荒れ果てたお墓も見かけるようになってきています。

 

「先祖を敬う」という日本人の心の拠り所を失くしてしまわないためにも、お彼岸にはお墓参りを続けていきましょう!!!

 

以上が私が紹介する「お彼岸って毎年いつ頃?今更聞けない常識やお供え物は何?」でした。

最後まで読んでくれて、ありがとねm(__)m

関連記事

夏フェス(野外フェス)に必須!雨対策にはレインポンチョを!

野外フェスで急な天候の変化を経験した事がありませんか?   さっきまで晴れてた

記事を読む

母の日にはスイーツをギフトで!人気・おすすめは?

母の日は、いつもお世話になっているお母さんにプレゼントを上げたいですね!  

記事を読む

東京から屋久島の行き方!飛行機・車・新幹線でかかる時間や費用は?

世界遺産に登録され、縄文杉や多くのパワーズポットがある事でも人気の『屋久島』。  

記事を読む

兵庫アスレチックの施設の場所は?子供~大人でも楽しめる施設を紹介

休日を子供とお出かけする方は、 どこに行くかきまりましたか? 迷ってる方は、アスレチック

記事を読む

束縛する彼氏・彼女の思考回路!束縛とうまく付き合う方法も紹介

皆さんは今まで『束縛』された経験はありますか?   実体験には無くとも、『束縛

記事を読む

関西で春のハイキングを満喫!全然しんどくなく楽しめるスポットを紹介

山好きな人、植物や動物が好きな人、歩くのが好きな人・・カップルからアクティブシニアまで誰でも楽しめる

記事を読む

フライボード体験なら関西にいっぱいあるで!人気スポットはここやで

噴射装置を足に装着して、その噴射力で水上を飛び回ることのできる新しいマリンスポーツ「フライボード」。

記事を読む

スノーボード初心者にピッタリの板(ボード)は?選び方の基準も紹介

もうすぐスノーボードシーズン到来!   毎年レンタルボードばかりだけど「今年こ

記事を読む

夏フェスで毎年開催される関西のメジャー音楽フェスと言えば?

楽しい事が盛り沢山な夏ですが、中でも一番盛り上がるのは『夏フェス』ではないでしょうか? &nb

記事を読む

夏フェスに行こや!2017に関西で絶対行くべきフェスはここやで!

暑い夏がそこまでやってきています!     夏ならでお楽しみは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑